tl

サルでもわかる愛知万博もんだい



更新:1999年3月24日

Ver. 4.2

by いしっと



 
 
 
 
  ―関東のある飲み屋にて、話ははじまる。 
 
 

  あいちでばんぱく?

  「愛知万博」ってしっとる? 
  あぁ、なんか聞いたことある。しかし、東京に来てもうすぐ5年だで、わかるわけないがね。
  愛知県が2005年に開こうとしとる万博なんだわ。ずいぶん前に三越の催し物会場で宣伝やっとたでしょ。それに、おととしの6月ごろ、マスコミで「愛知」に決まったって報じられとったが。
  あんましTVみーせんし。新聞読まんし。でも、どうせ勝手にやるんだろ?
  そうは言っとれんて。たとえば、つぶれた都市博みたぇーに都が「やりたゃぁー」といえばできるやつとはデカさとバカさが違うんだわ。大阪万博ってしっとる?
  おぉ、うちのおふくろが行ったことあるってこいてたぞ。えらい人だったって。
  博覧会にゃぁ一般に「地方博」と「国際博」があって、東京の「都市博」は地方博。こりゃーやりたゃぁーといえばできるやつ。「国際博」の中にゃぁ「特別博」「一般博」があって、これらは格が違う。「沖縄海洋博」「筑波科学博」「大阪花博」などが「特別博」。「大阪万博」のみが「一般博」。
  で、その大阪万博と同じ「一般博」を愛知県はやろう、ていうことやな。
  そうだな。大阪万博の時みたぇーな国家プロヂェクトとしてのイベント、とゆーわけ。
  で、まあはい決まったん?
  まぁ、待てて。経過のはなしをするから。
  (始まったら、長いんや。)
  1995年の12月までぁあ愛知県が「やりたゃぁー」「やりたゃぁー」こいてただけ。そのあと正式に「愛知万博」は国のプロヂェクトとして認められた。
  で?
  ほいで、正式に万博したゃぁって昨年の4月に立候補をしたんよ。
  立候補?
  万博の事務局(BIE)がパリにあって、事務局に2005年の万国博覧会を招致したゃー、といって届け出たわけ。対立候補がいにゃぁとそのまま日本、つまり愛知県でやることになるんだわ。
  なるほど。ワールドカップとおんなじ感じだが。対立候補はおった?
  強敵がおった。カナダのカルガリー。だでよぉ、万博条約の締結国(47ヶ国)の投票で決めることになるはずやったのが、どっこい。
  どっこいじゃんけんで決めた。ピーで勝ったとか。
  じゃなくて、投票する時の今年の6月12日になったら、81ヶ国になってたんやわ。
  なんじゃぁそりゃ。
  日本・カナダ双方が新規加盟国増やせ作戦を展開してこうなったみたい。むちゃくちゃ。
  なんや、「実弾」でも飛んだか。
  トヨ*の会長があちこち動いてたし、旅行代理店も念書をだしてたりしたし、ま、さして知るべきだが。
  結果、日本の財力が勝ったわけか。
  結果は日本52票、カナダ27票、無効1票、棄権1票で、日本の勝ち! とゆーわけ。翌日以降のなに新聞の記事にあったか忘れたけど、ある小国の関係者曰く「日本にゃぁトヨタがありゃーたけど、カナダにゃぁなかった」といってたらしいよ。
  裏でそうとう激戦だったんだが。ところで、どこから「万博」でてきたん? わし、瀬戸市に親戚いるけど万博なんていってなかったぞ。
 
 

  なぜ「万博」?
    なぜ瀬戸の「海上の森」?

  万博ということを一番最初にいいだしたのは、当時知事で前知事の鈴木礼治なんだが。1988年10月、県議会の終了後の記者会見で突如「21世紀万博」構想を発表したんだぎゃ。県議会で一言も「万博」なんてこいてないんだて。だでよ、ほんとに「突如」なわけ。
  周りの反応はよかったんか?
  翌日の朝日新聞にゃぁ「財界に打診済」とあるで、財界はさしてしるべきだが。一週間後に知事は名古屋観光ホテルに朝食会をセットして、それに名古屋鉄道・中部電力・東海銀行・JR東海・トヨタ自動車の会長と名古屋市長が参加したでょ。この地元のえらいさんとの懇談会をもって「地元合意」としたんだぎゃ。県がどっち向いて万博 やろうとしとるか分かる話やろ。
  たてまえもにゃ〜が。でも、ほんまか?
  最初の頃の県の万博パンフにはそう書いてあったし、わしの連れがいうには1995年度の南山大学の大学祭でやった講演会でも県のお役人が配った資料にそう書いとったって。
  ふーん。で、なんで「瀬戸」なん?
  それを説明すると長くなるんやけど、ま、よーするに土地やて。意味は表裏二つあって、まずおもては「場所」。始めは豊田市の八草地区を県は考えとった。1989年の元日の朝日新聞にそう載っとる。しかし、民有地がよーけで、買収できん。で、県有地が多い瀬戸がええというわけで県は方針転換。その結果県有地がある瀬戸市の南東部丘陵地、通称海上の森(かいしょのもり)にした。
  わかったようなことこくけど、ほんまかて。
  1995年6月の名古屋テレビのインタビューで瀬戸市長がそう言ってたでまず間違いないて。
  うらの意味は?
  「土地利権」。臭い臭い話。あやっすいにゆーと、鈴木前知事は、その前の前の知事の桑原氏の利権を受け継ぐ人なんだが。戦後直後から愛知県の知事は桑原氏がやあっとやって、後継者として出てきて一期だけやったのが仲谷知事。その後が鈴木前知事。全部自治省系。んで、鈴木前知事は今年の2月の知事選に出なかった。そしたら、始めて天下りじゃない人が知事になったって、新聞に載ってたらしいで。
  くび長は人が基本的に変わってにゃ〜わけか。仲谷知事はなんで一期でやめたん? 興味があるでよ。
  仲谷知事は1988年の名古屋オリンピック誘致の先頭に立ってやってきた人。結果は知っとるとおり「ソウル」になった。そのあと、自殺。
  まさか!
  「まさか」だが。一説にゃぁ鈴木知事が万博構想発表後の仲谷元知事との会談の席上、罵倒したかららしいで。
  「おみゃーができなかったことを、俺がしてみせるて」
  お見事! そしてまー一週間後自殺したらしい。「Mr.開発」氏らしい話だが。
  「俺がしてみせる」ということは、前から開発したっがってた土地で、開発できんかったわけか。
  そ。瀬戸市の猿投グリーンロードのまわりは桑原氏系の土地がたくさんある。おまけに前から開発しようしようとして、それをみこして特定の人々が買収を繰り返しとるから利権が塗り込められてる。名古屋オリンピックの時も、選手村を造るとかいっていたらしいし。名鉄や中電がやたら愛知万博に協力的なんも、万博予定地の周りにでっきゃぁー土地を持っとるとゆーなーんとなんとも単純な話。
  こにゃ〜だ実家に帰った時に、どでかいシンボルミャークつけた名鉄バスがはしっとったんは、そのせいか。
  へぇー。やっぱねえ。95年の8月3日の県主催の第5回市民シンポ(通称「森嶋シンポ」)で県誘致委員会に「なぜ「海上の森」なのか」で会場からぎょーさんつこっみがありゃーた。でも、ぜーんぜん答えれんかった。
  ま、そうだろうな。
  あー、遅れてすまん。寝坊したでょー。
  たわけ。はよこないだ貸した2000円返せ。
  たぁけたことぉ、母さんにまんだ7万2000円借金があるでよぉ。にっちもさっちもいかんで、次のバイト代入るまでまって。
  なんで、お金にゃぁの?
  バイクを事故って壊したで、あったらしーええのを買った。バイト先に行っちゃうのに絶対使う。ちょっと支払いがえらかったけど、しかたにゃ〜。
  そうか。次のバイト代までまったる。で、万博の話は?
  万博も金がかかる。95年8月以降の新聞各紙報道によりゃぁ会場建設費が1500億円。これは国と財界と愛知県で3分の1づつ。ほかに道路つくったりなんだりで全部で1兆とか1兆5千億とかいわれてる。それにプラス運営費が600億円。
  愛知県の財政は?
  えーと、昨年2月の新聞によれば、年間総予算が2兆3千億円。県の基金(=貯金)はバブルがはじけて以来、鈴木はひたすら削って使い続けて98年予算でなくなった。県債残高(=借金総額)は2兆5千億円、県民一人あたり37万円。バブル崩壊以降毎年約3000億円もの県債を発行しとる。十年前の87年では県民一人あたり14万円だったから、2.5倍以上になったがねぇ。歳入にしめる県債の割合はこの10年、だいたい1割。収入の1割がつねに借金やで。鈴木は当時言ったことが、「緊縮前進型」。とれーこといっとらんで、毎日新聞みたいに「火の車」と言うべきだが。
  税収が増えりゃぁええ、な。
  バブルがはじけたんやから、ほりゃーにゃ〜やろ。あいかわらず不景気だし。
  国が出してくれるで、たぶん。
  日本全体が大変やからほりゃーむりや。中京大学の河宮信郎先生によりゃぁ、96年度の国全体(国・地方自治体・財政投融資)の収入は173兆円になるらしい。そのうちの45%(78兆円)を借金でになっとるとゆーデタラメ状態。じゃあ、支出はとゆーと45%(77兆8千億円)が土建関連と土建関連のための借金の返済らしい。日本とゆー国は借金の額と土建関連の支出額がぴったり一致しとるとゆーわけ。これから何がわかるかとゆーと、国家の信用で借金をし、きやぁーすあてのにゃ〜土建にきれーに使っとる。
  で、どうなの。
  借金漬けで、首もまわらん。あんたと同じ。
  俺はまだ回っとる。
  えらい借金地獄だがー。
  河宮先生の試算によりゃぁ、借金(国の借金+地方の借金+財政投融資の未返済分)は95年度末で690兆円。96年度末でぁあ、800兆円くらいになるらしい。中日新聞の1996年8月の記事で、公的債務が過去最悪の442兆円(国民一人当たり約400万円)と出とったで、この試算は妥当じゃにゃぁかな。
  あれ、「住専」って、いくらだすんやった?
  一兆円くりゃーだったかな。
  じゃあ、借金のごくごくごくごく一部分の話だったんだがね。
  これから「国鉄債務」もあるしな。あれって25兆円くらいやったっけ。忘れた。
  しらん。でもどえりゃー債務なんやろ。
  そんな状況でなんで「万博」? ってわけ。万博なんかやらんでも他にお金の使い道はいくらでもあるやろ。
  でも、景気をよくせんと、税収は増えせんし、そのために公共投資を....。
  公共投資で景気が回復するんやったら、とっくの昔に回復しとらんか? これまでいくらつぎこんだ思っとる? この不景気で、毎年毎年前倒しの公共投資をやると政府が言いつづけてきたんだがん。んでも、株式市場はあんまし反応せん、これはなんでや。考えてみ。
  道路に橋に建物。土建屋さんしかもうからん。
  それに、常滑沖の「中部新国際空港」と「リニア中央新幹線」に「第二東名・名神高速」、とゆー愛知でよくいわれる「3点セット」なんかいるか? ほかにも万博会場へのアクセスとしての名古屋の藤ヶ丘からの新交通システム(HSST)や名古屋瀬戸道路みたぇーな高速道路は純粋に金の無駄やで。採算は絶対とれん。
  だいたいそういうのにOKする需用「予測」からして、とれーんだよな。
  需要予測なんてやってない、とか。
  たぶんね。そうそう、予測といえば、万博なんて、見に行くか? 愛知県の予定でぁあ、半年で2500万人も見に行っちゃうらしいで。愛知県内だけで1000万人強の予測。あの東京ディズニーランドは「1年間で」1600万人やぞ。約3倍。そんなに万博おもしろいか?
  ミッキーマウスが2匹いるからやて。
  3匹いたら3倍か(笑)。ありえんな。
  じゃあ、瀬戸で開くとゆーええ意味での積極的意味はにゃぁのか?
  にゃー。地場産業の活性化とかも言っとるけど、鈴木前知事が就任してから長期低落傾向に歯止めがかかったとゆー話にゃ〜し。詭弁、詭弁。ようするに巨大イベントを経済の起爆剤にしようとゆー発想そのもんがこうゆー状況下でぁあ古い。その中心にゃぁ大型公共投資=大型土建投資をやったらなーんとなんとかなるとゆー「神話」があるだけ。
  その神話にはまると...
  借金地獄。
  どこかで聞いたような話だな(苦笑)。
 
 

  海上の森と里を破壊する「環境」万博

  でもさ、万博ってたしかテーマが自然との共生、みたぇーな感じじゃなかった?
  よー知っとるな。「BEYOND DEVELOPMENT 新しい地球創造:自然の叡知」がテーマだよ。
  「開発を越えて」か。なんじゃぁそりゃ。
  愛知県が最初に造った基本構想でぁあ、「自然」なんかなかった。メインテーマは「技術・文化・交流−新しい地球創造」、サブテーマが「支えあおう、お互いのいのち」。それがいまじゃあ「問題解決型の万博」と県自身がゆーくりゃーだからねえ。昨年の11月に愛知万博の具体的な中身と跡地利用の国の案が出たのだけどよぉ、高床式の空中都市を造るとかゆー案が描かれておった。それで、跡地利用の骨子が「里山交流都市」ときた。
  さとやまこーりゅーとし?
  なんでも世界に里山文化を発信するもんらしい。「新住事業(新住宅市街地開発事業)」として、万博跡地に2千戸、6000人の街を造るんやて。
  森の中に高層建築を造って、「里山交流都市」? 世界をなめているんじゃぁにゃーか。
  おまけに森の中にゃぁ名古屋瀬戸道路とゆー高速が高架で通る。高架の下の森で、「発信」。おわっとる。さらに言うなれば、海上の森で自然観察会を開いてきた方々の努力のかいあって、土日はもちろん、連休ともなればどえりゃー人が海上の森に足をはこんどる。もう「自然との共生」はできてるという説がある。結論:万博は開かなくてもよい。終わり。
  わざわざ万博なんかやらんでも、ハイキングでじゅうぶんだがや。
  そんで、その事業のイメージ図が公表されているんやけど、ただの緑が多い郊外の団地、てとこ。機会があったら、見たらええ。ア然とするで。
  採算はとれるんか?
  おまけに採算はとれん。愛知県の県議の大松沢ちゅう人によれば、1坪あたり予想価格は何と70万円。誰が買う? 絶対売れんて。また、あの「ピーチライナー」「コマッキー」の小牧市桃花台ニュータウンも同じ新住事業らしいけど、近年の募集状況は、なんと平均0.3倍。
  今、予定地に人は住んでにゃーの?
  もちろん住んでるよ。今住んでる人を一方的に追い出して、「問題解決型」の「環境」万博なんかとろくっさいし、今里山に住んでいる人を追い出して、「里山交流都市」なんて、ほんとになめてるよ。作文もええとこ。
  専門家は何かいってるか?
  愛知教育大学の芹沢俊輔教授が、今年3月の朝日新聞の論壇でね、あまりにもあたりまえなこと書いてたで。曰く「「自然とのふれあい活動」で里山に1日2万人もの人を入れれば里山の自然はだいなしになる」「膨大な仮設建造物の建設・撤去、入場者のゴミ・汚水の処理など環境への付加に関する予測が具体性に欠ける」「海上地区の里山で25000人規模の博覧会を看板通り環境に配慮するのはとても無理」「規模と内容を修正すべきだが、それができないなら場所を海上以外に変更すべき」。仮に開催するとしても、「環境」万博なんてぇのは、うそっぱちということだが。
 
 

  「環境」万博のアわスメント

  はー。あと、環境アセス法を先取りしたアセスをやるみたいやけど、それの評価は?
  万博アセス自体の最大の問題は開催地の変更をもりこんでにゃーことかな。しかし、もっと重大な問題があるんだが。
  何?
  今さっき「「新住事業(新住宅市街地開発事業)」として、万博跡地」に住宅を造るって話したが。つまり、「新住事業」は万博跡地の開発事業ってわけ。
  ふん。で?
  しかし、実態はそうではにゃー。「新住事業」で森にブルドーザが入り、そのあと万博開発ちゅうわけ。
  なにぃ?
  だから、森への開発行為は、形は「万博」-->「新住事業」、実際は「新住事業」-->「万博」なわけ。誤解をおそれずに簡潔に言ゃー、「新住事業」で木を切り地ならしをして、その上で「環境」万博をするわけ。ま、ようするに、「万博」アセスがいくらすばらしいもんでも、先に森に手をつけるのは「新住事業」やから、「新住事業」のアセスが重要なことくらいわかるやろ。
  わかるわかる。で、その「新住事業」のアセスも当然「環境」万博の跡地利用やから、アセス法先取りのアセスやねんやろ。
  ところがや、「新住事業」も、もう一つの森への開発行為である「名古屋瀬戸道路」も、ところどころ行政が住民の意見を「きく」機会を増やしたくらいで、実態はこれまでの決め方とぜんぜん変わってない。つまり、愛知万博は「環境」万博です、アセスもきちんとします、とかこいといて、実際森に手をつける「事業」はこれまでと変わらず、というサギ行為をやっとるわけや。
  とっれーなぁー、ほんまに。
  その「きく」機会だって、去年の4月の瀬戸市でのアセスの公聴会でも、推進派の動員組による拍手の大合唱だったらしい。
  でも、これまでいろいろシンポジウムやってないか?
  県が行ってきた通称「森嶋シンポ」はその位置づけが曖昧で、たんなるBIEへのアピールだった、てわけ。ようするに「反対派とも話し合ってます!」ってこと。だで、「決定」のBIE総会以後は1回も開かれてない。森嶋シンポが破産したで、今度は推進派の「市民」団体が単独でまたは県政府や万博協会と別のシンポ(シンポジウムマラソン)をやっているけど、これも参加者はほとんど動員組で、御用文化人が来て、テキトーなこといっとるだけ。
  じゃぁ、なーんにも意味ないがね。
  ないよ。「市民参加」のアリバイづくり以外には。ま、シンポで出た提言がどうやって生かされるのかが全く不明なのが、致命的。これは、県政府・万博協会・推進派「市民」団体がこれまでやってきた&これからやる「ご意見募集」にも同じことがいえるね。「EXPO2005だより」3号によれば、「開かれた問題提起型の博覧会(参加型の博覧会)」のポーズのために、「森の博覧会のアイデア」募集ちゅうのをやってて、最優秀賞は100万円だで。たわけにもほどがある。

  うーん。瀬戸の親戚は「万博」なんて、なんにも言ってなかったけどなぁ。
  さっき話したとーり会場予定地が突如瀬戸市「海上の森」になったからだよ。地元が関心あるわけないが。1988年の知事の一言から90年2月5日の県の予定地発表にいたるまで、地元が「万博をぜひ」などと誘致活動をして、「海上の森」に決まったわけではにゃーて。地元の住民合意がとれてるかという一番基本的な点からみても、愛知万博は落第、落第。
  しかし、日本になっちゃったんだよな。昨年の6月12日で。
  たしかにBIEは日本を選んだんだが。しかし、これで日本=アイチは開催権を得ただけ。問題はそのまま残っているから、開かせなきゃええ。
  そんなことできるのか?
  世界にゃぁそうゆー例がけっこうあるんだが。最近の例だと1990年のウイーン万博は開催権を得てから、住民投票をやって、開催をとりやめた。だいたい金もないのに、やめたらええがね。そう思わん?
 
 

「愛知万博」をやめよう!

  反対派は何を主張している?
  「海上の森」での万博開催は反対。反対しとる団体・個人は色々あるけど、こりゃー一致しとる点だと思う。海上の森はたんなる里山だけど、今、そうゆーたんなる里山がどこにでもあるとゆー状況でぁあなくなってまった。名古屋の中心から1時間くりゃーでいけて、ハッチョウトンボ・シデコブシ・オオタカなんかぁの貴重種を含めた動植物がぎょーさん生息し、かつ人も普通に生活しとる、そうゆー場所をなぜわざわざ万博で壊すのか、理解できんとゆーのが一番でっきゃぁー理由でぁにゃぁかな。
  「問題解決」のために万博を開くのも変だし、税金を無駄遣いされるのも気にいらんがや。
  現在「反対派」はそれぞれの課題に取り組んでる。情報公開請求で誘致の実態をあらっとるグループもありゃー、名古屋瀬戸道路の問題に取り組んでるグループもあるし、訴訟を起こしたグループもあれば、海上の森の自然のよさをみんなに伝えてるグループもありゃー、署名を集めてるグループもあるでよぉ。できるとこで、協力してくれやぁ。
  よし、したる。
  詳しいことが知りたゃぁー。
  ほりゃーほかのページを参照してちょーだい。
  最後まで読んでくれて、ありがぁとさんだわ。
(おわり)  
 
 参考:「だれでもわかる万博問題小事典」
 やめてよ!万博・市民ネット発行 500円

 参考:「疑問だらけの愛知万博 だれでもわかる万博問題小事典Vol.2」
 海上の森の万博やめよう県民会議発行 800円

 「疑問だらけの愛知万博 だれでもわかる万博問題小事典Vol.2」はいしっとが斡旋販売しています。

 「サイアス」の記事に一部が引用されてましたね。教えてくれたM君ありがとう。

 名古屋弁は名古屋弁化ソフト「なーもすJr」付属のNAGOYA.DICを参考にしました。改良案はいしっとまで。どことなく関西なまりなのは許してください。A君B君C君とも生粋じゃないんですわ(笑)。
 
 
 
 
☆出典:オリジナル
    初出は住民自治ネットの集会at東京で配った資料。1996年9月22日。
    (だったと思う。)
☆プリントアウトして配付する時、又は転載は、このURLを明記すれば可。引用するときは、ぜひご一報下さい。


もどる