新 『心臓病児者の幸せのために』

2005年4月発行

たくさんの心臓病児者と家族の役に立っている
 『心臓病児者の幸せのために

 最新の内容に加え心臓移植、再生医療、
遺伝子治療、人工心臓、胎児診断を新たに
書き下ろしていただき
図表の解説などもたくさん加わり
さらに読みやすくなりました

心からのメッセージがこもった
患者・家族が励まされる
この一冊です




2005年4月発行 
A5版416ページ 頒価 2500円 会員 2300円
編集発行人 全国心臓病の子どもを守る会
執筆者(敬称略・五十音順)
秋田裕司(高松赤十字病院)◎池田 義(京都大学)
薄葉 典子(国立成育医療センター)
小野 稔(東京大学)◎小野安生(静岡県立こども病院)
苅田真子(恵泉会メディカルモール)
川滝元良(神奈川県立こども医療センター)◎黒澤健司(神奈川県立こども医療センター)
米田正始(京都大学)◎是恒之宏(旧国立大阪病院・大阪医療センター)
佐地 勉(東邦大学附属大森病院)◎里見元義(長野県立こども病院)
篠原徳子(東京女子医科大学)◎薗 潤(神戸市灘保健部長)
高本 眞一(東京大学)◎中澤 誠(東京女子医科大学)
中村好秀(日赤社和歌山医療センター)
西山光則(榊原記念病院)◎畠井芳穂(榊原記念病院)
朴 仁三(榊原記念病院)◎松田 暉(大阪大学)
本村 昇(東京大学)◎八大原 俊克(国立循環器センター)
嘉川 忠博(榊原記念病院)



も く じ
はじめに 心臓病と診断されたとき                


1章 病気の種類と解説
2章 心臓手術にともなうこと
3章 日常生活
4章 災害時の対応
5章 医療費と福祉制度


もくじ
はじめに 心臓病と診断されたとき
第1章 病気の種類と解説

1
(1)先天性心臓病の解説、
(2)合併症、
(3)不整脈の種類と解説
(4)乳幼児期の後天性心臓病の種類と解説
(5)心臓病の検査 胸部]線、心電図、心臓カテーテル検査、心血管造影法
(6)内科的治療
(7)小児のカテーテル治療
2 心臓病の治療法の選択

(1)先天性異常と遺伝
(2)胎児診断の現状
4 後天性心臓病の種類と解説
第2章 心臓手術にともなうこと
手術を受ける前
1 心臓手術
2 心筋症の治療
3 人工心臓
4 心臓移植
5 最先端医療情報
6 心臓の修復手術(根治手術)が難しい子どもさんをもたれた方へ
第3章 日常生活
1 家庭生活と日常の医療
2 心臓病児の学校生活
3 心臓検診
4 学校生活における自己管理
5 思春期から成人期へ
(1)自立にむけて
(2)医療
(3)妊娠・出産の諸問題
第4章 災害時の対応
第5章 医療費と福祉制度


ページ先頭へ

心臓病の子供を守る会神奈川県域支部トップぺージへ戻る