<管理者>ていけいえむ <連絡先>こちら <過去の読書>作家別一覧 <2001年の読書>全52冊
<2000年の読書>全105冊 <過去の登山>登山歴
 

ようこそいらっしゃいました
ここは「ていけいえむ」のミステリー中心の読書と日記のページです

評価基準……その時の気分に左右されるので、あまりしたくないのですが、やっぱなにか基準があったほうがいいかしら?

☆オススメ☆ 読んで読んで!!絶対損はしません!
☆☆☆☆   好みがあるから何とも言えませんが、私は「面白い!!」と思ったぞ
☆☆☆    その作者のベストではないような気がします 普通に面白いです
☆☆     いや、この本読むなら別の本に時間使いたかったかも
☆      本じゃない!おこるぞ!                                     あまり深く考えないで下さい


2004.9.29
半年も前に「浜名湖花博のタダ券があるから一緒にいかない?」と誘われ、計画当日は雨に祟られ断念
その後、チャンスもなく現在に至る
しかし、もう開催期間も残り一月になり、やっぱ行こうよ!と、再度計画
その日が明日30日です

台風?なんですか?そんなの来てますか?

どっちかが雨女だと思うな……

 読了本 ☆☆☆
 今日を忘れた明日の僕へ 黒田研二 原書房

夜に飲み会のお迎えは気の毒だ、しかし、タクシーにお金使うよりも迎えに来てもらって、その分お土産買った方が良いんじゃない?
との優しい判断のもと、迎えに行った夫がお土産持参で帰宅

……いや、気持ちは嬉しいんだけどね……すごく
お土産が菓子パンで、しかも夜中に食べちゃって、また太ったじゃないかあああ!!!
君はいったいなにを考えているんだあああ!!!<え?食べなきゃいいのに、って?
それが出来れば痩せてますって(^^)


204.9.22
 読了本 ☆オススメ☆
 ナイルに死す アガサ・クリスティ ハヤカワ文庫

いいね、早川のこのシリーズ
文字が大きくて読みやすい なんか、内容もずっとよく把握できる気分だ……あくまで気分

体調が悪いという訳ではないのだが、最近サプリを飲むようになった
「皺が薄くなった」とか「しみに効く」とか書いてあるとついつい……って、それは≪健康≫に気を配っているのではなくて≪美容≫に敏感になっているだけか(^^)
だって「50歳以上なら……」ってのがボデイブローのように効いて効いて

で、最近TVでやったCOQ10(コエンザイムキュウテン)にはまったのですが、なんと!!売り切れ状態なんですよ〜〜〜
そこで思い出した
スーパーにいる時、寒天やにがりや黄な粉やアロエヨーグルトや……とにかくTVで放映すると、たちまち品切れになるんですが、まあ、持って一月 増産態勢に入ってやっとで各スーパーに出回りだした頃にはもうブームは去っているんです
もうちょっと待ってみるか

我が家は、なかなかはまらないんですが(本当か?)はまると長い(……本当か?)
血流にいいとされる納豆は、朝の定番 これまた血サラサラ効果のそば茶は麦茶代わりに冷蔵庫に
……まあ、これは夫の病気絡みだから、やめる訳にもいかないが
で、このCOQ10、私が知らないあいだに二ヶ月ほど飲んでいたことが判明
そもそもは「しみ」対策で飲んでいたサプリにCOQ10が混入<おい していたらしい

きっと明日にはしみも皺もなくなっているに違いない



……なにか問題でも?


2004.9.16

 読了本 ☆オススメ☆
 フロスト日和 R・D・ウィングフィールド 創元推理文庫

 読了本 ☆☆
   華やかな密室 山村美紗 中公文庫

いやぁ、かつて飛ぶ鳥落とす勢いだった「山村美紗」の本を始めて読みました
彼女が亡くなって何年たったでしょうか?
当時TVドラマの刑事物にはよく原作・山村美紗というのがあり、キャサリンシリーズは確かゲームにもなったんでしたよね
それが、今では名前すら聞かない 世の無常を感じます
せめて何か大きな賞でも取っていたらまた違ったのかもしれませんが、残念ながらこの本を読む限り昭和62年当時は、ミステリ関係の賞は受賞していませんね

しかし、これは私には好きになれない種類のミステリです

事件が起きると、関係者一同被害者の人となりを登場人物に語らせ、憶測で犯人を推理し、連続殺人に発展
アリバイとトリック解明だけで犯人を当てる<あれ?りっぱな本格ではないか!!!
でも、つまんないんですよ、本当に
解説に「登場人物の恋愛も書かれて、ストーリーテイラーとしての魅力もたっぷり」とあるんですが、その魅力がまったく感じられない あえて主人公が推理する必然性もない まるでロボットのように主人公の意思が感じられない

一世を風靡したのに忘れられる作家は、それなりに原因があるものなのですね


 読了本 ☆☆☆★
 
湖底のまつり 泡坂妻夫 創元推理文庫

夏の猛暑に三日間家を留守にした際、植木が枯れて葉を落としてしまっので、剪定した
と、どうでしょう!!
姫りんごは花をつけ(受粉させなかったので実はならないが)、源平草木は青々と茂り、今花目を持っています
この生命力には感動です

職場のマネージャーが転勤、あまり好かれてない方だったので、皆大喜びだったんですが、新しいマネージャーが≪出しっぱなしのやりっぱなし≫だった
私はちっとも気にならないが、とても気にしている人もいる
……現状に満足しないといけないと思うな……「どんなマネージャーなら満足なの?そんな完全な人っているの?」と突っ込みたい私です
こういう考え方って、上昇志向ではないわな はあぁ……丸くなったもんだ

ちなみにマネージャー、私の帽子返してください


2004.9.10
見ましたとも、スパイダーマン2!
運命に悩むのは、なんと正義の味方の宿命(おきまり設定)だったとか、ヒロインが美形でないとか、いや、核融合してるのにそれはないだろう……とか、まあいろいろありますが、基本的にヒーローものは大好きなので、大満足でした
しかし!!

今回は、夫が「見る〜〜」と、濡れ落ち葉してきたので、一緒に映画館へ
割引券を出して、差額を払おうと思った矢先
「ご夫婦とも50歳以上なら、お一人様1000円になりますが……」ときたもんだ

1000円で見られるのは、超嬉しい
しかし!!ここは女心全開で「私が50過ぎに見えるというの!!」と、やり返したい気持ちがふつふつと!!
……いえ、負けましたけど
「はい!私○○才で〜〜〜す」と嬉しそうに言ったのは……どうかと思う

そして問題は……遠慮介錯なく私が50歳以上に見えたことだ
子供たちや、職場の同僚が「とてもみえないわ〜〜〜」と言ってくれていたのは、単なる社交辞令だったことがわかってしまった
ひどいや

えすて、えすて、せいけい、せいけい……かね……かね……  うなされる毎日です

 読了本 ☆☆
   むごく静かに殺せ 森村誠一 青樹社文庫

時間つぶしには、本は必須 しかし、本が無い時どうするか そこのあるのは!!bookoffではないか!時間も無いし、ええい、適当に!「あ、この題名ステキかも」……という経過で購入

「事故処理屋」を生業としている主人公、星名は殺人まで請け負う
星名の活躍を描く連作短編サスペンス
すごいです!この星名さん!! いわゆる万能選手出来ないことはない!小説だってかけるし、歌だってつくれるし、催眠術もつかえるし……これで深みある小説で面白かったら文句無いです


同時購入したのは「フロスト日和」 三作出ているなかの一冊だけ持っていませんでした
……ちょっとお高いんですけど、創元社さま

いまお気に入りの漫画 「おとぎ奉り」
いまお気に入りのTVゲーム 「どろろ」<自分では出来ない(^^;
いまの最重要課題 骨盤矯正


2004.9.8
オリンピックで眠れない夜をすごして、これで眠れると思ったのも束の間
チェチェンのテロがあって、何がどうなっているんだ!!と、簡単なレクチャーをうけ「なるほど、これしかなかったのか……」と悲惨な気持ちになり、重い気分のときに台風が来て、地震が来て、大雨が降って……
たちまち我が家の周りの地形に目が行き、増水したらいっぱつでやられるんだよな……と、また悲惨な気分になる

世紀末かも!とおもいませんか? いえ、新世紀は始まったばかりですが
毎年、新年を迎えると「良い年になりますように」とお願いして、良い年になった記憶はあまりない
と、言うより、悪かった年ばかりを覚えているんだろうな
新世紀を迎える時も、戦争に明け暮れた20世紀を思って「新世紀は平和であって欲しい」と、たぶん全世界の人々が願ったと思うのに……

で、東海地方の世紀末とは、テロではなく「東海大地震」です(たぶん)
私、なんの準備もしていません<このあたりが言行不一致なんだよね
出来るならば、家族全員が同じ場所にいる時に起きて欲しい……もっと望むなら、あと50年ほどは起きないで欲しい(エネルギー溜まりまくりですか?)
そんな事を望むより、準備怠り無くするのが先決ですか?そうですか

 読了本 ☆☆☆☆★
 
だれもがポオを愛していた 平石貴樹 創元推理文庫

たとえ明日世紀末がこようとも、りんごの木は植えなくても本は読むぞ!


2004.9.2  読了本 ☆☆☆
 メビウスの殺人 我孫子武丸 講談社文庫

 読了本 ☆☆☆★
 神のふたつの貌 貫井徳郎 文藝春秋

 読了本 ☆☆☆
 ダリの繭 有栖川有栖 角川文庫

 読了本 ☆☆☆★
 完全無欠の名探偵 西澤保彦 講談社文庫

 読了本 ☆☆★
 レオナルドの沈黙 飛鳥部勝則 東京創元社

 読了本 ☆☆☆☆
   第二の銃声 アントニー・バークリー 国書刊行会
いつもながらのバークリー、お見事です
二発の銃声のうち、殺人を犯した銃声が一発目ならアリバイ成立 二発目なら逃げること不可能の容疑者になったシリル
果たして、どちらの銃声が犯罪を犯したのか?
登場人物すべてが動機を持ち、尚且つアリバイを持たない
しかも、状況的には誰にでもチャンスはあった!シリルが自分の無罪を主張し続ければ、大事な恋人(作中で夫婦になる)に嫌疑がかかることになる!彼が選ぶ道は?

魅力的な謎でしょ?しかも、ラストに大どんでん返しがあるし(いつもだけど)
もう少し読みやすければ万人に支持されるんだろうな……ちょっと読みにくいのが欠点です
 

 読了本 ☆☆☆★
 アルキメデスは手を汚さない 小峰元 講談社文庫

「アルキメデス」という言葉を残して妊娠していた少女が死亡する
父親はだれか?多感な少年たちに重い口を開かせるには無理かと思われた
少女の父親は、必ず少年たちのなかに父親がいる、と信じて探偵を雇うが……
第19回乱歩賞受賞作

「某、日常の謎ミステリと雰囲気が似ている」と聞いて読んで見ました
そうかなぁ?確かに現役高校生を扱っているんだけど、もっとどろどろしてて、爽やかな日常の謎とは比べられない……と、思いました
でも、この作品がつまらないわけではありません
普通にミステリとして面白いです。
ただ、いつも言われている「現役の高校生がそんな事件に巻き込まれるってどうよ」という、展開ではあります
私個人としては「現役だろうが、なかろうが、ミステリの舞台になるような状況は絶対ないから、問題なし」です


知らぬ間に秋風が立って……
まだ「スパイダーマン2」も見ぬのに……


2004.8.5

昔読んだ本を再読しようフェア
 第3回配本 ☆☆☆☆
 黒衣の花嫁 コーネル・ウールリッチ 早川書房
昔読んだ本を再読しようフェア
 第4回配本 ☆☆☆
 石ノ目 乙一 集英社

図書館でみつけた「黒衣の花嫁」感動したよ!
もう何年まえになるか?
動機が不明の殺人劇というのに圧倒された覚えがある
今では使い古されたきらいがあるけど……
「石ノ目」は、本棚で見つけて「ああ、忘れてるな」と思いチャレンジ
簡単に読めるしね
乙一は最近童話も書いているけど、この本の三作目「BLUE」は童話ですね
数ある乙一の本の中では、あまりオススメがない本でもある
「はじめ」は漫画化された覚えがあるが、どんな漫画になったのか読んで見たいところ

息子から届いた「ぜんいんちちのぶか」のメール
「ぜんいん」は「全員」「ちち」は「父」とわかるが、その後がわからない
何故なら、父の名前が「のぶ」だから
「全員 父 信……か?」
え〜〜〜!!!全員信か?……つまり全員父なのか???
いやすぎ 

いえ、冷静に考えたら解るんですが……

「桂離宮」の参観申し込みをする
なんと三ヶ月前に往復はがきで申し込むのだ
……今からなら秋!つまり桂離宮の紅葉が見られる(はずだ)
抽選なんだけどね
どの程度申し込みする方がいるんだろうか?見当もつきません


2004.7.28
 読了本 ☆☆☆☆
 神の手 望月諒子 集英社文庫

 読了本 ☆オススメ☆
 長い腕 川崎草志

 読了本 ☆☆☆★
 赤ちゃんがいっぱい 青井夏海

あ〜やだやだ
更新サボるとどんどん本がたまるよ〜
でも感想ばかりに気を取られていると、メモ代わりに書いてる日記のほうはさぼりっぱなしになる
別に誰に迷惑かかるわけではないが、それでは私の都合が悪い

で、先週一年ぶりに山に行きました
本当は二週連続になるはずだったのですが、16日から予定していた阿蘇山のツアーは参加者が少なくてキャンセル
23日からの白山のみ行きました(これも初めは笠が岳の予定だったんですが)

まず、トレーニング
毎年少しはやっていたんですが、今回はあまりの暑さにさぼってました
結果は押して知るべし……
少し前にやっていたNHKのテレビ番組を実践しました
「中高年は若い頃の体力と同じだと思って、トレーニングなしで山に行き、怪我をする」ってやつです
若い頃から体力がなかった私は、過剰の自信はもともと持っていないんですが、白山は(ちょっとは)楽な山だし……という油断はあったと思うな なんせ、太陽が照りつけ風は無く……ってやつにすっかりやられました
こんな暑い山は初めてかもしんない

子供の歯の矯正は、最近当たり前になっているようですが、私も育児途中は「矯正してあげなくちゃ」と思ってました
問題は「思っていた」だけで、実際はなにもしてあげなかった事
22歳にもなった娘が、親知らずを抜くために入院する破目に陥りました
その後、矯正、二年かかるそうです ああ、馬鹿な親を持つと子供が苦労する……
せめて費用だけでも持ってあげなくては、申し訳がたたない
ついでに痛みも持ってあげたい私です ごめんね

事故りました
カローラからデュエットにお乗換え
車庫証明から廃車手続きから、改めて車乗り換えの手続きの煩雑さを体験
世の中は本当に書類で回っているのね
ずっと主婦をしてると、そういう煩雑さを忘れています
きっと私が事務員になると、はんこを忘れたり書類がもれたり……三日で首だな
うん。世の中のために私はラーメン屋のパートでいよう


2004.7.2

 読了本 ☆☆☆アップまだです
 消えた山高帽子 翔田寛 東京創元社

 読了本 ☆☆☆
 ラストホープ 浅暮三文 創元推理文庫

 読了本 ☆☆☆アップまだです
 朱塗の壁に血がしたたる 都築道夫 光文社文庫

 読了本 ☆オススメ☆
 死体を買う男 歌野晶午 光文社文庫

昔読んだ本を再読しようフェア
 第2回配本 ☆オススメ☆
 Yの悲劇 エラリー・クイーン 創元推理文庫
犯人がわかっていて読むミステリも、出来がいい本ならとても楽しめる!という事を発見しました
あまり再読をしないので、思ってもみない発見でした(再読する頃には犯人を忘れている……というパターンばっか)

犯人がわかっていると「そこはそうは思わないだろう」とか「なんでこんな簡単な事が」とかいうつっこみばかりしていたような気がしますが、この本は「そうか!ここにも伏線があったのか」とか「ああ、これはミスディレクションだな」とか「可能性をひとつ一つ消していくのって、すごい徒労だよね、作者にとっては(それがあってのミステリですが)」とか……いろいろ考えました
やっぱいまだにミステリのランキングの上位を取る作品というのは、魅力一杯という事なんでしょうね

最近気になってしかたない
向かいのアパートの子供の泣き声

「なにか気がついた事はなかったですか?」
「そうねぇ……夜中にすごい泣き声がよく聞こえてきたんですが……でも、まさかそんな事とは……」
「お母さんはどんな方ですか?」
「えぇ、普通の方ですよ ……ビックリしました」

……なんて会話がTVから聞こえてきそうでこわい
迂闊に子供も泣かせられない世の中です……っていうか、本当に不安になるから泣かせないで下さい!!

ああ、やだやだ 更新が遅いからまた本がたまったよ(^^;

 読了本 ☆☆☆★アップまだです
 名探偵 木更津悠也 麻耶雄嵩

 読了本 ☆☆☆☆
   黒後家蜘蛛の会1 アイザック・アシモフ 創元推理文庫
安楽椅子探偵物では超有名……ですが、初めて読みました
いま、この年になってから読んでよかったと思います
何故なら、どぎつい殺人など全然無く、おだやかに会話で進む本というのは、単純に考えれば退屈で面白くないからです
ましてや扱う犯罪が日常の謎もの
日常の謎というのも、どんなに魅力的な謎でもずっとそれだけを連続で読むと(私は)刺激がある本がよみたくなるのです
つまり飽きてしまう
でも、この本は魅力的な登場人物に支えられて(?)退屈せずに読めました
まあ、つまらない謎もありましたが(とくに『指し示す指』なんか、そりゃないだろ……とか思ったんですが)でも、会話の面白さと解決に至るまでの巧みさで、さほど脱力もしませんでした いや〜面白かった
いくつか解答がわかったのも嬉しかった!!

 読了本 ☆オススメ☆ちょっとだけアップ
 
戻り川心中 連城三紀彦



二千二年九月の日記 十月の日記 十一月の日記 十二月の日記 二千三年一月の日記 二月三月の日記 四月五月の日記 六月七月の日記 八月九月の日記 十一月十二月の日記 二千四年一月二月三月の日記 二千四年四月五月六月の日記



<リンクがないのに何故か存在するバナー>