未成年者保護法

韓国Web六法の目次に戻る

制定61.12.13法律第834号

一部改正63.11.11法律第1448号

一部改正79.12.28法律第3170号

一部改正91.3.8法律第4340号

一部改正91.3.8法律第4351号(音盤及びビデオ物に関する法律)

一部改正95.12.6法律第4991号


第1条(目的)この法律は、未成年者の吸煙・飲酒及び善良な風俗を害する行為を禁止し、合わせて未成年者の保護に必要な事項を規定することにより未成年者の健康を保護し、その者を善導育成することを目的とする。<改正95・12・6>[全文改正79・12・28]

 

第2条(禁止事項)@未成年者は、次の行為をすることができない。<改正79・12・28、91・3・8法4340、95・12・6>

 1.吸煙をする行為

 2.飲酒をする行為

 3.善良な風俗を害するおそれがある興行場、遊興業所、射倖行為場、遊技場等に出入する行為

 4.宿泊業所、海水浴場、水泳場、公園、観光地、名勝地その他遊園地で性道徳等風紀を紊乱する行為

 5.警察署長が未成年者の非行を防止するために遊興街等に設定した未成年者出入制限区域に出入する行為

A第1項第3号の善良な風俗を害するおそれがある場所又は公演物の範囲及び第1項第5号の未成年者出入制限区域の設定基準及びその出入制限時間は、大統領令で定める。<改正91・3・8法4340>

 

第2条の2(不良漫画等の販売禁止等)何人も次の各号の行為をしてはならない。<改正91・3・8法4351、95・12・6>

 1.未成年者に淫乱性又は残忍性を助長するおそれがあり、又はその他未成年者をして犯罪の衝動を起こし得る漫画(以下"不良漫画"という。)を未成年者に頒布、販売、贈与、貸与し、又は観覧させる行為及びこのような行為を斡旋し、又はこれに提供する目的で不良漫画を所持、製作、輸入、輸出する行為

 2.未成年者に淫乱な文書、図画、音盤又はビデオ物その他物件を頒布、販売、贈与、貸与し、又は観覧させる行為及びこのような行為を斡旋し、又はこれに提供する目的でその者を所持、製作、輸入、輸出する行為

[本条新設79・12・28]

 

第3条(親権者の義務)未成年者に対して親権を行使する者又は親権者に代わってこれを監督する者が第2条第1項の行為を知ったときは、これを制止しなければならない。

 

第4条(営業者の義務)@タバコ又は酒類販売者及びその雇傭人は、未成年者にその者が吸煙又は飲酒することを知ってその者を販売し、又は提供してはならない。<改正95・12・6>

A第2条第1項第3号に規定された業所の営業者は、未成年者をその営業場内に出入させてはならない。ただし、他の法令により出入が許容される場合には、この限りでない。<改正95・12・6>

B第2条第1項第4号に規定された場所においては、未成年者に対し性道徳等風紀を紊乱させる営業行為をし、又はそれを目的とする場所を提供してはならない。<改正95・12・6>[全文改正79・12・28]

 

第5条(タバコ等に対する措置)@警察署長は、未成年者が吸煙又は飲酒する目的で所有し、又は所持するタバコ・酒類又はそれと関連した物品に対して証明書を交付し、これを収去して所有権者その他権利人(タバコ・酒類又はそれと関係する物品の所有者その他権利者が未成年者でない場合に限る。)に返還し、又は本人若しくは保護者の同意を得て廃棄処分するすることができる。

A警察署長は、未成年者が所有し、又は所持する不良漫画、淫乱な文書・図画・音盤・ビデオ物その他物は、証明書を交付し、収去し、廃棄その他必要な処分をすることができる。

B警察署長が第1項又は第2項の規定による処分をしたときは、その品名・数量・所有者又は所持者及びその処分内容等を関係帳簿に記載しなければならない。[全文改正95・12・6]

 

第6条(罰則)@第4条第1項又は第2項の規定に違反した者は、1年以下の懲役又は300万ウォン以下の罰金、拘留又は科料に処する。<改正79・12・28、95・12・6>

A第4条第3項の規定に違反した者は、3年以下の懲役又は1千万ウォン以下の罰金に処する。<新設79・12・28、95・12・6>

 

第6条の2(罰則)営利の目的で第2条の2の違反行為をした者は、2年以下の懲役又は500万ウォン以下の罰金、拘留又は科料に処する。<改正95・12・6>[本条新設79・12・28]

 

第7条(両罰規定)法人の代表者又は法人又は個人の代理人・使用人その他従業員がその法人又は個人の業務に関して第6条又は第6条の2の罰則事由に該当する行為をしたときは、行為者を罰するほかその法人又は個人に対しても各該当条の罰金刑を課する。

[全文改正79・12・28]


附則

@本法は、公布した日から施行する。

A檀紀4271年勅令第145号未成年者喫煙禁止法及び未成年者飲酒禁止法を朝鮮に施行する件は、これを廃止する。

 

附則<63・11・11>この法律は、公布した日から施行する。

 

附則<79・12・28>この法律は、公布した日から施行する。

 

附則<91・3・8法4340>この法律は、公布後6月が経過した日から施行する。

 

附則<91・3・8法4351>

第1条(施行日)この法律は、公布後3月が経過した日から施行する。

第2条から第5条まで 省略

 

附則<95・12・6>この法律は、公布後6月が経過した日から施行する。


この法律の最初に戻る