中村敦夫・青山貞一・田中康夫の提案書

中村敦夫・青山貞一・田中康夫

愛知県知事 神田眞秋 殿


               提 案 書


 愛知県下で開催予定の「2005年日本国際博覧会」(愛知万博)が、“新しき世
紀”の幕開けに相応しき万国博覧会並びに自然保護の在り方を提示し、県内・
国内のみならず全世界の心ある「市民」から幅広い共感と支持を集める、崇高
にして壮美な環境博覧会への“止揚”を成し遂げるべく、本日、神田眞秋・愛
知県知事に対し、私達は下記3項目の提案を行います。


(1)「海上の森」地区に於ける新住宅市街地開発事業(新住事業)の断念に加え、
「学術研究都市」「エコ・タウン」「森を上手く使う」等々の惹句を弄しての跡
地利用計画をも中止する。

(2)「愛知万博」のパビリオンは「愛知青少年公園」地区に一本化し、「海上の
森」地区は必要最小限のヒュッテ(山小屋)建設に留め、環境レンジャーの案
内で市民がエコ・ツーリズムを体験する場とする。

(3)大都市に近接する得難き里山を、万博閉幕後も“愛知版”白神山地や屋久島
として環境保全すべく、「海上の森」地区での新たな道路建設を断念する。

 「愛知万博」計画が上記3項目を大前提とする限り、その実現と成功に向け、
私達は協力を惜しみません。「行政」対「市民」の旧来型“二項対立”を超えた
クリエイティヴ・コンフリクト(創造的葛藤)の精神に基づく、日本で最も進
んだ画期的PI(パブリック・インヴォルヴメント)の試みが愛知の地で結実
するよう、神田眞秋知事がイニシアチヴを発揮されんことを懇望します。

                          2000年3月10日

                                中村敦夫
                                青山貞一
                                田中康夫



注:3月10日、知事に直接手渡されたもの。
  なお、青山氏によれば、
--
   私たちの基本的スタンスは、愛知万博開催を否定はしないが、実施するなら提
  案書に示す条件で行うべきことにあります。
  
   提案書の大前提は、
  
  1)海上の森における新住宅市街地開発事業をやめること,
  
  にあります。また
  
  2)海上の森における研究学園施設を含むあらゆる面的開発をしないこと、
  
  3)海上の森に計画されているすべての道路の建設をやめること,
  
  4)入場者数を大幅に削減したうえで青少年公園、科学技術交流センターなど海
    上の森の外に万博の会場を移し、海上の森は現状を保全、保存しながら、入
    場者を限定し、大都市近郊に残された里山の自然をそのまま体験できるもの
    とすること、
  
  5)青少年公園などでも、従来の形態でのパビリオン方式ではなく、青少年公園
    地区に世界中のNPO,NGOの参加をえた,21世紀に通用する博覧会と
    すること、
  
  6)さらに今後の計画立案に際しては、従来のアドバイザー,委員,とくにその
    中心になってきたメンバーを入れ替えること、
  
  7)今後の計画修正や環境アセス(及びそれに類する手続き)に際しては、NP
    O,NGOとの徹底した市民参加を徹底した情報公開のもとで行うこと
  
  など,についても要請いたしました。そして、最後に
  
  8)神田愛知県知事がご自身のイニシアティブで判断され実行されること
  
  を進言しました。
--
  とのことである。


☆出典:オリジナル。コメント部分はまことの仲間たちMLからの転載。



もどる
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/2865/souko/kogarasi.html
gishit@geocities.co.jp