富山高等学校百周年記念式典 式辞















































 明治18年、西暦でいえば1885年、当時の上新川郡富山町惣曲輪、現在のこの会場の地に、「富山県中学校」が創立されてまさに百年。本日ここに、創校百周年の栄えある式典を迎え、本校職員、生徒一同、大いなる感動と喜びに包まれております。
 この式典のために、中沖富山県知事殿、小倉県議会議長殿、浅香県教育委貝会委員長殿を始めとして、県内外各界の御来賓、関係各位の多数の御臨席を頂きましたこと、厚く御礼申し上げます。

 本校創立の昔をふり返ってみますと、明治16年、富山県は石川県から分離独立しましたが、翌17年3月、啓迪小学校(現在の八人町小学校)の卒業式当日、1O名の卒業生全員が5分間の演説を行い、恩師への感謝の言葉とともに、口々に中学校の新設を訴えました。富山県史は、これを
「我等は、最早、学ぶべき場所なし。東京に行かんか、学資なきを如何せん。」と伝えております。
 この訴えが、臨席していた国重正文初代県令の心を強く打ち、生徒の演説が終るや、自ら壇上に進み
「諸子の述ぶる所まことに理あり。本官は誓って中学の新設に努めん。」と約束したのであります。そして、県庁舎の新設をも後回しにしてまで中学校設立案を県議会に提出し、同年4月、県議会は極度の財政難に喘ぎ乍らも承認可決しました。
 これに呼応するが如く、民間有志の寄附が相つぎ、更には、総曲輪の地の校舎敷地の提供まであり、かくて、明治18年、置県2年目にして本校が誕生したのであります。

 「われらに学ぶ場所を」向学心に燃えた少年たちの叫び。
 県政のすべてに優先させた若き行政官の決断。
 若者の夢を叶えて郷土の未来を託そうとした県民の熱意。
 この三者が一丸となって本校が誕生したことは、単なる歴史的事実にとどまらず、百年を閲した今もなお、生き生きとした感動を与えてくれるのであります。国家百年の計は教育にありと申しますが、これを実践した明治の人々の意気込みが、本校建学の原点であり、本県中等教育の夜明けなのであります。

 その後、校名は、富山県尋常中学校、富山県第一中学校、富山県立富山中学校というように変遷を重ね、昭和23年4月学制改革により富山高等学校となり、同年9月学区制と男女共学の実施とともに富山南部高校と改称し、28年から富山高等学校に戻り、現在に至りました。
 思えば、明治・大正・昭和の三代にわたり、中学校期6,600名、高校期17,OOO名合せて23,600名に及ぶ人材を輩出しましたが、これら同窓生は、本校に於て人格の完成、情操の陶冶に努め、ひいては母校の輝かしい歴史と伝統を築き上げて来たのであります。
 勿論、時には時代の影が色濃く投影され、前進と停滞、栄光と苦難が交錯し、時代と共に消滅し流れ去ったものも多いのでありますが、百年間変らざるもの不易なるもの、いわば太郎丸スピリットとでも言うべきものが、先輩から後輩に連綿として受け継がれて参ったのであります。

 在校生諾君。諸君は、常に本県中等教育の先頭を切って来た誇り高い本校において、文字どおり、百年に一度の晴れの式典にめぐり合うという、まことに幸運な高校生であるが、ただそれだけに止まらない。諸君を取リ巻く人々は、百年を記念して諸君のために数々の計画をしました。ノーベル賞受賞者福井謙一先生の講演。東ドイツドレスデン国立歌劇交響楽団120名編成の記念音楽会。本校に現存する膨大な資料をもとに、富山県教育史をもとりこんで執筆完成した1300頁の大刊「富中富高百年史」さらには、後輩たちに「より良き学ぶ場所を」との善意から出発して、万余の先輩・父兄・篤志家・企業からまで寄せられた2億数千万円という巨額の浄財、これで以て建設された「百周年記念館」。
 そのいずれをとってみても他の追随を許さない大事業であります。創立の昔からそうであったように、生徒の全人教育に少しでも役立てばとの熱い願いが、ひしひしと感ぜられますが、これを素直に
感謝すべきであリましょう。

 思えば、本校生は、現代においてもまさしく「天の寵児」なのかもしれない。だが、しかし、いやしくも「怠惰な寵児」に安住することは許されない。常に、久遠の理想をめざし、向上の意気高らかに、「清らかに、逞しく、さやかに努力する寵児」であってほしいと思います。
 現代社会の高学歴志向は、高校教育全体を受験戦争の嵐に直面させており、勿論、本校生も避けることはできない。しかし、先輩たちがそうであったように、様々な障害や困難こそは、自らを鍛え、自らを高める絶好の機会であると受け止める、そういう逞しい精神を持ってほしいのであります。

 北陸の中枢に君臨して峨々と聳えるあの立山の峰々を望み、緑色濃く亭々たる松や杉に囲まれた太郎丸の杜。この秀麗の地で醸成され、発展してきた校風。そのいずれもが、新しい世紀の主役となるべき諸君の心の古里であろうと思います。

 将来、「敢為」事に当ってなお身を誤またぬため、今、「慎重」に、人間としての基礎づくりに励むことを、本日の式典に当り特に切望して、生徒諸君への期待の言葉とし、御臨席いただきました各位に改めて深甚の謝意を表し、本日の式辞といたします。

  1985年(昭和60)10月1日
   富山市公会堂にて
    学校長 木下周一〈56回〉


          

  記念講演 福井謙一さんらと
(1985年10月1日 富山市公会堂 控え室にて)

   百周年記念演奏会 ドレスデン国立管弦楽団
 指揮者ブロムシュテット氏を迎えて 
        (1985年11月11日 富山高等学校校長室にて)

    創校記念式の講演に訪れた大岡信さんと
  (1987年1月24日 富山高等学校図書館にて)

   完成した「富山高等学校百周年記念館」への絵の寄贈に際して、東一雄さんと 
     (1987年3月3日 富山高等学校百周年記念館にて)