< 武闘の系譜 >
Ver. 2.00  平成13年12月31日 追記部分は青字

大正11年
日本共産党がスターリン率いる国際共産党(コミンテルン)の日本支部として発足。昭和6年8.22『赤旗』には「『赤旗』はコミンテルンの『7月テーゼ』の理論的実践的遂行をその最重要任務とした。『赤旗』は最初からコミンテルンの指導を日本に具体化するという意義を有していた」とその傀儡である立場を明確に記述している。
革命に成功したソ連はブルジョアの千万人単位の虐殺、政敵の強制収容所での思想改造、やがては対外侵略を開始し、世界革命というソ連の大植民地帝国主義の傀儡、「第五列」の役割を日本共産党に負わせたのである。
当時の日本の国民、政府が日本共産党を恐れ、警戒したのもむべなる哉である。

昭和初期には左翼分子の武器使用による警察官傷害事件多発。
立花隆 日本共産党の研究 講談社文庫−1 p358 第8章 ”武装共産党”の時代
のp394 に詳しい。

昭和7年10.6(木)
大森・赤色ギャング事件
午後四時ごろ、バーバリのコート、眼鏡をそろって着用した日本共産党
家屋資金局の3人組の男が川崎第百銀行大森支店へ押し入り、現金三万一千七百円を強奪。

昭和9年1月15日(月)
赤色リンチ事件
宮本顕治による共産党内部でのスパイ疑惑から殺害に至った事件の発覚。
民家の床下より遺体発見。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
昭和20年12月26日 富坂署襲撃事件
 十二月二十六日とニ十九日の両日、同じ場所の小石川区、現文京区内 駕籠町の路上で、けん銃強盗事件が連続して発生。警視庁捜査一課と富坂署が合同捜査をし、都下三鷹町の朝鮮人三名を容疑者として逮捕、富坂署に留置した。  明けて、翌年一月三日、トラック三台に分乗した朝辞人約80名が同署に乗りつけ「朝群人を留置するとはけしからん、即時釈放しろ」と要求、署内に乱入し、電話室を占拠して外部との通信連絡を断ったうえ、いす、こん棒などをふるって署員に襲いかかり、ついに留置中の朝鮮人を奪取して逃走した。 警視庁は直ちに犯人捜査に当たったが、第三国人に対する捜査権の不明確さから不徹底なものになり、捜査員を歯軋りさせただけで終わった。  講和条約発効までの限られた期間ではあったが、これら第三国人に対しては、日本の裁判権行使もあいまいだったところから、彼らのー部には、治外法権があるかのような優越感を抱かせ、社会の混乱に乗じて徒党を組み、統制物資のヤミ売買、強・窃盗、土地建物の不法占拠などの不法行為をほしいままにし、戦後の混乱を拡大した。 この事件富坂署襲撃事件は、第三国人にさらに不当な自信を持たせる結果となり、「警察何するものぞ」とする不正行為を続発させることになったのである。

昭和21年12月20日首相官邸乱入事件
 昭和21年になると、在日朝洋人らが「生活権擁護委員会」を結成し、生活物資の”優先”配給を要求して、全国各地で関係機関に対する波状的集団筋争をはじめた。そして12月20日には、全国からー万人を東京に集め、皇居前広場で全国大会を開催した。名目は在日朝鮮人の生活権擁護だが、「吉田内閣は日本の敵だ」といったプラカ−ドでも明らかなように、倒閣運動にも鉾先を向けて気勢をあげた。  大会は午後一時ごろ閉会したが、一行のうち約二千人は朝鮮民主青年同盟荒川支部を先頭に、デモ行進に移り、首相官邸付近で突然、警戒線を突破し、邸内に乱入した。彼らはプラカードをふるって警戒員に襲いかかり、投石し、手のつけられない状態となった。米軍憲兵隊の協力でようやく邸外に押し出したが、この騒ぎで警官二十三人が負傷、けん銃二丁が奪われた。  この事件で警視庁は十名を逮捕し、米軍東京憲兵司令部に身柄を引き渡した。同米軍憲兵司令部は「右の十名は約一万人の群集とともに暴動を起こし、暴力と武器を持って、非合法または暴動的行動をした。そして狂暴かつ激烈な方法によって混乱を起こし、日本政府の財産たる首相官邸に侵入して警視庁警察官を襲撃して、麹町区民を恐怖と混乱の中に陥れたことは占領目的の違反行為である」として起訴し、第8軍の軍事裁判に付し、同年12月26日、朝鮮人生活権擁護委員会李委員長ら全員に、重労働五年などの刑を言い渡した。

昭和24年6月30日(水)
福島県平警察署占拠事件
米飯不正受配で温情処置を取った熊谷巡査を「不正を行った」
と日共が逆宣伝し、自殺に追い込む。父親の自殺後にも、残された
小学2年生の子供がいる自宅に日共党員が押し掛けた。

昭和26年10月16日(火)
第五回全国協議会で新綱領採択
革命を達するには暴力しかない、とする武闘闘争の正当化。
原文はスターリンが執筆といわれた。
27年2月に蒲田にて火炎瓶が投げられたのがこの綱領を
受けての最初の火炎瓶武力闘争の模様。

昭和26年12月26日(水)
練馬署旭町駐在所勤務伊(印)藤巡査(当時32歳)殺害事件
O製紙労組員を暴行傷害事件で逮捕後、ビラ貼り、駐在所
押し掛けなどの嫌がらせが続いていた。
ビラには「伊藤今に引導を渡すぞ O労組」など書かれていた。
26日深夜「O製紙先の路上に人が倒れている」との通報で
出かけたまま行方不明。翌朝撲殺死体で発見さる。
拳銃も奪われる。あとには夫人と3歳と1歳の幼児が残された。

昭和26年12月末〜昭和27年1月27日(火) 小河内山村工作隊事件 日共が中共にならい「農村解放区」を設定しようとしたものが「山村工作隊」である。都内では小河内山村工作隊が最も活発であった。 約30人が通称「金城飯場」等に無断で侵入し、此処を拠点とし機関紙活動等で村民の不平不満をあおり日共の浸透工作を行うと共に村長、警官等にたいして執拗な嫌がらせを繰り返しながら立木の盗伐、不法占拠、つるし上げの不法行為の限りを尽くした。

昭和27年1月21日(月)
白鳥事件
札幌市南6条の通りで、日共党員が、中央署の白鳥警備課長を射殺。
それまでに、自宅に数百通の脅迫状が来ていた。日共札幌委員名の
「みよ、ついに天ちゅう下さる。(ママ)」のビラが市内に撒かれた。

昭和27年1月24日(木)
韓、日本の固有領土である竹島への侵略;
韓国大統領 李 による「李承晩ライン」宣言。

昭和27年2月3日(日)
長野県南佐久郡田口村で、無灯火自転車に乗った日共の一団が5人の
警官に暴行を加えピストルを強奪。逃げ遅れた日共地区委員をその場で
逮捕。

昭和27年2月20日(水)
東大ポポロ事件
劇団ポポロ主催の「多喜二祭」のさなか、学生が本富士署の3巡査を暴行、
警察手帳を強奪。これを契機に、大学自治とその限界について大論争。

昭和27年2月21日(木)
蒲田署警官襲撃事件
 日共が「反植民地闘争デー」を期して軍事方針に基づき行動した集団暴行事件。午後5時すぎ、大田区糀谷の電業社付近に約70人が集まり、不穏な状況に対し蒲田署K巡査が職質したところ、「この野郎、人民の敵だ、殺してしまえ」と襲いかかり暴行、手錠をかけ拳銃を強奪した。その後250人位に増えた暴徒は、2隊に分かれ無届けデモを行った。目つぶし、投石、派出所を襲撃破壊した。

昭和27年2月23日(土)
京都税務署を日本共産党員が襲撃。

昭和27年2月28日(土)
荒川署を日本共産党員が襲撃。

昭和27年3月16日(月)
鶴見、川崎税務署火炎瓶襲撃事件。

昭和27年3月20日(木)
京都の派出所を日本共産党員が襲撃。

昭和27年3月28日(金)
一連の日本共産党が引き起こした暴力革命闘争に対応するため
「破壊活動防止法」案の綱領を発表。
 同年、7月21日公布、即日施行
 彼らがオームに対しての破防法適用に反対する理由は
 未だに、自分達自身の暴力闘争ポテンシャルを否定していない
 ところに存する。

昭和27年4月6日(日)
武蔵野署火炎瓶事件

昭和27年4月17日(木)
池上署矢口交番襲撃事件

昭和27年4月20日(日)
東大構内巡査暴行事件

昭和27年5月1日(木)
第23回メーデー(血のメーデー)
東京で暴動化。デモ隊が警察隊と乱闘。「実力を持って皇居前広場に入ろう」
と叫ぶ都学連主力の約2000人が日比谷交差点で警官隊と衝突した後、皇居前に
なだれ込む。更に旧朝連系朝鮮人や労務者の極左分子を加え約5000名となる。
投石、棍棒、竹槍にて警官隊と乱闘。自動車13台などに放火29台が大小破、
暴徒側に死者1名。

昭和27年5月8日(木)
早大構内巡査暴行事件

昭和27年5月30日(金)
5.30記念日
各地で集団暴行、全国で44件。板橋署岩之坂上派出所に労働歌を歌いながら
棍棒、硫酸瓶、投石などで、なだれ込んだ朝鮮人、労働者、学生風の暴徒約300人。
現場より短刀、カーバイト入りラムネ瓶2本棍棒など50数本などを押収。
警官発砲他により3名暴徒側死亡。
新宿駅前広場、交番、で警官100人負傷 火炎瓶使用さる。

昭和27年5月13日(火)
広島地裁で傍聴席の朝鮮人150人が被告を奪取し逃亡させる。


昭和27年5月17日(土)
栃木県那須郡金田村村役場事件
日共党員らにより三月以来、人糞の投げ込み、集団脅迫、傷害が続いていたが村役場での会議中20名あまりの日共党員が乱入、「山林解放を妨害しているのはキサマか!」「この野郎ふてえ野郎だ、ぶん殴れ!」「ひきずりだせ」など罵声、鎌や鉈をもって迫った。駐在所の警察官にはさらに執拗に、妻や子にまでも行われた。妻の「私が家を離れ(実家に帰っては)共産党に負けたことになるから、死んでも家からは出ていきません」との一言がこの駐在警察官を支えたそうである。

昭和27年6月2日(月)
大分県菅生で交番が爆破される。4日襲撃首謀者逮捕。

昭和27年6月9日(月)
長野地裁松本支部公廷で朝鮮人被告らが暴れ、検事に椅子を投げる。

昭和27年6月10日(火)
京都で朝鮮人50人が警官隊と衝突、パトロール車に火炎瓶投入、
警官ら火傷。

昭和27年6月25日(水)
朝鮮動乱2周年記念集会、前夜祭のデモ隊”人民電車”を動かし
吹田で警官隊と大乱闘。<吹田事件>
阪神国道で乗用車の米軍将官火負傷。
新宿歌舞伎町国際平和記念大会後、デモ隊2500新宿前で警官隊4000
と乱闘衝突。東口広場は”火炎瓶広場”と化した。<新宿事件>

新宿騒乱の様子、北朝鮮旗が見える。当時の日共と朝鮮系(当時、第三国人と優越感をもって自称した。)との共闘状況が分かる。
「映像でつづる昭和の記録14」 NHKサービスセンター より


竹槍、石、火炎瓶が飛び交うデモ対策として大阪警視庁は東京での
木製盾から一歩進んだジュラルミン盾を作成。

昭和27年6月28日(土)
東芝府中工場火炎瓶事件

昭和27年7月4日(金)
破防法案は衆院本会議で可決成立

昭和27年7月7日(月)
名古屋大須球場で訪ソ・中視察報告大会後デモ隊火炎瓶で警官隊と
衝突、路上車放火 121人検挙。<大須事件>

昭和27年7月12日(土) 警視庁が日共の不穏行動に備え、夜から一斉に非常警戒態勢に入る。

昭和27年7月16日(水)
都下恩方村山村事件
前村長宅に数名の”山村工作隊”の男が表門のくぐり戸をぶちこわして侵入、風呂場のガラス戸15枚、玄関脇十畳間の雨戸五枚を破壊しこぶし大の石を投石。付近の電柱塀には「山はおれたちのものだ。○○から山林を取り上げてみんなのものにしよう」と書いたビラ二十枚ぐらいが貼られていた。 (○○は前村長の本名)


昭和27年7月21日(月)
破防法公布施行。公安調査庁発足。

昭和27年7月30日(水)
山梨県曙村山村地主襲撃事件。就寝中の小中学生3人を含む家族を竹槍で突き刺す。
3人は血の海の中に息も絶え絶えになって横たわっているところを駆けつけた警官に
救われた。

昭和27年8月6日(水)
都下町田町の朝鮮人集落とマーケットより、時限爆弾製造法等が書かれた
日共秘密文書「料理献立表」など押収、金森駐在所投石事件などの有力証拠
を得た。日共党員の容疑者8人(7/31、8/4合計)を逮捕

昭和27年8月7日(木)
横川元商工大臣が埼玉県河村で襲撃され重傷。日共党員の容疑者3人を逮捕

昭和27年10月19日(金)  東京地裁のメーデー事件公判で傍聴者らが騒乱し開廷不能。

昭和28年2月4日(金) 漁船第1大邦丸韓国警備艇により捕獲、機関長射殺さる。
当時の大統領李は「李ライン内の出漁は敵対行動と見る。」と声明

昭和28年2月16日(月)
小岩派出所侵入事件

昭和28年2月16日(月)
ソ連機2機北海道領空侵犯。米軍機により撃墜。

昭和28年2月19日(木)
バス車掌自殺
日共党員I子は恋仲の運転手を党活動に引き込んだが後悔、党活動にも 情熱を失い批判を受けたことなどから睡眠薬自殺。

昭和28年3月3日(火)
警察爆破の陰謀発覚 日共党員3人を検挙。
岡谷市署川岸村の旧防空壕に隠してあったダイナマイト50本、導火線10mなどを押収した。

昭和28年3月5日
 スターリン死亡

昭和28年5月17日
舞鶴引き揚げ援護局不法監禁事件
第三次中共帰還の際、舞鶴で援護局女子職員をスパイだとして吊し上げ、軟禁した。
 後に日共党員国民救援会事務局長小松勝子と都立大教授在華同胞帰国協力会総務局長阿部行蔵を検挙。

昭和28年7月6日
 前年7月火炎瓶を持って通行中の男子学生が爆発物取締罰則違反現行犯で 逮捕されたが東京地裁にて火炎瓶は爆発物ではないとして無罪。広島、名古屋に続いて。
広島の事件は前年4月29日安佐郡古市町巡査派出所に火炎瓶4本を投げ込んだ4人の朝鮮人が爆発物取締罰則に問われていたもの。

昭和28年8月9日
 ソ連スパイ船捕らう
 保安庁巡視船宗谷沖で。4人のソ連人を不法入国の疑いで慎重取り調べ。
去る8月2日為替管理令違反での逮捕者関某は樺太のスパイ訓練所で訓練され 密航してきた。今回の船は関を迎えに来たもの。6部の暗号解読書所持。

昭和28年8月23日
 大阪日本出版販売会社労組員、自称日共党員リンチ事件手入れで警視庁150人 の機動隊と労組員大乱闘、28人検挙。

昭和28年11月5日
高萩炭鉱所長宅爆破事件

昭和28年11月8日
 夜東シナ海に20隻以上の中共怪船団、日本漁船に猛烈な機関銃撃 水産庁生産部長談;「従来もしばしばあったことだが我々にはそうした危険を防ぐだけの力を持たないのでどうしようもない。」

昭和28年11月11日
京都荒神橋事件
学生を含む800人が不法デモ。中立売署県警本部等に投石、窓ガラス破壊の乱暴狼藉。 警官隊により鎮圧。警官7人学生4人が負傷。

昭和28年11月12日
 新潟県で講演内容が気にくわないと県教組(日教組)が文部常任専門員を吊し上げる事件発生。

昭和28年11月12日
日鋼・赤羽争議事件
中立労組員第2組合員とピケを張って就業を阻む第1組合員との間で乱闘。就業希望者側の女性(21)ら7人に重軽傷。

昭和28年11月12日
 研究室占領して暴行。元東大助教授捕まる。日共千葉県委員、日本平和擁護県委員常任理事。研究室をアジトとして活発な活動をしていたがレッドパージとなったが居座り。生産技術研究所の職員に殴打暴行を加えた。

昭和28年11月21日(土)
 日共本部(アカハタ編集局)など19カ所全国一斉手入れ
出入国管理令違反。ルーマニアのブカレストで開かれた「第4回世界青年学生平和友好祭」への不法出国容疑で16人の逮捕状を取った。
容疑者が遁走したため、このとき1人も逮捕できなかった。


昭和29年1月24日
ラストボロフ亡命事件
(以降、砂川事件、トラック部隊事件などあいつぐ)


昭和29年1月20日
朝鮮戦争での共産軍捕虜中北朝鮮に送還されることを望まぬ「反共捕虜」約二万人が国連軍に引き渡された。一方、1月28日「親共捕虜」347人(米兵21、英兵1、韓兵325人が共産側に引き取られた。


昭和29年4月3日
東京地検は全学連中執1人東大学生自治会元中執委員長らを不法監禁罪で起訴。短大生をスパイの疑いで監禁したとの内容。


 縷々述べてきた これら日本共産党の凶暴残忍性には当時の国民も不安と反感を覚え、昭和24年の総選挙で300万票34席の当選を出したものの、27年10月の総選挙ではわずか89万票で全員落選という当然のざまとなった。
 しかし、欺瞞的策術と言葉のすり替えに長けた日共は30年1月1日の「アカハタ」には「党の統一とすべての民主勢力と団結」という人騙しの文書をでっちあげ、これまでの自己の行ってきた「極左冒険主義」に対する厚顔無恥そのものの「自己批判」と、取り繕いだけの党組織の再統一の方向を打ち出すような偽善的振る舞いを取るようになった。畢竟、今日取られているような 平和革命路線 、ソフトスマイル戦術も暴力革命のための単なる表層的、打算功利的戦術にすぎず、決してその本質ではない。
 昭和30年六全協決議「党活動の総括と当面の任務」にあるように、合法活動と非合法活動とのいずれに重点を置くかは「情勢と階級の力関係」によってきまると見ているのである。革命情勢が来たと日共が判断すれば暴力革命を行うのである。日共は国会を「国会を反動支配の機関」(日本共産党綱領1994年7月23日 一部改定より)と規定し、
昭和37年3月号「議会と自治体」にあるとおり、”ブルジョア選挙、ブルジョア議会。これを活用し運用して、われわれはこれを終局的に破壊しようとしている。”とか
同4月号”我が党は、革命の党であるから国会に議席を得ることを目的の全てとしているのではない”というように「衣の下の鎧、刀、鉄砲」を見せているのである。
これらは現在も取り消されては居ない。何が「我が党わぁ−平和を愛しぃ、結党以来平和一筋でぇす−」なものか。莫迦と嘘とキチガイ沙汰から来る内乱と内戦は金輪際やめにして欲しい。



コラム

1.<「お嬢さん」あるいは「ハウスキーパー」 というとんでもない陋習>
大井廣介 独裁的民主主義−スターリン帝政の模型 インタープレス刊 1976p200 よりの引用。
 お嬢さんとは所謂ハウス・キーパーだ。ハウス・キーパーとは何か。党乃至党幹部 の闘争を憧憬する若い女子と同居して夫婦のように偽装する。連絡や見張りなどに 使い、炊事もやってくれるから、非合法で地下に身をひそめている本人が雑用で出 歩かなくて済む。其処まではいいが、セックスのはけ場にする。小林多喜二が『党 生活者』でその合理化を試み失敗し、彼の作品で唯一の後味のわるいものになった。 小畑事件をみれば大泉、秋笹、木島がハウス・キーパーをもっている。ハウス・キ ーパーとそいとげた実例をしらぬ。革命家にはセックスのはけ場が許される特権が あるのか。女性蔑視としかいいようがない。大泉がスパイだったというので、熊沢 光子が愛着と憎悪から獄中で縊死したのや、岩田義道が妻子を捨ててハウス・キー パーを正式の妻にしようとしたのは稀有の例外だ。椎名悦郎が代々木を去る時、 『朝日』の記者に「みんなやっていることだ」と語ったのはこの陋習を指していた のだと、思いあたる。
「みんな」と言っています。このような歴史の事実はどう精算されるのでしょうか

2.<「トラック部隊」とよばれる日共の詐欺横領企業倒産乗っ取り機関
 昭和25年のレッド・ハージによって,ぼう大な数にのぼる日共党員が 追放された,党の組織と財政に致命的な大打撃を受け、また,同年1月 のコミンフォルムの日共指導者批判は,党内に混乱と動揺を与えた。 このような背景のもとに日共組織は,表裏のニ重組織となり,指導部 は地下にもぐった。そして,元文化部長大村英之助を隊長とする
"資金収奪を目的"とする「トラック部隊」を創設した。
これは企業会社を拠点として,中小企業を相手に資金を収奪し,党組織の維持 温存を図るために行われたものである。企業グループ常任指導機関をつ くり,組織的計画的に実施され,詐欺,横領,特別背任等の不法手段に より企業の乗取り,計画倒産等を行ったものである。
 このように弱いものいじめ、嘘は付き放題、貪欲かつ冷酷極まりない彼 らの本性を露骨極まりなくむき出しにして簒奪を繰り返していたのです。

3.<球根栽培法
 「日本共産党当面の要求」と題する51年テーゼによって、軍事方針武装行動化を打ち出し、「われわれは武装の準備と行動を開始しなければならない」として軍事組織の中核である「中核自衛隊」の組織と戦術を記した秘密文書「球根栽培法」を作成した。「敵を倒す手段が必要である。この手段は、われわれが軍事組織を作り、武装し、行動する以外にない。軍事組織は、この武装行動のための組織である。」と主張している。
 軍事委員会を設け下部組織として「中核自衛隊」「遊撃行動隊」を全国的に組織、暴力的破壊活動を行ったのである。

4.<栄養分析法
 10月同時期、「栄養分析法」と題し、武器の製造方法を記した本を「厚生省衛生試験所」名で発行。時限爆弾、ラムネ弾、火炎手榴弾、タイヤパンク器、速燃紙などの具体的製造方法を解説。

5.<中核自衛隊
 27年10月の総選挙での全員落選という国民の良識的裁断を受け、合法面での後退は余儀なくされたものの、却って非合法面で組織を強化した。それは思想的「妖怪」ではなく本物の妖怪が地下に潜ったのである。「中核自衛隊」がそれである。昭和26年10月の五全協において革命を完遂するには武装闘争しかないと割り切って以来、地下のこの軍事組織を作り上げたのである。この「中核自衛隊」は現在の新左翼に分類される革命的共産主義者同盟全国委員会−−中核派とは別で、もちろん自衛隊とも何の関係のない、日本共産党としての軍隊、便衣隊である。
 その軍の兵となる時の「中核自衛隊誓約書」を抄録しよう。
1.勇敢に大胆に行動し、組織に存在中その行動を厳に秘匿し、命令に無条件に従う。
1.敵の手によって一命を失う場合に直面しても、敵に助命を乞わず、同志を裏切らず、名誉をもって死ぬ。
1.万一、悪意又は怯懦のため自己の誓約を破ることが有ればその罪をして軽蔑と同志の手によって死を与えよ。
 びっくり、いったい何人殺されたのでしょうか。
東京都ビューローだけでも都内が6ブロックに分かれ、さらに、その下部組織は地区、細胞となっていて27年12月時点で80カ所以上、更に3倍に増加計画が示されているとされている。


**************************************************************
ちなみに、現在まで使用している文献は
1.昭和史全記録 毎日新聞社
2.戦後史開封 昭和20年代編 扶桑社文庫
3.あの日、何があったか? 戦前編、及び1 ランダム出版
4.戦後風俗史 戸川猪佐武著 雪華社
5.日共リンチ殺人事件 松本明重編 恒友出版
6.「文芸春秋」にみる昭和史−2
7.日本共産党「政権参加」近し 改訂増補版 世界日報社
8.日本共産党の65年 日本共産党中央委員会
9. 新日本共産党宣言の正しい読み方 世界日報社 H11.10.29
10.雑誌全貌 復刻版 第2巻 日本共産党暴力と党史偽造の証明
11. 朝日新聞記者の証言5−−戦後混乱期の目撃者 菅野長吉著 朝日ソノラマ刊昭和56.8.20
ほか、です。