法事・法要について [法事・年回法要(年忌法要)のつとめ方・すすめ方]

[法事をつとめる心がまえについて]

 法事は亡き人を縁として、いま生かされている生命の尊さをかみしめつつ、故人も我も共にすくってくださる阿弥陀如来の智慧と慈悲に手を合わせ、その仏恩にご報謝のおつとめとして行います。
 私たちの生命は、突然この世に出現したものではなく、私につながるまでに気の遠くなるような生命の営みが続けられてきたことに気づきます。その中で自分がどのように生くべきかを自分自身に問い、 自己を見つめなおし、自己を取り戻す良きご縁でもあります。亡き先人たちは、阿弥陀さまにお任せするという南無阿弥陀仏の信心をいただいて、私たちをこの世に残して先に浄土へ行かれました。私たちは、 日常年をとることも忘れ、煩悩いっぱいの中であくせくと生き、自分自身が死に向かっているという現実から目をそらして生きていますが、ご法事は、あらためて現実というものに目を向けて、自分自身を取り戻す人間回復の良いご縁であります。 せめてこの日一日くらいは、自己について問い、みんなを必ず救わずにはおれないとお働きくださる阿弥陀さまのお話を心静かに聞かせていただきましょう。
 また、年回法要というのは、故人と縁につながるみんなでつとめるのが本来 のあり方ですから、記念品、会食などの主催者の出費を 考えて、なるだけ主催者側の負担が少なくてす むような心使いも大切です。


[日時の決定・お寺との打ち合わせ]

 代々お寺とのつき合いがある場合は、お寺さんも法要の日をよく知っておられて、逆に「この秋に○X回忌ですよ」と連絡があったりするので問題はありませんが、比較的付き合いが新しかったり、 お寺さんの方がついうっかりされる場合もありますから、やはり、前もって日時を打ち合わせしなければなりません。
 この場合に2、3日前に「○○日お願いします」ではなく、土日等の場合には3ヵ月前程度からで遅くとも1ヵ月前には連絡するようにし、法事の前日や当日の朝などにも確認の連絡をとりましょう。事前に打ち合わせがされていても、 住職お一人のお寺などではご葬儀が入って予定の日時を変更しなければならなくなる事も考慮なければなりません。


[会場の決定(自宅・お寺・貸し会場)]

 年回法要などをどこで勤めるかを決定します。自宅でもお寺でも貸し会場などの会館でもかまいません。なお、年回法要は関西などでは自宅で、関東それも東京などの都市部ではお寺でつとめるのが多く、おる程度習慣となっているようです。 また、最近では法事専門の会館や霊園などの法事施設、自治会館や団地の集会所などを利用する例も増えてきています。(住宅事情等によるものと思われます。) どこでつとめたとしても、その内容はかわりはありませんが、法事を行うのに相応しいそれなりの会場づくりが必要となります。

機ゼ宅の場合

供イ寺の場合
 お寺での場合には、お寺の座敷を借りてお茶を出したあと、全員が本堂へ向えば済むということになります。ただ、お寺の本堂へのお 供えや仏花については、年回法要にふさわしいものにかえることもありますので、事前にお寺さんと相談しておきます。
 施主は法事のはじまる30〜40分くらい前には到着して、参席者を迎えるような気遣いも必要です。お寺に着いたら、まず住職にあいさつし、持参し た供物、花および口ウソク代としての「御明かし料」や「お香料」を差し上げます。  また、それ以前に墓地の掃除はすませておき、墓前に供える花や線香などの用意も忘れずにしておきます。
 お斎の席の会場としてお寺の座敷を借りるときは、あらかじめお寺に人数を知らせ、料理や引出物の手配もしておきます。会場使用の謝礼は、「志」と上書きした金封で差し上げ れば良いでしょう。お斎の席を別のところで用意した場合は、念のために 電話で人数などの確認をするとともに移動のための車の手配にも気を配ります。
 なお、お寺で法事をつとめる場合でも、自宅の仏壇はきれいに掃除して、荘厳を整えることを忘れないようにしましょう。

掘ヂ澆群饐譟碧〇専用の会場)の場合
 法事専門の会館や霊園などの法事施設はそれなりの施設となっていますので、法要に用いる仏具(花瓶、香炉、ろうそく立て、キン)等はそろっています。ただし、当然の事ですが 御本尊は持参しなければなりません。自宅やお寺以外の場合には、まず御本尊をご自身で用意するのか、またはお寺さんに持参願うのかをお寺との打ち合わせ時にきちんと決めなければなりません。 そして、お花、お供物を持参【必要に応じて線香(または焼香用の香)も】します。

検ヂ澆群饐譟碧〇専用の会場以外)の場合
 住宅事情もあり、自治会館(町内会館)や団地の集会所、ホテルなど利用して法事を行う場合には、法要に用いる仏具等を含めて基本的には何も用意がありませんので、すべて自分たちで用意しなければなりません。 まず、御本尊と御本尊を安置するしかるべき場所が必要です。まず御本尊をご自身で用意するのか、またはお寺さんに持参願うのかをお寺との打ち合わせ時にきちんと決め、御本尊を安置する台(テーブルに白い布を掛けるなど)を用意し、 法要に用いる仏具(花瓶、香炉、ろうそく立て、キン)の手配も忘れてはなりません。そして、お花、お供物、線香および焼香用の香と香炉を用意します。
会場によっては香をたく事を嫌う施設もありますので、トラブルのないように打ち合わせをして、場合にとっては、香を用いずに献花を行うようにするなどの対応も必要です。

なもあみだぶつ たった一言だけど わたしの大事な宝物


[法要のすすめ方]

 下の式次第は、自宅でつとめる場合の一般例です。法事のすすめ方は、会場が自宅かお寺かでも多少異なりますし、所要時間も土地のしきたりやお寺さんによって異なることがあります。現実的には、お手次ぎのお寺さんにお聞きいただきたいのですが、 参考までに、標準的と思われる自宅での式次第記させていただきます。
下の「(5)お仏壇の準備」とはロウソクに点火し、線香を供香し、お仏飯をお供えすることです。法要で用意しておかなければならないのは、記念品、お斎(法事のあとの食事)、お布施ですが、記念品は持ち帰りに困らないものを、お斎は理想的には精進料理 ですが、今日では折詰を手配する場合や会食を略してお寺さんにお膳料をお渡しするというやり方も見受けられます。
 年回法要では、浄土に還られた「いのち」と故人の恩愛を追悼し、故人を縁として、故人も我も共にすくってくださる阿弥陀如来の智慧と慈悲に手を合わせ、その仏恩にご報謝のおつとめをします。


[法事のときの服装]

 昔は、法事のとき施主は必ず羽織・袴の正装でというしきたりがありましたが、最近では、ご葬儀のとき以外は 正式な喪服を着用される方がほとんど見られなくなりました。法事は仏法を聞く場であるので、喪服など着る必要はな いという考え方も有ります。特に近年、法事は何回忌であっても喪服を着るもの、と決めてかかっている方が多くなって きたようですが、決してそんな事はありませんので、参詣者は一周忌または三回忌ぐらいまでとするようにしたいものです。 しかしながら、法事のときの施主は、略礼服ぐらいは着用 するようにし、参詣者も地味な平服の方が望ましいと思います。女性の場合は、和服・洋服どちらでもかまいませんが、 和装のときには色無地に黒帯または黒の一つ絞の羽織、洋装のときも黒色など地味なものが望ましいものです。 なお、法事に出席するときには必ず念珠(数珠)を忘れないようにするとともに、 門徒式章をかけるようにしたいものです。
 年回法要に招かれたときに、まず、心掛けたいのは服装です。わざわざ黒の略礼服を着ていっ たら、主催者側の人たちは普通の背広姿で、かえって恥をかいてしまう結果となることもあります。 四十九日、一周忌の法要でしたら黒の略礼服で良いでしょうが、それ以外の法要のときには主催者に どんな服装にすべきかを、前もってたしかめておくことが必要でしょう。また、主催者は法事の案内時に どんな服装にすべきかを案内状に明記しておくことも必要です。


阿弥陀さまのおすくいに 休みはありません


良くある質問

1.御布施について

 よく「お布施をいくらぐらいお包みすればよいのでしょうか。あまり少ないと失礼ですので…」とか「相場はどのくらいでしょうか?」といった メールを頂戴いたします。 こういうご質問をされる方は、日常の習慣の中で、つい、御布施を一種の報酬、僧侶が読経したことに対する代価、御礼のように捉えているようです。
 本来、布施というのは、仏教の大切な行の1つで「あまねくほどこす」ということです。その布施行には、僧が法を説く「法施」という布施、お金などの財物を施す「財施」という布施、畏怖の念を抱かせない「無畏施」という布施などいろいろあります。 さらに、これらの布施行は、施す人と施される人、施し物の3つがともに清浄でなければならないとされています。つまり、見返りを期待したり、何か魂胆があったりすれば、布施にはならないのです。 ただ、浄土真宗では、こうした布施を自己の善根功徳とはせず、ただ阿弥陀如来のお救いを慶び感謝する報謝行と捉えます。したがって、仏法を慶ぶ気持ちから如来さまへ自ら進んで捧げる性質のものですから、よろこんで精いっぱいの気持ちが大切です。 (御布施は僧侶への「報酬」ではありません。) 通常の仏事においては、僧侶の法施と皆さんの財施という布施の交換が行われます。
 御布施は、僧侶への報酬ではありませんから金額は決まっていません。それぞれの方のその時の 経済状態における最大限のお気持ちです。たとえば、お仏壇の入仏法要でも、年金生活の方が毎月2千円、3千円とコツコツ貯めて やっと購入した3万円の仏壇の入仏法要に3万円の御布施はいただけませんでしょうし、100万円の予算の方が70万円で購入した仏壇の入仏法要で10万円のお布施をいただ いてもおかしくはありません。要するにその時の精一杯を喜捨する心が御布施の意味合いなのです。
 金封の表書きには「御布施」と書きます。僧侶への報酬ではありませんので「御経料」とか「回向料」とか「御礼」とは記しません。 「御布施」は僧侶に差し上げるためのものではなく、お寺のご本尊・阿弥陀如来にお供えするものですから、差し出すときには、お盆にのせ「おことづけして失礼ですが…」とか「お使いだてして申し訳ありませんが」の言葉を添えるのがよいでしょう。ていねいな所では、前もってお寺に直接持参されます。
 なお、水引の色は、葬儀、中陰など悲しみのときは黒・白または黄・白、入仏法要や報恩講など慶びの法要は赤・白、その他のときは無地の水引無しか黄・白が一般的です。


2.友引に法事をしてもよいのか

 友引、大安、仏滅などの中国の六曜は仏法とは一切関係がありません。「友引」は六曜の一つで、元は「共引(引き分けの意)」と書いたそうです。 これが「友引=友を引く」などと子供でも笑いそうな幼稚な語呂合わせに大の大人が左右されるのはまったく困ったものです。ましてやご法事やお葬式に何の関係があるでしょうか。「大安」についても同様です。「大安」の日に飛行機が墜落し多くの新婚カップルがお亡くなりになっているではありませんか。浄土真宗の先人・先祖たちは友引に法事も葬儀もやり、仏滅に結婚式をしてきたのです。もちろん、そんなことはまったく気にせずにです。 その先人たちより命を受け継いだ私たちなのですから、そのご法義もしっかり受け継ぎたいものです。
 浄土真宗では日の吉凶を気にしたりという、自分の行動をくだらない迷信で制限するような生き方はいたしません。 法事という浄土真宗のご法義を聞くご縁を持とうとする方が、浄土真宗のご法義に反するような事をしてはいけません。 友を引かれると困るので、法事の日を変えるなどということは、故人に対して失礼な ことです。まるで、尊い先祖が友を悪霊世界に引き込む魑魅魍魎の類であるがのごとく思っている事と同じことになってしまうということを良くお考えいただきたいと思います。 ずるずると仏教とは関係のない俗信の世界に引きずりこまれてしまうことは避けたいものです。


3.他宗派の法事に出席する時は?

 他宗派の法事に出席する時はどう振る舞えばいいのでしょう。という質問を時々受けます。相手を尊重することを基本に考えることは当然です。 各宗派にはそれぞれの作法やしきたりがあります。教義と伝統にのっとったこれらの作法やしきたりは、出来るかぎり尊重しなければ ならないと思います。ここで注意したいことは、”尊重する”ということと、”ただその宗派の形にこちらが合わせる”ということ とは異なるということです。ただ形だけを合わせて回りの人の真似をしていては、かえってその儀式に失礼であることを考えてください。 宗教儀式に礼を示すということは、儀式の妨げにならないように気を配りながら 自分は自分の宗教作法をもって参列させていただくこと であろうと思います。焼香などの作法は浄土真宗の作法にのっとって行っても失礼にはなりません。 キリスト教や神道の儀式に参列した時でも、合掌して小さくお念仏させて(大声で念仏を称えることはさける)いただいても失礼にはなりません。 その意味で、他宗派の方が真宗の法要に参列していることも想定しておく必要があります。その場合もこちらの作法を強要するので はなく、協方を求める姿勢でのぞんでいただきたいと思います。


4.法事の案内状の書き方について

ときどき質問を受けますので私なりの例を記しますので参考にしてください。
(お父様の七回忌の文例です)

謹啓 秋晴の候(当然、季節によって異なる時候の挨拶) ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、早いもので亡父の7回忌を迎えることになりました。
 つきましては、○月○日(○曜日)午前○時、○○寺さまにおきまして(自宅の場合には自宅においてとする) 心ばかりの法要を営みたいと計画しております。
ご多忙中のこととは存じますが、万障お繰りあわせのうえ、ご参席、ご焼香 くださいますようお願い申し上げます。
 法要後は先年のご恩を思いつつお寺で(自宅で)近況を報告しあい、年回法要を機縁に 顔を合わせ、ともに会食をさせていただこうと予定しています。
なお、服装は略式(または平服)にてご出席ください。
 皆様によろしくご風声くださいませ。
                                 合掌
           記
場所  ○○寺(自宅の場合には自宅) (○○市○○町○○番地)
日時  平成○○年○月○○日 ○○時より
                                施主  ○○○○
○○○○様
追伸、会食準備の都合上、出席人数を(○月○日までに同封の返信用葉書にてお知ら せくださいませ。)(○月○日までにお電話にて当方にお知らせくださいませ。)



ホームトップへ戻る