くす玉の作り方

お祝い事にはかかせないくす玉。
結婚式に、卒業式に、誕生日に、
あなたもくす玉をつくってみませんか??
ここでは親切丁寧に、
くす玉作りの初心者の方にも大丈夫なように説明してあります。
さぁレッツトライ!!!

1.用意するもの
絶対必要な道具
はさみ、のり、カッター、ひも(毛糸も可)

どっちでもいい道具
ペン(色ペン・筆ペン)、クレヨンなど


そとがわの丸を作る道具
※どれか一つを選んでください。
詳しくは下の「2.外側を作る」を読んで下さい。

作り方その@の場合
和紙(半紙で可)、
ボンドか液体のり、
ガチャポンの外側
or
ボール
or
丸い風船など丸いもの

作り方そのAの場合
工作用紙
(マス目ありが良い。ある程度の厚さが必要)
ビニールテープ(透明色のテープならなんでも可)
コンパス、定規、分度器

自分で作らない場合
東急ハンズで売っている
中が空洞な丸い発泡スチロール


〜中の飾りを作るには〜
折り紙、色紙、長細い紙
紙テープ(いろんな色)など


2.外側を作る
まずは外側の丸いところを作ろうと思います。
ここでは2通りの作り方を紹介します。
※東急ハンズで丸い発泡スチロールの玉を買っても可。

***作り方その1***
この作り方は、できあがりが丸くきれいなので
とてもおすすめです。
ただ、大きいのを作ると、強度を強くするために
手間がかかる可能性があります。

(1)ガチャポンなど丸いものを見つける。
ボール、風船、ボウル(料理の)など
丸ければなんでも可。

(2)和紙(半紙)をちぎって、風船の周りに貼る。
一回目は水にだけひたし、
二回目からはボンドを水で薄めた物に浸し、
その上に貼っていく。

(3)何周か貼り重ねる。

しっかりしてきたらそこでやめて乾燥させる。

(4)乾燥して堅くなったら、縦半分に切る。

↑乾かして切ったところ

↑切ったものを水性絵の具で
黄色に塗ったところ。

***作り方その2***
これはサッカーボールを作る要領で丸を作る方法です。
大きいのしか作れない上に、
私みたいに不器用な人が作ると
結構かっこわるいです。

(1)五角形、六角形を工作用紙で作る
五角形を12個、6角形を20個作ります。
その時、工作用紙の表側に
黄色や金色の折り紙を貼っておくと
綺麗に出来上がります。

その時必ず5角形と6角形両辺の長さを合わせましょう。
私は1辺9センチぐらいで作りました。
そうすると両手で抱えるぐらいのサイズが出来ます。

(2)合体させる
5角形を中心に6角形をビニールテープで張り合わせる。
しっかり貼らないと後でバラバラになって
涙が止まらくなりせつなくなります。
まぁしっかりやれば
だんだん丸になっていきます。
※この辺はサッカーボールを参考に



まぁこんなかんじ↑

(3)二つに切る
どこか2つに切ってみましょう。
これで半円が2つになりますね。


3.パカッて開く仕掛けを作ろう
(1)半円に穴をあける


下の図の赤いところと青い所に
ヒモが通るぐらいの穴を開けます。
↑上から見た図


↑横から見た図

(2)穴にヒモを通します。

下の図の点線のように、
穴にヒモを通します。


↑点線がヒモです


↑写真で見ると、こうなります。

(3)ヒモを結びます

二つ前の図の赤い点線の方のヒモの端と端をを
円の半径よりも長い長さのところで
結びます。


↑必ず左右の長さは合わせましょう☆

(4)再びヒモを結びます。

上の写真にある結び目Aと結び目Bを
見てください。
その結び目Aと結び目Bを結びます。

↑こんな感じです。

これで一応仕掛けは完成です。
4.試してみよう
(1)結び目がある方を上にしてぶら下げてみます。
そしてヒモをひっぱって見ましょう。


↑こんな感じ


↑首を横にしながら見てください。

ほら、一応くすだまになったでしょう???


5.飾りを作ろうその1

まず中の「ばさっ」っと落ちてくる垂れ幕を作りましょう

(1)長い紙を作る
書き初め用の長い紙を使っても良いし、
普通の紙を貼り付けて長い紙を作っても良いです。

(2)書きましょう
「おめでとう」とかその辺は華やかに。
明るくかっこよく正しく書きましょう。

(3)紙にヒモを付ける
書いた紙の上にヒモを取り付けます。


(4)紙をくす玉に取り付ける

↑こうやって
青い糸につり下げるように
垂れ幕を結びつけます。


6.飾りを作ろうその2

(1)紙吹雪を作る
三角形の形が綺麗に舞います。

(2)長い紙テープをくす玉につける
紙テープがあればそれをつかいます。
ないときは紙を細長く切って色をぬります。
そしてくす玉の裏側に貼り付けます。

3.その他
何でも良いからとにかく作ります。
星を作ったり、花作ったりね。
オリジナリティをだしてがんばってね。
くす玉のまわりに紙の花をつけてみると豪華絢爛になります。

7.しあげ&完成
(1)最終確認
もう一度くす玉はしっかり開くか?
くす玉がひらくと垂れ幕が落ちてくるか?
壊れているところはないか?
などなど最終チェックをし、
壊れているところがあれば
治します。

(2)しあげ
異常がなければ、
できあがった飾りを
すべてくすだまにつめこみます。
かざりをくすだまに入れた後は、
軽く封をしておかないと、
飾りが出てしまうことがあるので気をつけましょう☆

(3)完成

これでやっと完成です。
みなさんが無事くすだまを作り、
こんなの笑顔をみることができますよう
こころから祈っています☆


「ここが分かりにくい」「ここはどうすればいい?」などの質問、
「ここのページみて助かりました」「このページみてくす玉作りました」などの報告・感想を
メール掲示板にてどんどん待ってます☆

HOMEにもどる