2001.2/1-10

あけび - 01/02/10 23:11:30
谷口神父様へあなたは本当にカトリック司祭ですか?。毎日『あしたに向かって』やCJMLに目を通しておりますが、あなたの書いている事のほとんどが嘘にみえます。
カトリックの神父ともあろう方が一信者を名指しで批判したり、すぐ言い分けしたりして恥ずかしくありませんか?
もし、新求道共同体を批判する人がいても、あなた達『新求道共同体』の方から反対派の中に入り込み、解決するまで話し合うべきでしょう。
CJMLの書き込みの中であなたを支持する人(信者)は10%もいないでしょう。私はカトリック信者ですが、谷口さん、私はあなたを神父とは認めたくありません。
また、あなたみたいな神父がいたら、カトリック教会は崩壊します。もう神父をやめて、新しい宗教団体でもつくったらいかがです?一つ質問します。このゲストブックで答えて下さい。
高松教区立国際神学院に協力している方は、新求道共同体だと知って協力しているのですか?カトリック神父が信者を批判してはいけませんよ。
苦しみや喜びを分かち合って信仰を守るのが神父の仕事でしょう。あなたの行動をみてイエスキリストが泣いていますよ。



似非 - 01/02/10 17:51:44
イタリア語になってしまいますが、 http://www.geocities.com/Athens/Delphi/6919/Euc_2da.htm に秘密文章に属するエウカリスティアのカテキズム315から335ページが出ています。
http://www.geocities.com/Athens/Delphi/6919/OR315335.htm#p315cv1 にはこの文章に関する批判的解説があります。
どちらもイタリア語ですのであまり役に立たないかもしれませんが、谷口神父様には何が批判されているのかは良くお分かりになるのではないでしょうか?


- 01/02/10 16:42:36
このへんかな
http://tools.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2797/@geoboard/55.html
http://tools.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2797/@geoboard/56.html
トマス小野田神父というカトリック司祭の解説です。


だーさん - 01/02/10 16:38:22  電子メールアドレス:nori@norisan.net
正確には http://tools.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2797/@geoboard/


ベランダのアロエ[池沢] - 01/02/10 15:03:48  電子メールアドレス:ikezawa@dol.hi-ho.ne.jp
谷口神父様:あなたは[cjml:08769]で日向さんのHPにふれて、「匿名の人が多く、それだけに質的にもそれに相応しいものを感じ....こっちにも書きなさい....おいおい書きましょう。」と書き込みました。
この書き込みにうれしさを覚えたのですが、一向に回答がないので(匿名の書き込みを低く見ているのか)名前とメールアドレスを今回記入いたしました。
安心して回答ください。なお、本来はこのページで発言すべきなのに、あくまでも無視されているようですので、[cjml]にも登録をこの名前とアドレスでしなおしました。
以後、よろしくお見知りしりおきを!したがって、このページを優先して書き込みますが、あくまでも無視されるならば、cjmlにも書き込みます。ベランダのアロエ[池沢]をお忘れなく。


みかん - 01/02/10 14:59:14  電子メールアドレス:bergamia@aquaphonia.net
アサさん http://tools.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/ 2797/@geoboard/ 存在しないと出てしまうのですが(^^;


アサさん - 01/02/10 08:16:32  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
これがそのHPアドレスです。 http://tools.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/ 2797/@geoboard/


アサさん - 01/02/10 08:15:53  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
CJMLで紹介されて見に行ったHPで新求道共同体の秘密文書(公開してはいけないと創始者が支持しているという文書)について述べられています。
これは、キリスト教極右といわれる派に属する神父さんが掲載しているものですが、私が海外のHPのものを「せっせと翻訳」している時に読んだものとほとんど同じです。
参考までにご紹介します。是非ご一読を。 こうしたものは、末端の共同体メンバーは全く知らないことだと思います。また信じないだろうことも予測できます。


アサさん - 01/02/10 08:10:20  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
新求道共同体は、カルトか?という議論があります。私は、いわゆる破壊カルトではないと思っていますが、カルトとしての性質は持っています。
しかし、宗教は本質的にこうした要素を持っているものだということを認識しておく必要もあると思います。私はむしろ「キリスト教原理主義」的傾向が強い運動だと思います。
これは認可された団体でないから、認可を受けろという話もあります。しかし、彼らにとって、認可を受けないこと。信徒から起こった運動である。というところが武器なのではないでしょうか?
認可の対象となる修道会や団体では、様々な制約がかかる。そこでその土俵からはずれたところで、運動を進めれば、制約を受ける理由を回避できる・・・・。
創始者がそこまで考えたかどうか知る由もありませんが、現実には武器となっています。


だーさん - 01/02/09 15:41:32  電子メールアドレス:nori@norisan.net
cjmlはカトリックに理解がある人のみ参加できるということですね。了解しました。^^


- 01/02/09 15:28:25
カトリックに関心があるということと、理解があることとは意味が違うと思います。友好的な関心を示してくださる方ならよいのですが。
メンバーの中にはカトリックのみに限定すべきという意見も過去にありましたので、ここで紹介するにしても心情ご理解いただけたらと思います。


ベランダのアロエ - 01/02/09 14:46:29
谷口神父様: わたしの質問には答える価値がないのか、一向に回答がありませんですね。あなたのHPに書き込みページを設けてください。
あえて、このページで発言している理由があなたは解りますか?ご自分しか見えない方には無理でしょうか?おろそかは行けませんよ。


みかん - 01/02/09 14:06:46  電子メールアドレス:bergamia@aquaphonia.net
だーさん  お気持ちはよく分かりました。そのあたりのご懸念も含めて投稿していただけるとよりわかりやすいです。
文字だけのコミュニケーションですから、お互いに気を遣わなければいけませんね。
ちなみにPACE誌は3年ほど前の記事です。Vol.103〜106にわたり連載されています。その中には出版社による取材、インタビューもあります。


だーさん - 01/02/09 13:08:17  電子メールアドレス:nori@norisan.net
過去ログで確認しました。確かにそうなっております。
カトリックに関心が無ければ(その目的はどうあれ^^; そもそも参加はしないでしょうから実質には、だれでも審査無しに参加は可能でしょう。


だーさん - 01/02/09 12:53:48  電子メールアドレス:nori@norisan.net
ちょっと嫌な言い方をしてごめんなさい。
m(__)m 元記事が存在するのであれば、その記事のポインタ(なんと言う本の何ページの何行目のなんと言うタイトル)とかを明示すると良いでしょう。
当然その本は一般に入手出来るものであることが条件ですが.
私が心配しているのは谷口神父や高松教区が法的手続きを経てこのWEBさいとや日向さんその他を合法的に潰しにかかることが一番心配なのです。
特にここジオシティは法的なクレームがあれば問答無用な閉鎖処置をとりますので、非常に心配なのです。


- 01/02/09 12:45:03
CJMLはどなたでも、と記載されていましたが、原則は「カトリック教会のメンバーが対象」になっています。サイトをご参照ください。
他会派の方、求道中の方でも参加できますが、カトリックに理解のある方が望ましいと、以前管理者の意向が配信されています。旧サーバーのログでご確認ください。


みかん - 01/02/09 12:22:33  電子メールアドレス:bergamia@aquaphonia.net
だーさんへ  この掲示板の下のほう、12/8の書き込みにある「PACE」誌の記事タイトルです。
今、出版社に転載許可を申請していますが、問い合わせのメールが返信されただけで許可を頂いていません。
また、許可されても掲載料がかかるのですが、この金額が私にまかなえるものかもわかりません。   
誹謗中傷と取られたのは大変遺憾ですが、私は疑問を持っているだけです。
その出版物によると、いくつかの教区(許可がないのでどこまで記載していいやら)で活動を禁止しているとありました。   
だーさんは法にお詳しい様子、DMなら記事の一部転載問題ないですか?よろしかったらお送りしますので、DMください。


だーさん - 01/02/08 19:23:39  電子メールアドレス:nori@norisan.net
みかんさんへ  いくつかの教区とはどこの教区でしょう  司教団が警戒している根拠はなんでしょう
ソース元も含めてそれらが摘示されない状態での議論は、悪く言えば誹謗中傷合戦のたぐいになります。


みかん - 01/02/08 13:13:01  電子メールアドレス:bergamia@aquaphonia.net
なんか...失礼を承知で感じたことを。
谷口神父が懸命になにかおっしゃることに比例するように、どの方向から何度読んでも、ますます「新求道共同体」や「高松教区」の実態が複雑になってくるのですが(^^;  
谷口神父が信じて疑わないのはわかるのですけど、もう少し視野を広くお持ちくださったらと思います...。
いくつかの教区で禁止されていたり、日本の司教団が警戒するのはなぜでしょう。理解されない原因はなんでしょう。


似非 - 01/02/08 08:49:11
アンティクレリカリズムの影の指導者がフリーメーソンであるとかは冗談にしてもあまりここの掲示板には馴染まない発言のように思います。
逆にその社会的歴史的背景を教会が真摯に受け止めていない様に感じられてしまいます。
この様な発言は議論の相手に対して第三者の憶測を導く意図があると思われてしまうのではないでしょうか?
こうした歴史的なうわさ話を相手の背景に投影するような事柄はキリスト者として如何なものでしょうか?


ベランダのアロエ - 01/02/07 20:21:58
谷口神父様:それほど高松問題にとって重要でないCJMLの書き込みには、まめにお答えしてこのページを軽く見ているのか、回答がありませんね。
あなたのこのページをたちあげた方へのすさまじいCJMLでの攻撃はこのページでなさるべきではないでしょうか。それが、すじではないでしょうか。
よその土俵を借りないでこのページか、このページをよしとしないならば、ご自分のページに書き込み欄をもうけてそこでなさったらどうしょう。
あなたのぺーじならば何の遠慮もなく毎日かきこめるのにな〜。


遊歩 - 01/02/07 16:44:43
このボードから期待したい唯一のことは、「どんなことがあっても教区民の幸せは必ず守る」と言う司教さんの牧者としての心です。
これがあれば信者は安心してついていけますが、これがないと百万べんの理論が展開されても不毛なことです。


えふ - 01/02/06 22:26:22
長文を投稿される方へ余計なお願い。 <BR>を半角で入力して改行なされると、読みやすいです。


- 01/02/06 20:30:54
谷口神父の計略に乗ってはいけません。論点をすり替えてこちら側の切り崩しを謀っているのです。


みかん - 01/02/06 17:20:50  電子メールアドレス:bergamia@aquaphonia.net
...ちょっと疑問なのですが。日向さんは岩永神父の教会の信徒、という認識で間違いないですか? 
この解釈でお話しますが、ほんとうに日向さんをよく理解し心配されているなら、なぜ直にお気持ちを伝えられないのでしょうか。
少なくても日向さんと岩永神父は過去に直にお話をされています。
このお2人の間に他教会の谷口神父が伝書鳩のように飛び回っていることは、真意が正しく伝わらない原因になっているのではないですか? 
認識に欠けるところがあったらお詫びしますが、私が認識している高松教区、神学院の問題とこの司祭と信徒の関わりは、私には別問題と思います。
もちろん、原因は同じなのかもしれませんが、谷口神父がこうして間に入ることが、かえって私には不可解です。


- 01/02/06 12:50:39
谷口神父さん、おやめください。偽証させて、これ以上、苦しむ人をふやすのは。
あなたの言動から考慮するに、生テープを採ったとしても、あなたが誘導している可能性が大なので、信用できません。
それと、いわれのない中傷を人に加えるのは、名誉毀損になりますよ。


ベランダのアロエ - 01/02/06 07:43:28
谷口神父様: 
S教会の主任司祭をあなたが誘導して話をさせ、内容をテープにとって文字にして、CJMLに書き込むそうですが、あの会話の内容が本当にお二人のやりとりであれば、主任司祭は明らかにあなたに話してテ−プに録音され、内容を発表されるのをためらっていらっしゃいますね。そのようにしか読めません。
それにしても、録音・発表という内容は主任司祭の自発的な行為でしょうか。まず、以上の2点の回答を求めます。確実に実行してください。
拒否ならば以後CJMLを宣伝の媒体として利用することを中止してください。洪水のごとく流れてくる「求道」関連のメ−ルに、辟易しています。
ちなみに今年に入って、約750程のMLでMOが9MBになりました。CJMLを占拠している状態ですから(そのためにCJMLがあるとは思えませんし)。
つぎに、テープおこしなどと面倒なことをしないで、肉声のS教会の主任司祭のテープを頒布してください。むむろん有料で構いません。
現状ではテープおこしのものは信じられません。忠実に再生されるとも思えません。なぜならば、あなたとS教会の主任司祭しか知らない録音ですから。
生のテープであれば(いくらかは本物かどうか判るかもしれないので)、疑問点などをS教会の主任司祭に直にお尋ねできて、真偽がはっきりとして、また情報を受ける側もスッキリとすると思います。
但し、これはしてはいけないという大切な条件があります。それは決して作為をしないことです。
大変に失礼申し上げますが、今やあなたの行動や発表するものはにわかに信じがたいものがあり、自信たっぷりな誇らしげで読む側の人を軽んじた書き込みの文章は(読む度に不愉快ですが)説得力を欠いています。
また、S教会の主任司祭は、立場上しかたなくあなたたちが用意したシナリオに沿ってお話になるかも知れない(司教命令となれば受けざるをえないでしょう。カトリック教会とはそんな程度のものです)。
また、誰かが書いたシナリオをS教会の主任司祭名で発表し、神父には口封じをなされないとも限りません(実際に、そうすれば解決すると話し合っているところを聞いたことが過去に何度もある)。
司祭が信者に見せる表の顔と決してみせられない裏の顔は、信仰を捨ててしまってもいいくらいに見てきました。
「ミレニアムの虚構」、あなたの CJMLへの書込、その他の資料、他のホ−ムペ−ジ、何名かの知人の司祭の意見、それらから引き出せるものは、決してあなたの書込を、司教の文書(あえて教書とは違いますので)を肯定するものではありません。
司教の文書は立場に相応しくなく話になりませんが、あなたの文章もいろいろなものを引用されてもっともらしく構築されておりますが、詭弁を弄されている。
したがって、読む人を疑心暗鬼に陥れ何が真実なのかを探さなくてはならない。そのくらいに錯綜してしまって、見えなくなってしまっております。
あなたの MLの文章を通して読んでみると文脈に一貫性がなくどこに真意があるのか判りません。そんな人がテ−プを文章にして信じられますか。
読む側が情報を信じられるようにしていただけませんか。いまや「求道」だけの問題ではないでしょう。日本のカトリックを混乱させているのですから、自己満足でいいわけないでしょう。
信徒を神の名において導く立場にある谷口神父様、賢明な判断をなさってください。神の名を語るのであれば、語ってもよい発言や行動をとってください。
このことで、あなたはいろいろなオスミツケを「錦のみ旗」のごとく掲げて正当化を計っておりませんか。
どうか立場が弱い一般信徒、関わっている人々を苦しめることのなきよう、特に不本意な発言を強要し、いつまでもそのことを引きずる人がないようご忠告申し上げておきます。
あなたがCJMLに書き込む事において、正当化を諮ろうと、あなたのホームページにどんなに書き込もうと、また流れをかえ、何とか事態を繕おうとなさっていらっしゃいますが、真に神に自分の行動を自信を持って報告できますか。
「地獄の底は神父ばかり」という言葉をむかし聞かされ成長してきましたが、そのようなことのなきよう老婆心ながら再びご忠告申し上げます。


アサさん - 01/02/06 07:25:15  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
いたたまれないのでコメントします。谷口神父さん、お書きになる内容は司祭としての適格性を疑わせる内容ですよ。
あなたは、司祭になってまだ期間が長くないをお聞きしましたが、もう一度司祭として発言する内容かどうか吟味されたらよろしい。読んでいて、怒りを覚えます。
日向さんが新求道共同体の体質についてお書きになったことは、少なくとも大分教区には当てはまることであり、私が調べた限り他の国でも同じような分裂を生み出しています。
そのことだけは付け加えておきます。


谷口幸紀 - 01/02/05 23:28:41
ホームページアドレス:http://homepage2.nifty.com/~johntani/  電子メールアドレス:johntani@mb.infoweb.ne.jp
日向さん。 昨夜、あなたの教会、小豆島教会の主任司祭である岩永神父様が、ここ司教館(桜町教会)に泊まられました。
今朝、朝食の時「谷口神父さん、私の気持ちもう伝えてくださいましたか?」と質問されました。「まだですよ、忙しくてネ!でも今日時間を見つけて何とかしましょう。」と答えました。
約束したので、寝る前に頑張って書きます。
岩永神父さんの考えによれば、「日向さんは、新求道共同体と国際宣教神学院に対して非常な敵愾心に燃えて、あることないこと嘘を一杯ちりばめた話を作り上げて、すっかり自己陶酔に陥っている」ように思われるそうです。
また、神父様はこうも言われました。「彼女は『少しオーバー気味に言わないと、人に聞いてもらえない』といって、自分(私)の言わんことを言ったかのように書く、司教様が全然おっしゃらないことを言われたと書く。
彼女は『私は命をかけて反対する』ともいった。私は、彼女の魂はどうなってしまうのだろうと、心配でならない。彼女のために祈っています」と。
とにかく「小豆島教会についての日向さんの発信の記事には、虚偽の言葉が沢山ある。真実を知りたい人は、直接岩永神父と面談してください。インターネットでは意を尽くさない。
言葉をぶつけ合ってもきりがない。反論に反論を繰り返しても、虚偽をもとにしてはどうにもならない。直接の面談が私の願いです。司教様にもそういってください」。
それより「私のテープはもう起こしてくれましたか?」 と、ざっとこんな具合です。
ここからは私の感想ですが、日向さんや森岡さんらのやり方には、19世紀前半にフランスに発したアンティクレリカリズム(反聖職者主義)の匂いがします。
これは私だけの偏った印象でしょうか。
カトリックの司教、司祭ら聖職者の活動を阻害し、教会に多大な被害を与えた当時の反聖職者主義は、教会の一致を壊し、組織崩壊へ導く危険なものでした。
当時のアンティクレリカリズムは、フリーメーソンが影の主導者と見なされていましたたが、高松の数名の連携プレーには、どんな背景があるのか興味深いところです。 谷口幸紀拝


だーさん - 01/02/04 23:24:52  電子メールアドレス:nori@norisan.net
法的なコメント。誤解無きよう。
HPの更新部分で>「教会法や宗教法人法に違反して」とお書きになられたのであるなら、相手方から具体的な法令違反の事実の提示を求められる可能性があります。


yuuda - 01/02/04 21:23:27
taihenn desune.


だ - 01/02/04 20:04:42  電子メールアドレス:nori@norisan.net
CJMLってなーに?って人は   http://www.cjin.or.jp/~cjml/  を参考に  どなたでも制限なくメンバーになれます。


ベランダのアロエ - 01/02/04 19:23:21
谷口神父様:やっとその気になっていただき嬉しく思う者です。匿名で書き込んでいるからと言っても信徒にかわりはないわけですから心配なさらないでください。
お待ちいたしております。忌憚なくいきましょう。
それにしても、CJMLの方も書き込みが忙しく、特に最近は、深堀司教様を死亡させたり(うを打ち忘れ、いっそ頭のSをHに間違えればと言う人もいました。
お互いに心がけましょう)、文章を読み直している時間もなさそうだし、ホームページをたちあげたりで多忙な神父様、適当な書き込みはなさらないでしょうね。
やたらにこのページのオーナーに神経質になって、CJMLに書き込んでいるようですが、本来はこのページに来て、思いを書き込むべきでしょう。
このページで神父様の本当の心の内が見みたいヨ。お立場上無理でしょうが。お体を大切になさってください。
元気でないと失望される方々が沢山いらっしゃるようだし、解決しなければならないことがやまになっているでしょうから。それでは、書き込みの日を期待して。


だ - 01/02/03 23:27:06  電子メールアドレス:nori@norisan.net
まぁ、悩ましいことがいくつかあるのは想像がつきます。(まじめにね)ところでパスワードをかけたとしても、自己申告に頼るのであれば、それはちょっと難しいでしょう。
やはり専門家(弁護士が良い)のアドバイスを受けて公表できるものは公表のほうが良いのではないでしょうか。


山岸 史和 - 01/02/03 22:55:46  電子メールアドレス:fumikazu@dokidoki.ne.jp
補足しますと、教会公文書(司教教書・司教区代表役員会議事録・信徒会長会議録等々。)や、司教区統計資料等々、仏教徒・神道者には公開出来ない記事もありますので・・・。
(悪用される危険性があります!!)此の部分は、パスワード管理を掛けるか、非公開処置を取らざるを得ないでしょう・・・。


だーさん - 01/02/03 22:46:21  電子メールアドレス:nori@norisan.net
そうですか、カトリック内部の信徒以外には公開できない部分のある冊子なのですね。そんなものがカトリック教会内にあるとはまったくわかりませんでした。
いろいろとありがとうございました。


山岸 史和 - 01/02/03 22:20:00  電子メールアドレス:fumikazu@dokidoki.ne.jp
では、「ミレニアムの虚構」のインターネット版を作成してはどうですか?(松山教会でも、そのことを、個人的意見具申として、M氏には伝えています。)
仏教徒・神道者等々には公開出来ない事項は、非公開にするか、パスワード管理とするかで制限を掛ければいいのでは?


あしたに向かって - 01/02/03 21:58:32
「ミレニアムの虚構」をHPに掲載することについて、編集者の考えは、次のとおりです。
「この冊子は、カトリック教会の内部向け資料として編集・出版したものですから、教会(カトリック関係機関を含む)以外の方への配布及び閲覧は固くお断りいたします」と、いうものです。
内容が内部資料なので、現時点では公開することは適切でないということです。
編集者とも協議中ですが、増刊は、非常に費用がかかりますので、できましたら、冊子の譲り合いか、回し読みをしていただけないでしょうか。
HPの掲示板を利用してくださっても結構です。 


だーさん - 01/02/03 20:20:24  電子メールアドレス:nori@norisan.net
そうですね.... 最終的にはHP運営者の判断なのだと思います。


アサさん - 01/02/03 19:55:30  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
私は個人的には、完全にHP上で完全にオープンにした方がいいと思いますが、これはあくまでもお作りになった方のお考えを尊重すべきと思っています。
どうなんでしょう?HP上にデータファイルとして置いておけば誰でも読めるとは思います。そのあたりのご判断はいかがでしょうか?


だーさん - 01/02/03 18:41:15  電子メールアドレス:nori@norisan.net
カトリック信者に限って配布だとすればそれはお金?の問題でしょうか(一般配布は数が間に合わない)それとも、信徒以外が読むとなにか不都合なことがあるのでしょうか?
前者であれば実費を徴収すれば良いでしょうし後者ならば、このHP自体、非常に悩ましいジレンマに陥るかもしれません。


アサさん - 01/02/03 16:48:39  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
新求道共同体について理解を深めたい方は、http:// coolweb.kakiko.com/oha/をごらんになってください。
そしてhttp://dx1.kakiko.com/sonota/neo/neocate/ index.htmlにもご意見を書き込んでくださいね。新求道共同体に特化したHPです。


アサさん - 01/02/03 16:42:27  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
ミレニアムの虚構を公開できればと思いますが、中には様々な資料のコピーが含まれていますので、PDFファイルやテキストファイルにしないとオリジナルの姿を残せないのではないかと思います。
これは、原本処理の問題。もう一つは、誰にも彼にも配ると言うわけには行かないのではということ。
編者の意図を考慮すると、本編にも書かれてあるとおり、カトリック信者に限って配布するのが目的ですから、そのあたりの処理をどうするかと言うことになるでしょう。
なにか良い方法はないでしょうか?


アサさん - 01/02/03 16:10:05  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
ミレニアムの虚構を、編集された信徒の方から頂きました。
様々なところで「誹謗中傷のかたまり」のような本であるかのように言われていますが、実際にお読みになれば、感情を抑え、出きる限り教区の運営を正常化しようという信徒の心意気と誠実さが感じられます。
本当に皆さんに読ませてあげたいです。その中で本当に「誹謗中傷」的な表現を多用されているのは、むしろ上に立つお方であるのは悲しいものを感じます。
ある信徒の方が「教団」と信仰は別に考えると言われたことを思い出しました。本当に教団化したキリスト教会は寂しい・・・・。


山岸 史和 - 01/02/03 15:46:53  電子メールアドレス:fumikazu@dokidoki.ne.jp
幾人かの投稿者・反ネオ・カテ派の教会委員諸氏より、「ミレニアムの虚構」の全文をHPで公開されてはどうかとの提案があります。
M氏からも、「完売です。在庫無しです。」との連絡を貰いましたので、実施を検討するべきでしょう・・・。如何でしょうか?


だーさん - 01/02/03 11:12:11  電子メールアドレス:nori@norisan.net
ミレニアムの虚構の34ページと言われましてもそれが、すべての人に公開されていないのでちょっと難しいです。どうしたら良いのでしょうか?
できればHPにきちんと公開していただければありがたいのですが。#それが提示されなければ「証言」にはならないでしょう。


今泉洋子 - 01/02/02 21:51:06
私は小豆島のことを事の初めから今まで日向さんのそば(距離は離れていますが)で聞いてきました。ですので、これが本当にあったことだと証言します。
小豆島の主任司祭の意見は今さら、聞くまでもありません。
昨年3月20日、カトリック四国会館において、教区役員、小教区の会長20人の前で小豆島の主任司祭が話されたことが全てでしょう。
「ミレニアムの虚構」34ページからをご覧下さい。その時の要約が載っています。よく読んで考えてください。今、何が大切なことなのか。


あしたに向かって - 01/02/02 20:12:28
kurumihimeさんあなたのおっしゃることは、もっともなことだと思います。片方の意見のみを聞くだけでは、公平ではありません。
主任司祭にも意見を述べる機会があってしかるべきです。ただ、お考えいただきたいことは、主任司祭が司教総代理であるということです。
その立場で、はたしてどこまで自分の思いを率直に語れるでしょうか。主任司祭は信徒をこよなく愛してきましたが、司教を何よりも愛して大切にしてきた司祭なのです。
何を言われたとしても、そのあと一人苦しまれるに違いないと心配するのです。
なお、昨年帰天された信徒(施設入所中のため申入書に署名していなかった信徒)の葬儀については、主日の午後特別養護老人ホームのホールで入所者向けの一般葬儀が行われました。
いつもならば、午前9時から小豆島教会で主日ミサが行われるのですが、ミサはありませんでした。私たちは、申入書を取り下げなければ、葬儀は行わないと言われています。


みかん - 01/02/02 14:54:17  電子メールアドレス:bergamia@aquaphonia.net
kurumihimeさん、問題はもっと別なところにあると思うんです、私。
経過として主任司祭とのやりとりをつぶさに検証しても、その原因が何なのかわからなければ、いたずらに時間を過ごすことにもなり兼ねません。


みかん - 01/02/02 14:46:43  電子メールアドレス:bergamia@aquaphonia.net
アサさん、サイト拝見しました。1枚画像が横向きになってました(^^;  この画像にあるものは、私が今まで行ったカトリック教会では見たことがないものばかりです。
「何に使うもの?」正直な感想(^^;


アサさん - 01/02/02 13:38:45  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
そのHPのアドレスです。 http://211.9.97.245/photo/大分教会/聖週間準備/ ulthm.htm


アサさん - 01/02/02 13:38:12  電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
大分教区のHPにネオの典礼に対応できるように改装されたカテドラルの様子が紹介されています。一度ご覧ください。
全身浴洗礼用の洗礼盤などご覧ください(そのものが新求道共同体のやり方だというわけではありませんが特異です)。
その他、祭壇の形状、聖座やその周りの司祭席などいままでのカテドラルとは大きく変わってしまいました。


アサさん - 01/02/02 13:27:20 電子メールアドレス:ashoichi@opfri.oita-ri.go.jp
反対派で海外の新求道共同体反対派のHPを「せっせと翻訳している」と言われているアサです。
別に反対派、賛成派なんてけちくさいことは言う必要はないのではと思いますが、より真実に近い姿を見たい(もしそれが本物だ!と言うのなら)気持ちだけです。
もしかしたら私の目が曇っているのかもしれないから。そう思って海外のHPを読んで、情報を集めてみると、私が感じた疑問がことごとく解消しました。
情報は広く集めるべきだと痛感しました。小豆島問題だけを見ると「信徒と司祭の行き違い」と、新求道共同体を知らない、経験したことのない方は、思うでしょう。
しかし、新求道共同体だから起こるべくして起こったといえる問題でもあります。
その意味で、前に紹介したHPやこのHPに紹介してある情報、それに高松教区の谷口師のHPをよく読んで、新求道共同体運動に対する自らの判断をお持ちになると良いと思います。その上で神学院問題、小豆島事件について考えてみると何かが見えてきますよ、きっと。


プーサン - 01/02/02 12:44:29
kurumihimeさん、よく考えてみてください。 葬儀ミサに焦点をあわせるのは、なによりも、亡くなられた方の遺族の気持ちを傷つけるものだと思いませんか?
良識のあるキリスト者であるなら、その話題は避けるべきでしょう?そのことを考慮せず、問題にしようとするT神父の無神経さが責められるべきことではないでしょうか?
おまけにT神父は、日向さんのメールを本人の了解も得ずに外部にFAXするなど、著作権を侵害しました。反社会的行為です。ネチケットに反することは言うまでもありません。
そうやって、I神父さまの証言を得たところで、そもそもが違法行為の上に成り立っているのですから、何の効力も持ち得ないのでは?


醤油豆 - 01/02/02 11:34:41
だーさん、1/30のコメントへ、怒りまかせに書いてしまってとっても後悔しています。やっぱりカトリックから離れられないですね。
キリストに一致さえしていればいいのなら何も知らない派に行く必要はないですね。私が洗礼受けたのはカトリックこそ本当の宗教と思ったからです。
ロザリオくってて“イケナイッ”と。私のあとから授洗した家族や友人達に対してもそんな節操のないことしてはいけないですね。何とか努力をつづけます。
山岸さんのコメントの中に、教区の破産の危機…とありますが宗教法人が破産した場合、あとの処理等はどうするのでしょう?
笑われるでしょうが、責任者への追及とか再建のための見直し改善とか当然あるでしょうね。アサさん、みかんさん、何時も本当にありがとうございます。
いろいろと参考にさせていただいています。
kurumihime様:小豆島のお話しは事実です。島の信者さんに直接お聞きになれば。
神父様のお話しなら偽りがあっても信じられるが一介の信者である者の話しは事実でも信じられませんか!
みんな忙しいし、おとなしいし、臆病だしインターネットなんてしてませんよ。


kurumihime - 01/02/02 07:36:05
ひとつわからないのは、テープにとったあなたの主任司祭のコメントを公表してほしくないとT神父さんにMLで願われたことです。
葬儀のミサをしてもらえなかったり、聖体拝領を拒まれているとおっしゃるなら、公平を期するために主任司祭の生の声は必要だと思うのです。
主任司祭の健康悪化を懸念されて主任司祭を巻き込みたくないとおっしゃいますが、むしろ不都合な事情がおありで隠したいのではないかと疑われても仕方がないのではないですか。小豆島のお話が事実だとおっしゃるのがあなたのコメントしか証言するものがないなんて、どうも変だと思うのですが、どうお考えでしょうか。


みかん - 01/02/01 17:27:29 電子メールアドレス:bergamia@aquaphonia.net
KENJIさん、はじめまして。URLありがとうございました。そか、社名じゃなくて書籍名が変わったのですね。失礼しました(///)   
取りあえず転載許可願いのメールを出してみました。


KENJI - 01/02/01 09:35:14 ホームページアドレス:http://fp.freepress.co.jp/
フリープレスのHPここにあります。東松山のピザ屋にも、PACEが置いてあります。


みかん - 01/02/01 03:16:35 電子メールアドレス:bergamia@aquaphonia.net
すご〜く前の投稿のレスです(^^;  12/8の部分でフリープレス社のPACEのことが出ていましたが、私の手元にあります。
高松教区のことも数号にわたって書かれていました。もし必要な方があったら、転載許可取りますが。
ただ、ここは社名も変更され(もしかしたら合併?)フリープレス社そのものがないのかもしれません。こういう場合の転載許可ってどうしたらいいのかな?


1/21-31   HOME   2/11-20