ンガリーデイリーニュース


 

本の紹介

カーロリ大学学生の作品

学士の1年生と2年生を対象とした「日本語の正しさ」、学士2年生対象の翻訳、修士1年生対象の議論の授業での学生達の作品を公開します。是非ご利用ください。

ハンガリーの疑問

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で学士1年生が「日本人の方が感じるハンガリーの疑問」に答えていきます。ブログです。コメントや疑問などどしどしお寄せください。

対話の世界

2010/2011年度前期(2010年9月〜12月)で修士1年生が様々なテーマで対話をしたあと、自分の考えをまとめたものをアップロードしていきます。コメントお願いいたします。

ハンガリーを知る1

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する基本的な情報をコラムにしています。

ハンガリーを知る2

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士1年生がハンガリーに関する情報を短くまとめました。

日本人の知らない日本1

2007/2008年度後期(2008年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本2

2008/2009年度後期(2009年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

日本人の知らない日本3

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「日本人が知らない日本」です。

ハンガリーの真実1

2011/2012年度後期(2012年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本/ハンガリーの真実」です。。

ハンガリーの真実2

2012/2013年度後期(2013年2月〜5月)で学士2年生がまとめた論文集です。テーマは「ハンガリーの中の日本」です。。

ハンガリーの真実3

2013/2014年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリーの真実4

2014/2015年度の授業で学士課程2年生の学生が作った「ハンガリーを知る」という作品集です。

ハンガリージョーク

2009/2010年度後期(2010年2月〜5月)の翻訳でハンガリージョーク動画に字幕をつけました。かなり苦労したようですが、面白いものもあるかもしれません。(字幕を見る場合には画面右下のccをクリックしてみてください。)

「ブダペストトイレマップ」

1つ2つ面白い読み物も入っています。

「ハンガリーの道交法」

ハンガリーで運転する前に是非一読を!

私の町の歩き方

日本人会HP掲載分
エゲル
オーズド
オープスタセル
オーブダ
オロシュハーザ
カロチャ
カーヴァ
キンチェムパーク
クーセグ
グド
グドゥルー
ケチケメート
サトマールチェケ
シオーフォク
シャートルアルヤウーイヘイ
ジャーンベーク
シャヨーセントペーテル
ジュール
ジュールのサマーフェス
ジュールのバースチャ地区
ショーシュトー
ショプロン
ショイマール
セーケイウドゥヴァルヘイ
セーケシュフェヘールヴァール
セレンチュ
ゼンタ
センテンドレ
ソルノク
タタバーニャ タートラ
チェペル
チョパク
ツェルデメルク
タタ
タブ
ディオーシュド
デブレツェン
ドゥナケスィ
ドボゴークー
ドモシュ
ナジクールシュ
ナジコヴァーチ
ナジマロシュ
ニーレジハーザ
ニーレジハーザ
パクシュ
バダチョニ
バヤ
バヤ バラトンフェルヴィデーク
ビアトルバージ
ピリシュセントイヴァーン
ピリシュヴォロシュヴァール
ブーバーナト
ブダオルシュ
ブダケスィ
ブダフォク
ブダペスト4区
ブダペスト5区
ブダペスト6区
ブダペスト6区
ブダペスト11区
ブダペスト12区
ブダペスト15区
ブダペスト17区
ブダペスト19区
ブダペストの温泉
日本人の知らないBp
フゼール
ペーチ
ペストセントイムレ
ヘヴェシュ
ヘルツェグハロム
ミシュコルツ
モハーチ
モール
ヴァーツ
ヴァーロシュリゲト
ヴィシェグラード(その1)
ヴィシェグラード(その2)
ヴィドルフェスト
ヴェスプレーム
ヴォニャルツヴァシュヘジ レートシャーグ
リマソンバト
レンティ
手話クラブの作品

メッセージビデオです

被災者の皆様へ
グヤーシュの作り方
クリスマスソング
その他

学生によるハンガリー紹介ビデオです

大学紹介1
大学紹介2
大学紹介3
大学紹介4


天気

ブダペストの天気

現在の雲の動き 雲の動き

掲示板


広告

ニュース・情報サイト
管理人のページ
交流プログラム
リンク

繋がらないものもあるかも・・・
過去のニュース
カウンター
▼11月。大学の秋学期も折り返しました。▼今年度もなでしこ会の皆様のご協力により書道クラブ始まりました。▼毎週金曜日2時からの授業でゲストの方を募集しています。▼ハンガリー語レッスン(スカイプでもOK)ご希望の方もご連絡ください。(ハンガリー人で日本語OKの妻が対応いたします。通訳ガイドなどの資格もあります。)ご連絡はszeidzsi(アットマーク)yahoo.co.jpまで!
学生のガイドブックを(手元になくなるまで)紹介いたします。今回はザマールディです。是非ご覧ください。

11月21日

  • 政府は来年より子どもが2人いる家庭が月3万フォリントの税控除を受けられるようになると発表した。(日本でいう子ども手当てとか、子どもを3人つくれば不動産を買うために1000万支給するとかいろいろやっています。政府によると、この成果もあって市民の結婚や出産をしようという気持ちも強くなっていているのだそうです。)
  • 欧州議会は18歳のEU市民が無料で欧州に列車で回れるよう動いてきたようで、来年から実験的に18歳のEU市民が22日間有効のインターレイルを無料で購入できるようになる模様(今買うと370ユーロほどするそうです。)。
  • 人気ラジオ局のClassFMが19日にて放送を終了した。同周波数を利用できるよう次の入札に参加することも可能だが、再びClassFMが放送権を獲得することは難しいと言われている。(政府系のラジオ、コシュート、バルトーク、ペテーフィ、ダンコーなどのラジオ局は全国的に聞けますよね。きっと新しく誕生する民法も政府系なのではと噂されています。テレビも国営放送のチャンネルが増え、民放もTV2は政府系ですし、新聞もしかし・・・)
  • これまで所得税申告はなんらかの罰を受けていた。これを防ぐため現在は税務署がかわりに申告をしてくれるサービスもあるようだが、国家経済省によると、来年からは申告を間違えた納税者に対しても罰の代わりにサポートをする体制をつくるようだ。
  • イギリス人を対象とした、クリスマスバザールにかかる費用欧州ランキングが発表となった。これはイギリスから現地にいって2泊して特定のものを購入したときにかかる費用のランキングのようだが、ブダペストはチェコやミュンヘンより費用がかかる都市にランキングされている。(まあイギリスから行ったらという話ですけどね。)
  • ブダペスト英雄広場裏のアイススケートリンクは11月20日でちょうどオープン90周年となった。(私の住む町には一昨年まではプラスチック版の簡易スケートリンク、去年からは本格的な氷のスケートリンクが冬に設置されていますが、今年もあと2週間ほどでアイススケートリンクが設置されます。今年はリンクの上に屋根もついているので雨や雪になっても滑れます。シューズも借りられるし値段も安いです。下の子どもは学校の授業で5回すべるらしいですが、きっと学校が終わった後も「行こう!」とねだってくるだろうなと思います。)
  • HVGによる大学ランキング最新版が発表された。これは教員(学位や学術的な業績など)と学生(数、入試点、外国語能力、高校時代の学術大会の成績など)のポイントにより決まる。今年もELTEの人文学部が1位でELTEの自然科学部が2位、センメルヴェイス大学医学部が3位となっている。(トップ10の残りには昔の日本で言う帝大にあたる、セゲド大学、ペーチ大学、デブレツェン大学、あるいはパーズマーニ・ペーテル大学や工科大学などが入っています。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月18日

  • 政府はブダペスト西駅からリスト・フェレンツ国際空港まで鉄道でつなぐことを決めた模様。(29キロメートル線路を延ばして空港まで鉄道を敷くようです。完成すると双方向とも20分に1本出発し、18〜20分で西駅と空港が結ばれるようです。)
  • 19日、リストフェレンツ音楽アカデミーで、先日亡くなったコチシュ・ゾルタンのお別れ会が行われる模様。(市民も午前8時から12時までホールで1本の白いバラをささげることができるそうです。)
  • GKIとArukereso.huのオンライン調査によると、今年のクリスマスにハンガリー人はプレゼントに平均3万500フォリント使うらしい。この額は昨年より10%高い。(貧富の差が激しいので、ものすごく使う人とほとんど使わない人に分かれるのだと思います。)
  • Jobbikの議員が国会に「サマータイム制度廃止(実際にはウインタータイム廃止)」法案提出の申請を出し、担当の委員会が議題にすることを決めた模様。ただ与党は「サマータイムを廃止することで思いもしない弊害が起こることも考える必要がある」と与党がこれを推進しているわけではない点を強調している。(けっこうたくさんの人が不必要と言っているようですね。この時期もしサマータイムが残っていれば小さい子が4時すぎに学校から帰る時間に真っ暗ということはないかもしれません。ただ今度は朝8時前に行くときに真っ暗ということになるでしょうけど・・・)
  • 政府はフンガロリングの防音対策に6億8000万フォリントの予算をつけることを決定した模様。
  • Tarkiは過去25年間、ハンガリーに入ってくる外国人に関する意識調査を行っているが、先日行った調査ではかつてないほどの「反外国人」の割合が高くなったようだ。原因としては今回の政府の反移民(難民)キャンペーンの影響があると思われる。(http://index.hu/tudomany/2016/11/17/soha_nem_latott_merteku_az_idegenellenesseg_magyarorszagon/でグラフを見ることができます。このページにはお隣さんが○○人だったら受け入れるか・・という質問もありますが、それによるとこれまで最低だったロマをアラブ人が更に下回りました。アラブ人を受け入れるのは21%のみだそうです。ロマを受け入れるのは32%、中国人は47%、アメリカ人は50%、アフリカ人留学生は51%、ユダヤ人は57%だそうです。ちなみに同性愛者のお隣さんを受け入れる人は45%、六君ローラーは60%、トランシルバニアからのハンガリー人は76%なのだとか・・・)
  • 100円=256.69フォリント(OTP/11月17日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月17日

  • Magyar Postaは郵便局の現金振込みができる機械をCBAやPrimaやRossmannに設置すると発表した。(合わせて91箇所に設置されるようです。)
  • システムチェックのため、20日の午前1〜3時の間高速道路のe-ticketの発券が停止する模様。
  • Transparency Internationalの調査によると、ハンガリー人の多くが汚職(職権濫用など)の状況は悪くなる一方で、市民の力ではどうしもうもなく、政府の措置も不十分であると考えていることがわかった。
  • イタリアの首相が「EUの金で国境に壁をつくることは許せない」とハンガリーを批判する発言を行ったことに対し、シイヤールトー外相は「ハンガリーはハンガリーの金で柵を作っており批判は間違っている」と述べた。
  • 国会厚生委員会などがハンガリーの病院における院内感染の状況はここ数年改善傾向にあると発表した。
  • パルコビチ教育担当次官はデブレツェン大学で行われた中等教育機関校長・担任フォーラムにおいて「2018年より教員に対する研修を民間企業ではなく大学で行うようにする。」と発表した。
  • 警察の発表によると、1994年に年間300件以上発生していた殺人事件の数が2015年には99件にまで減少した模様。これは犯罪に対し厳しい政策をしいていたカーダール時代よりも少ない数だそうだ。一方HVGは特に若者の数が減っていることと、捜査が越年すると翌年のデータとなること、また傷害件数は増加していることなどから、かならずしも警察のデータはうのみにできないとしている。
  • 首相・政府はイースターの前の金曜日やクリスマスイブの12月24日を祝日にする考えがあることを示しているが、ソーシャルワークの日である11月12日についてもソーシャルワーカー限定で休業日とすることを検討している模様。ただ、現在公務員の日ということで公務員の休日となっている7月1日についてはこれをやめたい考えのようだ。
  • Freedom Houseはインターネットの自由度について0から100のスケール(0が完全に自由)で各国を評価しているが、ハンガリーは今回24から27と自由度が悪化した。(といってもFreeのカテゴリーです。日本は22でフリー。韓国は36でPartly Free。中国は88でNot Freeでした。韓国がPartly Freeというのはちょっと驚きました。ちなにみアイスランドは6です。)
  • IKEAは2017年2月にブダペストに新しい店舗をオープンさせるが、その他に2017年からはオンラインショップで商品を自宅まで配送するサービスもスタートさせる模様。
  • 17日の午後4〜6時のあいだ、鎖橋でデモ(早産の日にちなんだ催し物)が行われるため、この時間、同橋が閉鎖される模様。
  • 2020年のサッカー欧州選手権はUEFA60周年記念の特別大会として欧州13カ国での分散開催となっている。ブダペストも開催地の1つであるがそのロゴができたようだ(鎖橋が描かれているようです。)
  • 詐欺や横領の疑いでアメリカ連邦捜査局に指名手配されているGhaith Rashad Pharaonが、政府に近い人物と接触していたとの報道が出ているが、内務省によると2014年頭から2016年11月1日までハンガリーの滞在許可を得ていたらしいことが明らかとなった。(11月2日に内務次官が「Ghaith Rashad Pharaonがハンガリーに入国したらすぐ逮捕する」と言っていたのですが・・・これは滞在許可が切れたからということだったのか・・)
  • 100円=257.46フォリント(OTP/11月16日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月16日

  • 15日夜、ワールドカップ予選リーグの対スウェーデン戦がホームで行われた。キラーイ選手の引退試合なども兼ねていたようだが、キラーイ選手が交代した後に点を入れられ、0対2で敗れた。
  • フランスのLiberationでネープサバッチャーグ紙の記者による記事(手記)がフランス語で掲載された。(イラストも掲載されています。イラストはここで見られます。)
  • 15日、Pilisszetnkeresztという町の民家が火事となった。この民家はちょうど学校の隣にあったため、一時学校から100名以上の生徒が避難した。
  • 先日発生した鳥インフルエンザの危険性がまだ続いているようで、全国獣医会長は3つの県に対し(外部の鳥との接触を避けるため)屋内のみでの鶏などの飼育を命令した。
  • リオオリンピックでも大活躍した競泳のホッスーカティンカ選手は、ジャールファーシュ水泳連盟会長に対して辞任を要求した。同会長は2008年のオリンピックの後にホッスー選手に引退をつきつけた人物で、以後両者の関係はよくないようで、今年に入ってからはホッスー選手は水泳連盟とは別に個人で練習を続けている。先日ジャールファーシュ会長がホッスー選手との関係について「良好」と答えたことにホッスー選手が怒って今回の辞任要求になったようだ。
  • 若者に人気があるClassFMは周波数の使用許可延長が認められず11月19日でアナログ放送がストップする。また同局では若手DJのセベスチェーン・バラージュの朝の番組が人気だが、ClassFM側はセベスチェーン氏がテレビの仕事を優先したいということで同局のDJを降りると発表した。一方セベスチェーン氏はビデオメッセージを作成し「ラジオの仕事を続けるつもりでいた。ClassFMの発表は事実無根」と訴えた。(ちょっと混乱しているみたいですね。)
  • 100円=256.74フォリント(OTP/11月15日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月15日

ハンガリーのニュースサイトをチェックしていたら、 ̄\_(ツ)_/ ̄ という顔文字があったので(今更ながら)驚きました。ハンガリーでは:) のような顔文字ばかりだと思っていたのですが、https://textfac.es/みたいなサイトもあるんですね。顔文字も国際化しているんだな〜。

  • ハンガリー国立銀行によると、11月15日より2000フォリント札と5000フォリント札が新しくなる模様。ただし自動販売機などの対応が必要なため実際に市場に出回るのは来年の3月からになるそうだ。(現在の2000フォリント札と5000フォリント札は来年の7月末までは使用できるが、その後は使用できなくなる。ただし2020年7月31日までは郵便局で2037年7月31日までは国立銀行で無料で交換ができるとのこと。新札の写真はhttp://www.atv.hu/belfold/20161114-kepek-igy-neznek-ki-az-uj-2000-es-az-5000-forintos-bankjegyek で見ることができます。確か2万フォリント札の場合、旧札が使えるのは今年一杯だったはずです。)
  • 16日よりガソリンの値段が1リットルあたり3フォリント値下がりする。軽油はそのまま。
  • 公務員のうちソーシャルワーカーの組合が待遇改善を求めて12月5日までに待遇改善の約束がなされないかぎりストライキを行うとしているが、教員組合の1つ(教員民主組合)もこれに同調し、もしソーシャルワーカーがストライキを起こすのであれば一緒にストを行うと宣言した。
  • GKIの調査によると1995年以降に生まれた「Z世代」は92%がまだ実家に暮しており、1980年〜1999年に生まれた「Y世代」でも%30%は実家で暮している模様。Y世代の場合、実家で暮しているかどうかは収入と相関があるようだ。
  • 14日、路線バスのドライバーがペーチを運転中に具合が悪くなり、バスが民家につっこむという事故があった。
  • 14日朝、ブダペスト2区のHovosvolgy通りで不審な荷物が見つかったとして一時、周辺区域が閉鎖された。これにより交通にかなりの影響が出た。
  • 100円=258.71フォリント(OTP/11月14日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月14日

14日はスーパームーンですね。

  • ハンガリー鉄道によると、車内検察の際、スマホやタブレット、PC上にあるe-ticketを提示することもよくなった模様。(2011年からe-ticketはあったのですがインターシティなどを除くと駅で印刷する必要がありました。)
  • ハンガリー株式市場のBUXは先週だけで月・水・木と3度史上最高値を更新した模様。
  • 先週、野党の反対により憲法改正がならなかったが、Jobbikは前回秘訣された案に「移民国債も禁止する」の1文を加えた憲法改正案を14日も国会に提出すると発表した。与党Fideszは「前回、反対に回ったJobbikの言うことは信用できない。Jobbikは自分の党のことだけを考え国を捨てた」などと批判している。
  • 気象サービスによると今週は気温が下がり、ところによっては最低気温がマイナス7度、最高気温も氷点下になるところが出る模様。(ケーケシュ山では10センチの積雪でソリ大会が開かれたそうです。)
  • ハンガリーは13日、ワールドカップ予選のアンドラ戦をホームで戦った。4対0と勝利した。(先日欧州選手権で活躍したキラーイ選手がソンバトヘイの名誉市民となったそうです。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月11日

  • オルバーン首相はFacebookでアメリカの大統領選に勝利したトランプ氏に英語で祝辞を述べた。(「なんと素晴らしいニュースだ。民主主義は今も生きている」などと書いたようです。)
  • 今週末は各地で気温が下がり、日中でも氷点下になるところがある模様。また雨や雪となるところもありそうだ。
  • 学校の完全国立化と合わせ学校維持局(Klik)は58の地区に分かれて活動することになっているが、当初の来年1月ではなく11月30日に、各地区のKlikが活動を開始するようだ。
  • ブダペストには2004年にハンガリー語・中国語の2カ国で授業を行う初等学校が開校したが、10日、新しくハンガリー語・中国語2カ国語初等・中等学校が活動を開始した。(15区にあります。)
  • 2004年から毎年開かれているEuropean Beer Starという大会で、ハンガリーのビールが始めて3位を獲得した。(Hop Top Brewery Midnigh Expressという名前のビールがDry Stoutのカテゴリーで3位になったそうです。)
  • 2週間ほど前、Fedel Nelkul(屋根無し)というホームレスが販売する新聞にネープサバッチャーグの記者たちが記事を書いたが、これがかなり売れ、400万フォリントの売り上げ(募金)が集まった模様。ただFedel Nelkul側によると、いきなりこの新聞が売れたため「一儲けしよう」というホームレス販売員が現れたそうで、これらのホームレスは販売員の資格を剥奪されたらしい。
  • 公務員のソーシャルサービス部門の職員の待遇改善を求めて、組合が12月5日にストを行うと発表した。(待遇が悪いため人材が集まらず、このままでサービスそのものに大きな影響がでるとのことです。)
  • 100円=256.89フォリント(OTP/11月10日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月9日

  • 8日、憲法改正の投票が国会で行われたが野党議員が1人も賛成票を投じなかったため必要な賛成票を集めることができず否決された。ただ各世論調査会社は与党が再度巻き返しをはかるだろうと予想している。
  • 統計によると毎年児童虐待により30名が亡くなっているが、実際にはこの25倍の子どもたちが虐待を受けていると言われている。この見えない虐待の数は西欧諸国に比べ非常に多いのだそうだ。
  • 人材省によるとロマの進学率は徐々に上がり、大学へ進学する者の数も増えてきてはいるが、低学歴層による生活苦という状況そのものはなかなか改善されない状況にあるようだ。
  • magyarnarancs.huがブダペスト3区の養護施設で性的虐待があったと報じた。これを受けて警察が捜査に入ったがそのような事実はなかった模様。
  • 民放TV2がニュース番組でブダペストのホームレスに市民が困っているような報道を行い批判を浴びている。翌日民放RTLKlubもホームレスにインタビューをし「誰もがホームレスになり得る点」「専門技術や外国語能力があっても一度住所を失うと職を得られなくなってしまう点」などホームレスの問題点を浮かび上がらせ間接的にTV2を批判した。(TV2は民放ですけど、事実上政府系チャンネルになってしまっています。)
  • ネープサバッチャーグの編集者たちは遅くとも来年の春までに新しく新聞を立ち上げる予定であると述べた。一方、左派新聞のネープサバはネープサバッチャーグの発行停止以来、販売部数が倍増しているようだ。
  • 7日はヴァシュ県で初雪が降ったが、8日はザラ県で初雪となった。
  • 100円=254.68フォリント(OTP/11月8日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月8日

  • 8日、国が個々に許可した者のみ移住できるような基本法(憲法)改正の投票が国会で行われる。現在与党は国会議席の3分の2にわずかに足りない状況であり、憲法改正には野党議員の賛成票が必要となる。左派野党は憲法改正に強く反対しているが、Jobbikは「移住国債の廃止」を条件にこれを受けるとしている。この話が出た後、急に「移住国債廃止」の動きが出始めたが、オルバーン首相は「移住国債は経済が不安定だったため導入したものであり、もともと5年間ということで導入した。現在は経済も安定したため廃止の可能性もある。しかし決めるのは我々政府であり、外部の圧力で廃止するたぐいのものではない」と主張している。(裏でjobbikとなんらかの話をしているかもしれないですけどね。)
  • Otthoterkepの最新調査によると、失業者の少なさや不動産の購入状況の点でハンガリーで最も豊かなのはGyor-Moson-Sopron県であることが明らかとなった。
  • ブダペスト株式市場のBUXが史上最高値を更新した。(3万535.45ポイントだそうです。これまでは2007年7月24日の3万132ポイント-フォリントでした。)
  • 7日、ヴァシュ県の山間部では雪が少し降った模様。
  • 改修工事が終わったばかりのブダペストのセール・カールマーン広場であるが、今度は木がかれてしまったようだ。BKKは8日より木の植え替えを行う模様。
  • 9日よりガソリンが1リットルあたり7フォリント、軽油が9フォリント値下がりする。
  • ネープサバッチャーグ紙の発行を停止したMediaworks Hungaryはその後、政府に近い人物が絡む会社が買収したが、同社が発行するVilaggazdasag(世界経済)紙の編集長に政府系メディアMagzar Idokで編集に携わっていた人物を据えた。
  • ベーケーシュ県で鳥インフルエンザが発生したことを受け、日本がハンガリーの鳥肉製品の輸入を停止したが、南アフリカや香港、イスラエルでも同様の措置が取られた模様。
  • BKKによると、今後4週間、日曜日にバッチャーニ広場とベーカシュメジェルの区間でHEVが代行バスによる運行となる模様。(歩道橋の改修工事によるものだそうです。)
  • 100円=256.34フォリント(OTP/11月7日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月7日

  • ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団の音楽総監督ゾルタン・コチシュ氏が亡くなった。64歳であった。(10月に来日公演があり、それにも参加予定だったのですが体調不良で来日が取りやめになっていました。)
  • ベーケーシュ県で鳥インフルエンザが発生したことを受けて、日本はハンガリーの鳥肉製品輸入を停止した。
  • 専門家によると、ハンガリーのバリアフリーの状況は改善はされつつあるものの、そのスピードは非常に遅く最低限のレベルにも達していないとのこと。
  • JOBBIKは格付け会社のムーディーズが4日、ハンガリー国債格付けを「Ba1」から「Baa3」に1段階引き上げたことを受け「移住国債」について販売の必要なしと改めて主張した。
  • 国家道路使用料サービス局によると、今年1〜10月の高速道路券販売数が昨年同時期の7.6%増だった模様。
  • 6日未明、ベーケーシュ県でマグネチュード2.3の地震が発生した。
  • 2017年1月よりすべての公立学校が国立化するが、これに関し社会党(MSZP)が社会体制転換以降最も馬鹿な政策と強く批判した。(私立学校の先生によると、私立学校に対するしめつけも厳しいようで、どうしても国がすべての学校を管理・運営したいような雰囲気になっているようです。自由がないというのは怖いです。)
  • 左派野党が2018年の国政選挙に向けて協力しようと始めた会議で、「考えが合わない」として小野党を排除するような動きが出ていることに対し社会党党首は、再度みんなで話し合いを行いたい・・との考えを示した。(報道を見る限り、ハンガリーの報道も何が本当かわかりにくいですが、ジュルチャーニ氏がまた前に出てくるような動きになっているみたいです。LMPなどはそれに反発してはじめから左派連合には加わっていないですが、左派野党第一党の社会党の弱体化がここまで進んだか・・という感じもします。)
  • 先日の国民選挙の際に国民投票のばからしさをパロディポスターで表現した「二つの尾を持つ犬」党は、現在、汚い歩道に色をつけてきれいにするという活動を行っている。これまでこの活動に対し警察が介入することはなかったが、5日ペーチで活動を行っている際に「住民から通報があった」として警察が入り党の代表を含む複数名が警察に連行された。警察によれば「落書きによる器物は損で刑事罰に問われる案件」とのことだが、同党は「落書きではなく、汚い道をペンキをぬることできれいにしているだけ。それが証拠に壁には1滴のペンキもついていない」と反論している。(写真を見る限りとてもよい活動のように見えます。)
  • 気象サービスによると、7日からの週は雨が多く、11日は北部の山間部で雪となる可能性もあるとのこと。(北海道もそうですけど、オーストリアも既に結構降っているところがあるんですよね。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移りま す。今後15日間の天気が見られます。)

11月4日

  • 政府はブダペストの地下鉄3号線について、もし危険が生じたらすぐに運行を停止すること、政府は地下鉄3号線改修工事を援助すること、予算が足りない場合やブダペスト市が地下鉄3号線を止めた場合の対策もすでにとっていることなどを明らかにした。
  • BKKは秋休みや4連休を考慮して11月3〜5日で切れる1ヶ月定期に関し7日まで有効とするとした。
  • 最近美容室やネイル、あるいは顔の手入れなどを行う店にたいする不満が高まっているらしい。これらの店をまとめる協会は「もし満足いかない場合には、やり直しや払い戻しができるが、客観的な判断で不満が言えるよう、証拠(写真やその場にいたほかの客の証言)が得られるようにすべき」とコメントした。
  • ベーケーシュ県で鳥インフルエンザが発生し七面鳥9000羽が殺処分される模様。
  • 各左派野党は2018年の国政選挙に向けて予備選挙をおこない、統一候補をたてていくことを検討しているが、ジュルチャーニ元首相率いるDKとMSZP、そしてボクロシュ元大臣が率いるMOMAが実質上他の党を切り崩す格好となり統一からはほど遠い状況となりつつある。(例えば同じくもと閣僚のフォドル氏が率いるリベラル党は、先日の国民投票で国に反対してIGENの投票を呼びかけたが、これが間接的に政府を助けたとして、「投票に行くな!」というDKやMSZPとのイデオロギーと合わないと退場させられたりしたようです。)
  • EU以外の国民がハンガリーに移住したい場合、個々のケースについて国が判断することを規定する憲法改正の投票日が11月8日になった模様。
  • 100円=260.35フォリント(OTP/11月3日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月3日

  • ハンガリー車両輸入管理協会によると今年10月に売れた車の数は7953台と昨年同時期の2.9%減だった模様。ただ今年1〜10月期の車の売り上げ自体は昨年同時期より上がっている。(去年の10月にたくさん車が売れたのが原因だそうです。)
  • 4日よりガソリンが1リットルあたり2フォリント、軽油が3フォリント値下がりする。
  • 大学入試も兼ねるエーレッチェーギは基本的には中等教育機関の卒業試験だが、実際には卒業前にも卒業後にも受験が可能で年に2回行われる。秋のエーレッチェーギは9000名が受験しているが、10日間にわたる筆記試験が無事修了した。今後は口頭試験となる。
  • 今週は初等・中等教育機関では秋休みだが、教育心理学の専門家によると「ただ休みを入れるだけでは勉強のリズムが崩れる。カリキュラムとうまく連動させるべき。また秋休みに宿題をたっぷり出すのもよくない。」らしい。(宿題はなくても休み明けにたくさんテストを書かせる場合がよくあります。)
  • オルバーン首相がサッカー協会に土地を貸している町の町長は、あっという間に大金持ちとなったことでいろいろと言われているが、Forbesによる最新ハンガリー長者番付でも28位となった。(不動の1位はOTP銀行総裁で、ハンガリーサッカー協会会長を務めるチャーニ・シャーンドル氏)
  • 発行停止となったネープサバッチャーグを発行していたMedeiworksは新しい会社に買収されたが、新しい会社はネープサバッチャーグの発行再開は考えていないらしい。(ネープサバッチャーグの記者たちが記事を書いたホームレスが販売するFedel nelkulは当初1万2000部発行予定だったが、結局3万7000部刷ったようです。)
  • 政府が運転免許証の更新時期をドライバーの誕生日と連動させる案を持っていることが明らかとなった。(その方がわかりやすいね。)
  • テスコはPanyolai Zrt. szatmari agyas szilvapalinka(プラムのパーリンカ)をリコールした。(05/08/2016に製造されたもののみのようです。テスコは9月末にもミネラルウォーターをリコールしています。)
  • 昨年9月から11月にかけてお年寄りをだまして600万フォリント以上の金品を盗んでいたブダペスト在住の女性2名が起訴された。(狙いをつけたお年寄りに、知り合いの関係者とか、医者のアシスタントなどを装って近づき、車で自宅まで送った後に中に入り、1人がお年寄りの注意を引いている間に、別の1人が金品を盗むということをしていたようです。)
  • Providentの調査によると、ハンガリー人の55%が急な高額出費に対応できるだけの貯蓄がないことがわかった。(税金が高い分、社会保障がしっかりしていればいいのですけど・・・そうでもないんですよね。)
  • 11月14日はスーパームーンが見られる模様。これを逃すと次に見られるのは2034年11月25日になるとのこと。(通常の月より14%大きく見えるらしいです。)
  • 前回の国民投票のプラカートの破棄期限が1日午後4時で終わった。(まだちらほら残っているような・・)
  • 「教えたい。でも!」運動グループはパルコビチ教育担当次官が教員たちとの対話にも応えず、政府の成果を強調するだけで学校にある本当の問題から目をそらしつづけているとして、辞任を要求した。(辞表も代わりに書いたようです)。一方、パルコビチ次官は「そういうつるし上げではなく、仕事でハンガリーの教育に貢献すべき」と反論した。
  • 社会党の党員や党の支持者を名乗るものがMagyar Progressziv協会の調査であるとして「ジュルチャーニ元首相についてどう思うか」などのインタビュー調査を行っているとの通報が入っているらしい。Magzar Progressziv協会は「そんなことはやっていない。調査を行う」と回答した。(ハンガリーってこういうわけのわからないことがたまにありますね。)
  • ハンガリー警察によると、先週の4連休を含む過去5日間で、交通事故で8名が死亡し225名が負傷した模様。(墓参りや親戚を訪れる人たちがかなり車を使いましたから事故も多くなってしまったようです。)
  • 2日夜、セーケシュフェヘールヴァールで車が電柱にぶつかる事故があり、停電となる地域が発生した。
  • 100円=259.85フォリント(OTP/11月2日)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)

11月2日

  • 片親同士が結婚・再婚して新しい家族ができたとき、これを(ハンガリー語で)モザイクチャラード(ファミリー)と言うが、人口学研究所によると最近特にモザイクチャラードの割合が増えてきているという。(私がハンガリーで日本語を教え始めたころ−当時は小学校でも教えていました−「お父さんについて作文を書いてください。」と課題を出したところ「どのお父さん?」と聞かれて絶句したことがありました。以後、その手の作文を(特に小さい子の授業では)出さないようになりました。)
  • 11月1日より、ホームレスなどを宿泊施設に入れる救済措置が開始された。寒さが和らぐ来年の春まで続く模様。(施設内の人間関係が嫌で飛び出してしまうホームレスの方もいると聞いています。)
  • 人材省家族及び人口(増加)政策担当次官代理によると、ハンガリーの出生率は過去最低の1.27から1.45と改善されてきてはいるが、人口を保つためには2.1の出生率が必要でこのレベルに達するにはまだ努力が必要とのこと。また、年金受給者、あるいは病気や怪我などで働けない人の数がもうすぐハンガリー総人口の3分の1に達するようで、この状況をどう乗り越えていくかについても今後考えていかなければならないと述べた。
  • ハンガリータイヤ協会は、そろそろ車の夏タイヤを冬タイヤに交換すべきと注意を促した。(我が家も今日換える予定です。)
  • LMPはブダペストの地下鉄3号線の全面的な改修とバリアフリー化を求めて署名運動を開始する模様。
  • 毎年11〜12月は自動車の強制保険の切り替え時期であり、契約保険会社を変える人も多い。今年は保険料が少し上がることが予想されている。
  • 10月28日、ブダ城のKarmelita修道院の修復工事現場で第二次世界大戦当時の不発弾が発見された。このため一時周辺地域が閉鎖された模様。
  • 10月28日、ブダペストのBajcsy-Zsilinszky通りの駐車場に停めたトラック内でポルノ撮影が行われた。このトラックはマジックミラーで囲まれており、外からは中が見えないが中からは外が見える仕組みになっている。このためポルノ撮影の際、通りを歩く市民の姿も映る。この撮影に関し、市民を無断で撮影(しかもポルノ動画)したとして国家データ保護・情報自由局に訴えがあった模様。
  • プリペードカードシキSIMカードが、テロ活動に使われているとおして、同カードの購入を厳しくする法案が内務省から国会に提出された。(ハンガリーだけ厳しくしても他の欧州諸国で可能であれば意味がないという意見もあるようです。)
  • ロトの値段はこれまで1枚225フォリントだったが、これが11月6日より250フォリントに値上がりする模様。(買わなければあたりませんが、買ってもあたらないですよね。我が家も昔は買っていましたけど、15年ぐらい前に止めました。)
  • ブダペストの天気情報はここをクリック(koponyeg.huに移ります。今後15日間の天気が見られます。)