第37回全国心臓病の子どもを守る会全国総会

神奈川県域支部で開催されました

シンポジウムの参加者は約400名
厚木ロイヤルパークホテルは
皆さんの熱い声援に沸きました

シンポジウム詳細へ

1999年10月10日午前9時 井沢まりこさんの「二十歳の宣言」に、感動!

12時半 シンポジウムでは21世紀の医療の可能性、
わたしたちがこどもたちを育て、支援し、自立させていくにはどうしたらいいのか、
7人のシンポジストの講演を熱心に聴いてくださいました。

司会 

神奈川県立こども医療センター病院長 

黒木 良和

心臓手術

北里大学病院心臓血管外科

中江 世明

周産期医療

神奈川県立こども医療センター新生児科

川滝 元良

思春期

神奈川県立こども医療センター循環器科

康井 制洋

妊娠出産

東海大学産婦人科、東京女子医科大学母子総合医療センター

森   晃

教育

スクールスーパーバイザー 神奈川県立栄養短期大学

小林 正稔

相談室の役割

神奈川県立こども医療センター指導相談室

水島 紅葉

神奈川県域支部長からアンケート報告

◆講演終了後も講師全員が残って個別相談をしてくださいました

◆総会当日は全国…103名・県域…80名・他支部…65名・一般…40名
行政・保健所…14名・医療…14名・学校…1名マスコミ…2
ボランティア25名・救護…2名・来賓…3名・こども…54名
約400名の参加でした。皆様本当にありがとうございます。
特に
県域から80名もの参加をいただき本当に感謝しております

記念絵葉書吉野谷 恵 画)も大好評

絵をクリックすると大きく表示されますhagaki1hagaki2

◆主催/全国心臓病の子どもを守る会 後援/神奈川県・神奈川県教育委員会・厚木市・厚木市教育委員会・神奈川県社会福祉協議会・厚木市社会福祉協議会・神奈川新聞厚生文化事業団

シンポジウム詳細へ           戻る