女将の温泉日記


日々の湯巡り編  高尾・オフミレポート編  栃木県から行くお薦め旅館編 大型連休真っ只中の東北湯巡り編  上州湯巡キャンプり編

上州湯巡りキャンプ編
(梅雨はやっぱりキャンプでしょ?)

6月23日(土)
以前から野天の温泉付きのところでキャンプをしたいと思って
いたのだけど 夏は暑いし 冬は道路凍結という事で梅雨の
キャンプとなりました。

群馬県 四万温泉「湯の泉」で初めての温泉付きのキャンプです。
群馬まではTakeさんに運転して貰って行くことになったので方向音痴
としてはとっても大助かりでした。
途中道に迷うこともなく土地勘の良いTakeさんに感謝です。
3時間程で湯の泉に到着しました。                (画像 湯の泉)→

前回のオフミの時に栃木に来てくれた菅谷さん Hirosiさん すぱきちさん
と一年振りのご対面でした。

今回湯の泉キャンプを招待してくれた七たぬきさんと居合わせた
キャンプ仲間7〜8人の皆さんにご挨拶!
七たぬきさんはこの温泉の管理人さんと言ってもいいくらいこの温泉に
ゾッコンで何時もお掃除をしたりと綺麗に管理して下さっています。

見渡すと・・・うっ いない イナイ 女性は私一人だっっっ(^^;
少し衝撃があったのですが、まずはビールを飲んで第一関門突破でした。
皆さんが食事中に「湯の泉」を一人での〜んびりと堪能しました。ホッー(^_^)

次の日は朝もやの中で朝風呂を浴びてテントで一休みしていると雨が大分
降って来ました。
ヤッパリ前回に引き続きS氏の「雨男」ではなくて「大雨男」の力衰えずという事で
七たぬきさんに寄ると年に4〜5回あるかどうかと言う大雨の中の湯巡りとなり
ました。

一湯目は川原湯温泉です。ここの温泉街はダムに沈んでしまう温泉という事で
街はゴーストタウンって言う雰囲気の町でした。
「聖天様の露天風呂」はズバリ女性にはハードル100個くらい乗り越え
ないと入れませーん!
今までで一番のハードルが「むじなの湯」でしたが 今回はそれを上回った
のでしたドッキ!!!

湯船の目の前が 目の前ですよ、そこが目隠しナシの脱衣所(^^ゞ
しかも既に浴槽には男性4人女性1人が入っていました。
でも チョッと安心!女性がいましたのでチャチャっと脱いでチャチャと
掛け湯して・・・・
とてもシッカリ掛け湯なんで出来まんデシタ。

お湯は硫黄臭のする透明な成分タップリ感の温泉でしたが又これがとっても熱い!
こうなるとジッと入る事も出来ず・・・益々WOW〜♪
出る頃は・・・何とかハードルも乗り越え順応の早い女将でした(^_^)!
もぉーこういう温泉をクリアーしたら怖いもんナシですね。

二つ目のお風呂はジモセンのお風呂で「天狗の湯」でした。ここは仮の
温泉で又新しくなるそうですが仮にしては立派です。
今回は地元組みと一緒だったので入る事が出来ましたのでラッキー!
ここはお湯の温度もぬる〜くて硫黄臭のする掛け流しの鄙びた
とっても良い温泉でした。
新しい感じの温泉でしたが浴槽は味わいのある温泉で    〈画像は天狗の湯) by take→
内湯だけですがzehi又行ってみたい温泉ですがジモセンだから
飛び込みは無理。。。。鴨

お風呂を出た頃には雨も上がったのでお昼を食べにキャンプ場に
戻ってテントを撤収したり、後片付けをして「湯の泉」を去りました
次回来るとしたら雪の頃に来てみたいと思いました・・・だってヒルが
猛発生ですヨ
ちなみにすぱきちさん&七たぬきさんはヒルさんの歓迎を受けました。
私は手のひらには付いたけど間一髪で摘んでポイでしたが朝起きたら
毛布にヒルさんが付いていたのでしたーーーーー怖っ

その後四万温泉に新しく出来た露天に入りに行ったのですが広い露天
には誰もいなくてその上ナント女性用の脱衣所があったのでこれは
女性の皆さんにお薦めです。>但し対岸から露天は見えますが・・・
露天も画像の様に囲いがあるので比較的入りやすい混浴露天だと
思います。この気配りに四万温泉観光協会に感謝ですネ

この露天は温度が熱い露天とぬるい露天の4個の露天からなっていて
熱い露天に入ったりお好みで温度が選ぶことができるのが嬉しいですね。
以上4湯濃い目の群馬の湯巡りを充分に堪能しました。         〈画像は 四万の露天)→
帰りもTakeさんの運転だったので帰りは寄り道して「水沢うどん&日本酒」
での極楽の帰路となりました。


今回は皆さん色々とお世話様でした〜♪
又 楽しい湯巡りをしましょうね。

 【ほーむ】 【のほほん掲示板】【日帰り&立ち寄りの温泉