[参考資料] 狸のひみつ

 
 
 『山海経』には「狸のよう」と表現される生き物が何種類か出てきます。
 今わたしたちがタヌキという言葉を聞くと、キツネと並んで人を化かすので有名な、あのタヌキを思い起こすでしょう。タヌキはイヌ科動物なので、「狸のよう」といわれれば無条件で犬の仲間に入れてきました。
 ところが、古代中国では「狸」がタヌキを意味するとは限らないようなのです。それどころか、中国では現在でも、「狸」という文字でタヌキ以外の動物もあらわすそうです。
 
狸豹 アジアゴールデンキャット(ネコ科)
猫狸
狸子
ベンガルヤマネコ(ネコ科)
虎狸 リビアヤマネコ(ネコ科)
狸猫 パームシベット(ジャコウネコ科)
斑狸 タイガーシベット(ジャコウネコ科)

 どうやら、「狸」という文字は、中型の肉食動物(特に山猫など野生のネコ科動物)全般を「狸」という文字であらわすようなのです。


 
 
 そういえば、これまでに取り上げた生き物の中にも、「狸のよう」と書かれているのに猫っぽい挿し絵がついているものがあります。

 
類
「狸のようで髦(たれがみ)があり... 」
天狗
天狗
「狸のようで、白い首... 」
どっちもなんだか猫っぽい。

 
 もし、狸=野生のネコ科動物だとすると、その正体も違ってきます。
 天狗のほうは、流星と一緒に落ちてくる獣ということで、特定の動物ではなく、森に住む中型の肉食獣全般を候補にあげておけばいいと思うのですが、問題はです。

 最初は、中国で古くから飼われていたという、獅子のたてがみのような毛並みの小型犬を候補にあげてみました。でも、『山海経』の時代には、獅子っぽい姿の犬種は作られていなかったかもしれないので、どうも、この説はあやしくなったのでした。
  じゃあ、山猫のようなネコ科の動物も候補にあげると……こんなのはどうでしょう?

レオポンレオポン
 これは1959年11月2〜3日に甲子園動植物園で生まれたもの。写真は保育社の「エコロン自然シリーズ 動物1・2」から取り込みました。絵にしちゃうと、まるっきりウソみたいなので(汗)
 山猫みたいな斑があって、獅子のようなたてがみのあるネコ科動物……じつはこれ、ライオンの雌とヒョウの雄から生まれた雑種です。
 自然の状態では滅多にこんな動物は生まれないので、類の正体にあげるのはずるいかもしれませんが、あまりにも『山海経』の挿し絵に似てます。
 それに、レオポンは繁殖能力がないので1代かぎりの生き物というのも気になります。レオポン同士の交尾では生まれないのに、ライオンとヒョウをかけあわせると作れるという特徴が、「自家生殖」で増えるという勘違いのもとになったのかもしれません。
 それとも、こんな雑種を見せ物にしていた人がいたとしたら、珍獣制作の企業秘密を守るために、自家生殖するんだと言ったかもしれません。

 
 たしか、ライオンとトラの雑種のことはライガーというんだったと思います(レスラーの獣神ライガーの名前はここから取ったとか)。この手の人工交雑動物の写真がないかと思って検索をかけてみたんですが見つかりませんでした。どんな姿になるんでしょうね。

 
たてがみ狸 関連項目

朏朏
[参考資料]中国の犬

 前ページへ表紙へ次ページへ