浄土真宗のお墓について



お墓というものは、ご本尊・阿弥陀如来のおはたらきによって、お念仏をいただかれて お浄土へ参られたご先祖のお徳をしのぶために建立されるものです。ですから、これから新しくお墓を建てられる方は、お墓の正面には家名などは避けていただき、「南無阿弥陀仏」(南無阿彌陀佛)の六字の名号か 「倶会一処」と刻むのがよいでしょう(家名は台座に刻めば良い)。なぜなら、浄土真宗のお墓は亡き人を祀るという意味でのお墓ではなく、あくまで阿弥陀さまを奉献した仏塔、亡き方が往生された仏国土(お浄土) の延長上の世界という意味合いを持っているからです。ですから、○○家の墓ではないのであります。それが浄土真宗のお墓のあり方なのです。なお、浄土真宗では卒塔婆は用いませんので塔婆立ては不要です。
 また、お墓に墓相などというものはありません。墓相や方角といった類は一切気にする必要はありません。このような迷信を信じる人のことをお釈迦様は仏教徒ではない人という意味で「外道(げどう)」と呼んでいます。仏教徒としての「内道=仏道」を歩みましょう。
 お墓を建てたときには、「建碑法要」(建碑慶讃法要)を行います。他宗で用いる「魂入れ」などという言葉は、浄土真宗では用いません。なお、建碑法要に限らず墓前のおつとめをお寺さんにお願いするときは、お墓の正面に刻まれた文字が「南無阿弥陀仏」となっているか否かを申し添えます。なっていないときには、ご本尊を用意されることがあるからです。ご自身がお墓参りのときも携帯用のご本尊を持参するのが原則です。
なぜなら、浄土真宗でのお墓は、故人のお墓を縁として尊い仏法に出会わせていただく、また、仏法を聞かせてい ただくという意味において、大切なご縁となるものでありますが、石そのものを拝んだり、遺骨を拝んだりということはないからです。 お墓の刻み方見本はここをクリックしてね


[お墓についての留意事項]
浄土真宗のお墓として留意すべき事は次のとおりです。
     
  1. 観音像、地蔵像、宝塔、五輪塔などを建ててはなりません。  
  2. 法名を記す石板を「霊標」としてはなりません(「法名碑」とします)。  
  3. 梵字、仏種子を刻んではなりません。  
  4. 位牌墓は建ててはなりません。  
  5. 供養、菩提、吉日、吉祥日という文字は刻みません。  
  6. 霊位、各霊、諸霊、霊標の言葉を使用してはなりません。  
  7. 塔婆立、卒塔婆は使用してはなりません。  
  8. 般若心経、法華経など他宗のお経は唱えてはなりません。  
  9. 墓相、吉凶、占い、方位などの迷信を気にしてはなりません。  
  10. 遺骨に執着し、お墓参りが第一と考えてはなりません。  
  11. お墓があっても、仏法に出会い聞くためのご縁にならねば何にもなりません。


[お墓購入時の注意事項]

 都会で新規に墓地を求めるということは、なかなか大変なことです。あせらず前向きにさがすことが大切です。広告ちらしに、宗派を問わず・・・というのを見かけますが、霊園形式ですと何宗の方でも求められますが、まれに今までの宗派は問わないけれど、これからは、〇〇宗になっていただきますという寺院墓地のことがあります。その場合には、法名も新たに付け替え、先祖代々受け継がれてきたお念仏の教えもある日突然変わり、先にお浄土に還られた亡き人と出会う世界も失われる事になります。信仰の自由とはいえ、墓地のために宗派を変えるというのは安易過ぎるような気がします。

※「お布施」はお経料ではありません。仏法を説く法施に対しての財施のことです。
したがって、表書きは「お布施」と書き、お経料、志などと書くのは間違いです。


[その他、気をつけたいこと]


なもあみだぶつ たった一言だけど わたしの大事な宝物


良くある質問

   
1.お墓の移転(改葬)について
   2.宗派の異なるお墓を1ヶ所にまとめたい
   3.俗名のまま葬儀をしました。納骨前に法名は?
   4.お彼岸とかお盆は、やはりお墓参りですか?
   5.お墓は絶対に必要でしょうか?
   6.自宅の仏壇にお骨を置いたままではだめでしょうか?
   7.別の宗派に改宗した場合いままでの墓地を使うことはできるでしょうか?
   8.後継ぎがいません。今あるお墓はどうしたらよいですか?
   9.お墓に彫る漢字の新旧や字体は決まりがありますか

念仏の声を 世界に 子や孫に



1.お墓の移転(改葬)について

 現在あるお墓を別の場所に移すために必要な法律(墓地、埋葬等に関する法律)上の手続きについて先にご説明いたします。
仝什澆諒菽牢浜者(お寺なら住職)の承諾を得て「埋葬(埋蔵)証明書」を交付していただくとともに、 移転先の墓地管理者から「受け入れ証明書」を発行してもらいます。
現在のお墓のある自治体(市町村)へ行き、役所の窓口(市民課、戸籍課など)にある「改葬許可申請書」に記入して、 ,納萋世靴拭嵋篩鮠斂製顱廚函崋け入れ証明書」とともに窓口に申請し、「改葬許可証」を取得します。
L鮟蠅らの「改葬許可証」を現在の墓地管理者に提示し、遺骨を引き取ります。(現在の墓地管理者と日時の打ち合わせを行い、 お墓を開ける為に石材店等の手配が必要なこともあります。法要も行った方が良いでしょう。)
ぐ榲樟茲諒菽牢浜者に役所からの「改葬許可証」を提出し、新しいお墓に遺骨を納骨します。(このときも石材店等の手配と法要の手配を要します。)

事務手続き的には以上ですが、

お墓が遠いからという理由で、改葬をお考えの方に一言申し上げます。
もちろん人それぞれのいろいろな考え方があり、どれが正しいというものではないでしょう。ただ、今、自分が自分の都合だけでお墓を移転するということは、 同じに自分の子孫が同様に転地の度にお墓を移転し、未知な土地につれて行かれることも肯定しておいてください。
仏教に限らずお墓は、その字の意味(下に「土」とあるように)、本来は土に戻るための宗教上の施設です。そして、どこに造るかは、代々一族が暮らしてきた土地の 土に戻らさせていただくという意味で、当然にその土地にお墓を造るという方もあり(現代は人の移動がありますが、昔は生まれた土地で生涯を過ごしましたので)、また、生きる支えとなったみ教えの拠点である寺院内に子孫も 同じようにこのお寺に詣でて仏法を聞けよという思いから寺院内にお墓を造る方もいらっしゃいます。どちらかというと、子孫に自分の墓を縁として足を運んでもらいたい場所に造ったといえると思います。
したがって、お墓が遠い近いという問題は、先立たれた亡き人の思いとは異なる私の勝手な思いとも言えましょう。先だった方の思いを大切にされるか自分の都合を大切にされるかは、人それぞれです。(もっとも、そこまで考えていない場 合が多いかもしれませんが…)
[戻る]


2.宗派の異なるお墓を1ヶ所にまとめたい

 核家族、そして少子化といわれる現代における切実な問題です。お墓をまとめるという改葬手続きについては、前記の「1.お墓の移転(改葬)について」のとおりですが、ご夫婦それぞれの親のお墓をどちらかにまとめるときなどで、 それぞれの宗旨・宗派が異なるときには、問題が生じる場合もあります。
 まず、まとめる先が寺院墓地でなく、公営墓地や霊園形式の何宗でも可というところでしたら問題は生じないと思われます。 (新たに求める場合も同様。ただし、よく広告などで「何宗の方でも可」となっているが、購入時の話であって購入後は改宗していただく前提のものは改宗の問題が生じます。)
 一般に寺院墓地はその宗派の宗教上の施設であって、同一同信一味の先立たれた方の墓地です。したがって、一般的に、他宗派の儀式を行うことは出来ません(寺院規則、墓地管理規定によります)し、他宗の戒名が付いた方(他宗の方)を 納骨させるわけにもいきません。したがって、納骨前に改宗し、戒名・法名・法号等を付けなおしてから納骨しなければならないことが予想されますので、よくよく考え調査のうえお決めいただいた方がよろしいと思います。
[戻る]


3.俗名のまま葬儀をしました。納骨前に法名は?

 生前にご本山で帰敬式(おかみそり)を受式し「法名」を授かっていなかった故人には、通常、臨終後に僧侶によって帰敬式が行われ、阿弥陀如来への帰依が表明され、仏弟子としての二字の「法名」(釋○○で三文字、女性には尼の字を加え四文字とすることもある)が授けられます(浄土真宗では戒律がありませんので戒名とはいいません。)が、何らかの事情により俗名のままご葬儀を済まされ、いつしかそのままになさってしまったということもあるようです。
 浄土真宗の法名、釋○○の名乗りは浄土真宗のみ教えの流れをくむ者として当然の名乗りでありますので、故人の記録として墓碑に彫刻する前に、ぜひ法名を授かりたいものであります。まれに、法名を授かるのに多額の金員を要すると誤解なさっている方がいらっしゃいますが、通常そんなことはありませんので、所属の寺院等にご相談ください。また、所属の寺院のない方でお困りの方は遠慮なくTOPページからメールにてご相談ください。
[戻る]


4.お彼岸とかお盆は、やはりお墓参りですか?


 現在の日本では、テレビ報道などの目からの情報の影響で、お彼岸とかお盆が、本来の意味から逸脱し、さもお墓参りの習慣があるがごと く映し出されているために、多数の方がそう思いこんでいる現状がございます。
 ここでは、お彼岸とかお盆の本来の意味合いについて詳しくは記せませんが、お彼岸とかお盆は、日常煩悩のままに生きている私が仏法 に出会わせていただく仏教週間ともいえるものであります。そのご縁の一つがお墓であります。テレ ビのない時代ですと、お寺に詣でて、法会(彼岸会や盂蘭盆会)に参加し、法話を聞き、そしてついでに寺 院内の墓地の掃除に行ったものです。ですから、お墓参り(掃除)は、本来ついでの 行為であって、お墓参りが目的の行為ではありません。お墓参りが仏法を聞くために出向く 縁とはなりますが、目的ではありません。
 近年のように、公園墓地や霊園というように墓地の形態も変化している現状から、 やむをえない一面もありますが、本来の目的を見失った現状は、毎年その時期のテレビ報道を見 るに付け悲しく思っています。
[戻る]


5.お墓は絶対に必要でしょうか?


 浄土真宗的に極論を申せば、お墓はまったく不要です。その意味ではお寺も不要であり、「墓」という言葉もないといっても過言ではありません (この場合、先祖を祀るという狭義の意味の「墓」ですが)。真宗寺院の中には墓地を持たないという原則論を大事にしているところもあります。
しかし、現実の問題として死後に遺骸が残り、火葬後も遺骨が残ります。最近、お墓不要論なる独自のお考えの方やお墓に納骨せずに山や海への自然葬ということが行われつつありますが、 自然葬については親鸞聖人が自身について「閉眼せば鴨川の魚に与えよ」といわれたことからしますと 浄土真宗的には問題は生じません。(ご親族のご理解がないためにトラブルが生じることがありますので、よくよく話し合って決めてください。なお、自然葬も法律上の制限がありますので勝手に行うことは出来ません。念のため。)
 自然葬とまではいかなくても、個々人のお墓が不要であるというお考えの方もいらっしゃると思います。浄土真宗では、今日のような合祀墓やお墓不要論が世間で言われるようになる前から、ご遺骨をご本山の大谷本廟にもっていき、同じ阿弥陀仏の浄土に往生されたなかまを まとめて宗祖親鸞聖人のそば近くに納骨するという「祖壇納骨」ということが行われています。ですから、代々、一族または個人のお墓を造らないということが慣習化されている浄土真宗の盛んな地方もございます。
[戻る]


6.自宅の仏壇にお骨を置いたままではだめでしょうか?

 法律上は、火葬後の遺骨を自宅に置いてはいけないという規定はありませんので、 遺骨を仏壇などに安置したままにしておくことは特に問題はありません。
 また、浄土真宗では「いつまでに納骨しなければいけない」といった決まりは特にありませんが、 やはり気持ちの上からも一定の区切りというものが必要ですから、いつまでもという訳にはいかないでしょう。 ただし、お墓の購入はあせってはいけません。
 また、自宅に置くお骨はあくまでご自身の家族のものに限られます。他人の遺骨を 預かって自宅に置くことはできません(「納骨堂」としての許可が必要です。)し、 また、家族の遺骨であっても、 既にお墓に納められているものを自宅に持って帰るということはできません (改葬の許可が必要です。しかし、個人の自宅への許可はでないでしょう)。
[戻る]


7.別の宗派に改宗した場合いままでの墓地を使うことはできるでしょうか?

 ―応、使用することは可能です。そのお墓が何宗でも良いという霊園や公営墓地でしたら問題はありません。 しかし、壇家としてお寺の境内(離れた飛び境内地も含みます。)にある墓地ですと 話は別です。お寺のお墓を使用する権利はあるわけですが、墓地において執り行なわれる儀式・典礼の権利は、そのお寺に属しています。したがって、改宗なさった宗派の儀式・典礼により納骨をしたり、法要を行うことは、寺院墓地の場合は、まず無理でしょう。
これは、改宗後の儀式・典礼により法事を営むことが、そのお寺の宗教行為を妨げるものだと解釈されるからです。 この問題は、これまでにも度々裁判で争われ、判例の結果によれば、改宗後の儀式・典礼により法事を営むことはできないということになっていますので、どうしてもという方は、離壇してお墓を霊園等の別のところに移す(改葬)を考えることが必要といえます。
 寺院墓地は、「使用者=檀家」というのが一般的ですので、新しく寺院墓地を求めるということは、 「檀家となる」ということと一体であるということを認識しておく必要があります。もちろん例外的な寺院もあることでしょう。
[戻る]


8.後継ぎがいません。今あるお墓はどうしたらよいですか?

 今あるお墓が無縁になってしまうのでは?というご心配だと思います。 お墓を無縁にしない方法はいくつかあります。 それぞれの実情に合わせて考えてみる必要があるでしょうが、
方法としては、
お墓を管理するお寺のご住職(霊園の場合はその管理者)に相談してみてください。 墓地埋葬法の施行規則が改正されるなど、無縁墳墓対策というものに取り組みつつあります。 新たな管理方法があるかもしれませんし、対応策を一緒に検討してくれるかもしれません。
前記,里茲Δ冒蠱未靴討睫詰そうな場合や、共同墓地など特定の管理者がいない場合には、 自分の代でお墓を「大谷本廟」のような合葬式・合祀式のところに改葬するという方法があります。 一般の寺院でも世間でいう「永代供養墓」に相当する合葬式・合祀式の墳墓(お墓や納骨堂) を持つ寺院も増えてきています。 新しい墓所形態ともいわれていますが、浄土真宗では昔から行われていることでありますので ことさらに新しいことではありません。「自分たちだけの墓」という狭い世界から「同じ浄土に生まれた者 が共々に一処に」という広い広い世界観が生まれてきます。 ただし、実際の運営内容は様々なようですので、―概には申し上げられませんのでよく確認が必要です。 一般的な参考本として、六月書房から「永代供養墓の本」仏事ガイド編集部編というものも出版されています。
もう一つ考えられるのは、お墓を引き継ぐ人をあらかじめ指定しておくという方法です。
そうしておけば、たとえ他人であってもそのお墓を引き継ぐことが可能です。
相続に関し民法897条にも規定されているように、たとえ親族ではない者でもお墓を引き継ぐこと は可能です。ただし、この場合には「遺言」という形を整えてきちんとしておく必要が あるかもしれません。ただ、お墓だけを承継してもらうということだけでなく 、ご自身の葬儀の際に喪主となってもらうなど、財産権の相続を含めて決める必要もあるかもしれません。 といいますのは、ほとんどの墓地ではその使用規定なり管理規約などの契約関係で「転貸」や「譲渡、 転売」などは禁止されていますので、他人が承継するということについて、墓地管理者の認識不足等も重なり、 あらぬ誤解を招くことになりかねません。事前に墓地管理者に他人が承継することについて説明しておいた方が無難です。
 なお、お寺の境内地内にあるお墓の場合には、承継者が檀家としての地位も承継することになりますので、その方の宗旨・宗派が同じでなければ ならないという問題も当然ですが出てくることです。ここでは、まったくの他人として記しましたが、親族や遠縁の者またはお寺に託すというのが現実的かもしれません。
[戻る]



9.お墓に彫る漢字の新旧や字体は決まりがありますか?

 特に決まりはありません。「南無阿彌陀佛」でも「南無阿弥陀仏」でも「なもあみだぶつ」であってもかまいません。字体もお好きなものをお使いください。
[戻る]

御同朋の社会を目指して




[浄土真宗の仏事に関する推薦図書のご案内]
(お近くの本屋さんでも注文できると思います。500円から2千円までのものです。)
仏事のイロハ 本願寺出版社   →本願寺出版社出版物案内へリンク
「真宗門徒の墓づくり」 福原堂礎 著  朱鷺書房
真宗門徒の墓づくり

・「浄土真宗と親しくつき合う本」野々村智剣 他著  探究社  →探究社HP
・「浄土真宗門徒のたしなみ」(教養編) 藤岡正英 著 探究社
「門徒もの知り帳」(上)(下) 野々村智剣 著 法藏館    →法藏館HP
門徒もの知り帳   門徒もの知り帳

門徒もの知り帳
・「永代供養墓の本」仏事ガイド編集部編  六月書房    →「仏事ガイド」HP
・「浄土真宗のおつとめと心得」 池田書店
・「よくわかる仏事の本 新版浄土真宗」 世界文化社     →世界文化社のHPへ



ホームページのトップに戻る