素朴さの中に、懐かしさを感じました。五島弁で話しかけられ、照れくささを感じてしまった。それにしても奈留島の子供は元気がある。都会とは今一つ違うような気がした。写真をクリックして下さい。大きな写真になります。
友達と魚釣りをしていた。小学生・・・「じぇんじぇんなんもつれんよ」 と云っていた。 いつもはアジ、タコ、カソゴ、ベラなどが釣れるそうだ。
カメラを向けたら、Vサイン!明るい少年達だった。その一人から「おじさん!なんばしとっと?」「どっから来たとね」 と聞かれた。   奈留高野球部・・・私の後輩達です。今だ軟式野球をやっています。昔と変わらない風景がそこにあった。
野球部と同じグランドで陸上部が練習していた。汗をかき、懸命に練習している姿を見て、忘れかけてた何かを思い出したような気がした。