■北海道・いんちき釣師の釣日記・平成20年9月分■

直線上に配置
平成20年度・いんちき釣師の釣日記
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度

9月14日(日曜日) 【石狩湾新港・東防波堤】 晴れ
 ご無沙汰いたしておりました。 ぎりぎり生きている“いんちき釣師”です。 自分でHPを見て7・8月と釣りに行っていないことを知ってびっくりしてるところです。 んで気が付けば既に秋・・・。 天気の良い日曜日に急に思い立って石狩へと行ってきました。
 昼食を済ませて、エサなんかも買い込み、石狩へと向かう。「天気の良い日曜日」が石狩湾新港へどういった効果を及ぼすかすら忘れてしまっている“いんちき釣師”。 どこの埠頭もびっちりと釣り人で一杯!順繰りと釣り場を見てまわって、最後石狩川まで行ったけど入れそうにない・・・。仕方なく東防波堤の手前、船着場の向かい側で妥協。ハゼとかミニカレイ位なら少しは遊んでくれるでしょ? 投げ竿も持ってきてるけど、まぁいいや。ルアーロッドに簡単仕掛けを装着して、船道方向に少し伸びている堤防付近を探る。 テトラ周辺では子供達が穴釣りを楽しんでいて、カニなんか釣れたらむしろ喜んだりしている。反対方向、砂浜にも車がたくさん止まっていて、思い思いに去り行く海シーズンを楽しんでいる。
ちょっと水着のお姉ちゃんに、ドキドキしたりした(汗) 今回は家に2ヶ月程前にやってきたアメリカンコッカー(2歳)も連れて来てる。 函館出身なので海には慣れてるかな? いい天気で風も無く、絶好の釣り日和。 肝心の魚はっていうと、テトラ周辺でアブラコ、ガヤが釣れた。小さいけどねぇ・・。 なんだか良く分からない細長い魚も釣れたけど・・。 そういえば「さ、仕掛け作ろう」って段になって、道具箱の中に「はさみ」が無いコトに気付く。なんで? あぁ・・川行ったときにベストに移してそのままか! 車にベスト取りに戻ると、ベストごと家に置いていてるし(T_T) 仕方なくライターで焼き切る(笑) 簡単仕掛けなので、それでもなんとかなるのよね ^^; 少し移動したり、足元探ったり、テトラ側に落としてみたり・・・。
小さいながらも、久々の魚の感触を楽しんだ。 金魚みたいなサイズの仔はさすがにリリースしたけど、数匹持ち帰れそうなサイズのはキープして喰う。 貴重な蛋白源だし(笑) 4時ごろ、これからって時間ではあるけども、家で腹を減らしている猫どもも待っているので、終了。 ちらっとサビキしてる人も居たけど、釣果なしっぽい。投げ釣りに挑戦してる人にも目立った釣果はなかったっぽい。 外防波堤から外海に挑戦してる人も、勿論居たけど釣果は不明。 家に帰るとガヤを唐揚に、アブラコを味噌汁にしてくれた。 ってそれなりに美味しいけど逆っぽくない? 犬は疲れたみたいで、ぐっすりと寝てた。 まぁなんにせよ久々の釣りで楽しかった ^^ これからすぐに寒くなるので、また来たいね〜♪

9月23日(火曜日) 【苫小牧西港・南埠頭】 晴れ
 「明日は苫小牧で仕事」って天気予報を見たけど生憎の雨・・・。釣りは無理かと諦めていたけど、当日、苫小牧のお仕事先に電話した際、天気を尋ねると「風はちょっと有るけど良い天気」とのコト。 じゃぁぁちょっとでも竿出そうか! さぁ出そうか!!
 午後2時ごろ苫小牧西港に到着。確かに風は強いけど、釣りが不可って程でもない。一番近かった南埠頭に行ってみると、ぼちぼちの釣り人。車を止めて若者4人で竿を出していた釣り人に釣果を聞くとアブラコ1匹・・・。 まぁそんなトコか・・。 移動の時間ももったいないので、その場に釣座を据え、簡単仕掛けで取り合えず足元に投入。 投げ竿も先ずは1本投入。 投げ竿をセットしてルアーロッドを足元から上げ、ちょいと投げると、画像一番下の30cmアブラコ! 相当の手ごたえと、元気良く暴れるハラハラ感を楽しんで上げる。 これは思わず良い釣果になるのでは? と思ったり、いやいや最初に1発釣れて、あとは何もナシってコトも今まで散々あった・・って思い直したり ^^;
そこで投げ竿2本目投入。 1本目を見ると、風が強くてやや分かり難いけど、アタリ! あわせると相当重い! ま、直ぐにヒトデ付いてる事が分かる程度までには成長した“いんちき釣師”だ。 上げてみるとコマイ! もう釣れるのか。小さいけどね。 さらに今投入した竿にアタリ! 再びコマイ! さらに直後に再投入の1本目にアブラコ! これは良いのでは?? と期待が膨らんだけど、これでラッシュは終了(笑) なんだかアタリは出るけどねぇ・・。針を換えたりしたんだけど、タイムアップ。 投げ竿の竿先を監視しながら、ルアーロッドも出してたけど、アブラコ(小)を追加したのみ。 時間制限があって4時には終わっちゃったけど、もう少し粘りたかったなぁ・・・。 コマイが居るんならねぇ・・・。
横のサビキ釣の人には釣果なし。 苫小牧とか良いよねぇ・・・海近くて。海の側に移住したい。函館とか。 後ろ髪を朝青龍に引かれるような思いで苫小牧を後にして札幌へ帰る。 家人に「巨大アブラコ釣れた」とメール。 巨大かどうかは主観的な問題でしょ? 家人の心配は魚種やサイズではなく、生きたまま連れて帰ってくるな! ってトコだった。 家に着くと、子猫の時は釣果を必ずのぞきに来て、可愛い仕草を見せてくれた猫どもは、今はこんな感じ。 犬は調理後の料理にしか興味なし。 コマイは塩水につけて一晩干して焼いて食う。アブラコは取り合えず3枚におろして出番待ち。 先日、家人がスーパーでアブラコを買って来てムカっとした(笑) 頼んでくれればいくらでも釣ってくるのに・・・・。 いやホント。

平成20年度・いんちき釣師の釣日記
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
14年度 15年度 16年度 17年度 18年度 19年度
メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ
直線上に配置