MSWとは?
MSWってなに?
 医療ソーシャルワーカーはMSW(Medical Social Worker)と略され、病院や保健所など主に医療施設で働いているソーシャルワーカーと言えます。
 
社会福祉の視点で、患者や家族の方々の相談に乗る事で、経済的・心理的・社会的な悩み等の問題解決のお手伝いをする仕事をしています。

 具体的な相談内容は
 
○医療費や生活費が心配。
   
→適切な社会福祉制度等の情報提供・各相談機関との連絡調整
 
○病気や療養について悩んでいる。
   
→適切な医師や看護師などの専門職に紹介し、受診などを通して情報を得られる援助をする。また、各疾病のサポート団体や相談窓口を紹介する。
 
○入院時の療養・家族・仕事・生活面での不安・問題。
   
→医師や看護師などへの相談調整・家族間会議や職場の上司との面接など。
 
○退院と言われたが、生活できるか不安。
   
→介護保険や障害者支援費制度などの情報提供・活用援助や社会福祉制度の活用・地域との連携を密接にとる事により、安全・安心して・スムーズに退院できるように援助する。

基本的に色んな事を依頼されて、ケースバイケースでなんでもこなしているようです。患者さんの買い物援助や地域のネットワーク作りなど。
スタンス

社会福祉の専門性・視点に基づき、患者や家族の自立を支援し、社会復帰や社会生活の継続をお手伝いをしています。

歴史
 現在にいたるまで資格化はおろか、法上の業務規定などがなされておらず、職場の多様性とあいまってその業務は雇用主らによっていいように決められていた歴史があります。いわゆる何でも屋ですね。

  上記の通り、医療保険上、収入の対象として認められていない存在(つまり国はMSWが病院に必要な存在とは認めていなかったという事。)の為、今まで医療ソーシャルワーカーはいてもいなくてもいい存在として、中々社会的にも病院内にも認知されなかったようです。
  しかし、社会が複雑に変化し、核家族化が進み、家族の力が弱まった今、介護力がないために入院を続けなければならない、いわゆる社会的入院が増大する事になると、事態は変わってきたようです。社会的入院の増大は社会保障費を圧迫し、国をして病院の平均の入院日数を減らすように厳しいお達しが降りることになったのです。
  例外を殆ど認めないそのお達しにより病院は社会的入院を減らす為に、その道のエキスパートを採用するようになりました。ですので、医療ソーシャルワーカーの数は増加傾向にあります。
  流石にこの厳しい御時世、今からソーシャルワーカーを増やす為に誘導策としての病院への収入を国は認めないでしょうが、いないと病院への収入を減らす事での誘導は出来るはずです。医療の質を確保し、患者や家族の抱える問題に早期に対処できる医療ソーシャルワーカーの全病院への配置ができるといいなと思っています。

ケアマネージャーとの違い
  
  
近年介護保険制度が始まり、ケアマネージャーと混同されがちな職種ではありますが、その違いは守備範囲の違いとして説明する事ができると思います。
  つまり、ソーシャルワーカーとは介護のみならず、社会福祉全般の問題を対象とするのに対し、ケアマネージャーは介護保険分野のみの専門職であるという事だと思います。
  社会福祉全般とは、高齢者・児童・母子・身体障害・精神障害・知的障害・女性などの対象者それぞれが抱える、介護・人権・療養・生活・経済・心理・家族・就労などの問題を指します。

課題
  一口に病院といっても、救急病院(一般病床)・いわゆる老人病院(療養型病床)・リハビリ病院・小児病院のような大まかな分類から、各診療科毎の専門病院まで、多くの種類があります。
  そして、病院が単なる公共施設ではなく、医療法人や社会福祉法人など、それぞれの団体・基盤にたって、運営・管理されている為、そこで働くソーシャルワーカーもその管理から逃れられないと思われます。
  現在の医療制度は進む少子高齢化とそれに伴い増大する医療費、そして崩れようとしている社会保障制度の中で、病院が潰れる事をいとわない方向で改革され続けています。この弊害が結局は末端の弱者である「患者=国民」に行く事を知ってか知らずか。
 その為、医療ソーシャルワーカーの業務は傾きつつある医療制度の狭間に見落とされがちな患者やその家族、周囲に対して、一医療機関の一職員として何が出来るかを悩みつつの援助となる事が多いでしょう。
  また、医療ソーシャルワーカーは医療と福祉の両分野にまたがる専門職である為、その専門性を保障し、維持する為にも資格化も必要と考えます。


ぜひ一度読んでみて。医療ソーシャルワーカーはこんな仕事をしていますよぉ
医療ソーシャルワーカーの業務指針

ソーシャルワーカーについて