ごみ問題@


忠生忠霊地区自治会 廃棄物減量等推進委員
         
          木村 正子 委員  『 町内のお局様 ? 』
廃棄物減量等推進委員とは

 町田市では、各自治会・町内会より推薦された同推進委員を
 町田市長より個人に委託をしている制度です。
 同推進委員は、行政と町内会のパイプ役として、ごみ廃棄
 マナーの向上、ごみ減量の推進等を行います。
経歴『木村正子委員』

 廃棄物減量等推進委員
 1994年10月〜現在に至る(1996年〜1997年まで、石川委員)
活動内容『木村正子委員』

 ・廃棄物減量等推進委員ブロック会議(2回/年)に出席
  各地域でのごみ等の問題、問題解決事例報告など、情報交換
  市からの連絡、お願い、他自治体の例など。
 ・講習会、研修会(2回/年)に出席
  東京ガス 環境エネルギー館施設見学、リサイクルセンター見学
  資源ごみ有効利用、ごみ減量は地球にやさしいと勉強。
 ・町内会活動
  地域内ごみ収集所への表示板取り付け(8ヶ所)
  各行事での会員へ啓蒙活動(特に盆踊り・どんと焼き)
  ポイ捨て防止清掃キャンペーンでの分別推進活動
  自治会役員会での報告とお願い。
感想『木村正子委員より』

 ・推進委員になった当初は、当自治会でもごみの分別も完全なものでは
  ありませんでした。近頃は、皆様のご理解とご協力もあって、特に困った
  問題はありません。
 ・推進委員になって良かったのは、ごみ問題だけでなく、地球環境問題、
  エネルギー問題、など幅広く知識が増えることです。
  町内会の中で、地球全体に及ぼす影響は、たいした事ではありませんが、
  ひとりびとりが、自分の出来る範囲でごみを出す量を減らすことが、大事で
  あると感じております。
今後の活動『木村正子委員より』

 ・心をゆるさず、ごみ減量推進(特に分別)していきたいと思います。
 ・家庭内から出るごみの減量、たとえば冷蔵庫に残った野菜の上手な調理
  方法ほど町内の方へアドバイスをしていきたいと思います。
 ・買い物袋の使用推進、家庭内でごみが出ない方法(購入店での不要物処理)
  など、アドバイスをしていきたいと思います。


   
トップへ   戻る