没収品審査委員会規定

韓国Web六法の目次に戻る

ハングル化69.11.14大統領令第4256号

一部改正70.9.14大統領令第5329号

一部改正71.5.4大統領令第5631号

一部改正78.11.27大統領令第9209号

一部改正93.3.6大統領令第13870号(商工資源部及びその所属機関職制)

一部改正94.12.23大統領令第14438号(財政経済院及びその所属機関職制)

一部改正94.12.23大統領令第14446号(保健福祉部及びその所属機関職制)


第1条(目的)この令は、関税法及び特定外来品販売禁止法への韓没収品及び国庫帰属物品に関する臨時措置法第3条の規定により設置する没収品審査委員会(以下"委員会"という。)の組織その他運営に関する事項を規定することを目的とする。

 

第2条(構成)@委員会は、委員長及び委員で構成する。

A委員長は、関税庁次長がなる。<改正70.9.14>

B委員は、関税庁監視局長・内務部治安本部第3部長・法務部検察局長・財政経済院予算審議官・農水産部農業経済局長・商工資源部商易局長・保健福祉部社会福祉審議官・援護処援護局長及び調達庁内資局長・中央情報部長が指名する所属職員1人及び関税庁長が委嘱する大韓商工会議所代表1の及び韓国貿易協会代表1人がなる。<改正70.9.14、71.5.4、93.3.6、94.12.23大令14438・大令14446>

 

第3条(委員長の職務)@委員長は、委員会を代表し、会務を通理する。

A委員長に事故があるときは、委員長が指名する委員がその職務を代行する。

 

第4条(機能)委員会は、次の事項を審議する。<改正70.9.14>

 1.没収品処理に関する事項

 2.没収品処理に関して関税庁長が付議する事項

 

第5条(会議)@委員長は、委員会の会議を招集し、その議長となる。

A委員会の会議は、委員長を含む在籍委員過半数の出席及び出席委員過半数の賛成で議決する。

B議長は、表決権を有し、可否同数の場合には、決定権を有する。

 

第6条(幹事)@委員会に幹事若干名を置く。

A幹事は、関税庁所属公務員中から委員長が委嘱する。<改正70.9.14>

B幹事は、委員長の命を受けて庶務に従事する。

 

第7条(報告)委員会で議決された事項は、遅滞なく関税庁長に報告しなければならない。<改正70.9.14>

 

第8条(手当)委員会に出席した公務員でない委員に対しては、予算の範囲内において手当を支給することができる。

 

第9条(細則)委員会の運営に関して必要な事項は、委員長が定める。


附則

この令は、公布した日から施行する。

 

附則<70.9.14>

この令は、公布した日から施行する。

 

附則<71.5.4>

この令は、公布した日から施行する。

 

附則<78.11.27>

この令は、公布した日から施行する。

 

附則<93.3.6>

第1条(施行日)この令は、公布した日から施行する。

 

第2条から第4条まで 省略

 

附則<94.12.23大令14438>

第1条(施行日)この令は、公布した日から施行する。

 

第2条から第5条まで 省略

 

附則<94.12.23大令14446>

第1条(施行日)この令は、公布した日から施行する。<ただし書省略>

 

第2条及び第3条 省略


この法律の最初に戻る