長篠の勇者達

徳川家康軍
 武将を見る前に…
 酒井忠次
 奥平九八郎貞昌
 鳥居強右衛門勝商
 その他の諸将




武将を見る前に…
 決戦の舞台となった長篠は三河にあった。つまり長篠の戦とは徳川領三河にある長篠城を攻め寄せる武田勝頼軍に対して長篠を救援するべく徳川家康が織田信長の援軍を伴って駆け付けた戦いである。
 ゆえに武田・織田・徳川の三氏で見ると徳川軍こそが自領の為にも最も決死の奮闘を課せられる立場にあった。

 信長はどれほど家康に援軍を催促されようと万全の準備が整うまで援軍を出し渋った。が、武田軍と直接相対する家康はそうも言っていられず信玄没後から長篠の戦に至るまで何度も武田軍と干戈を交えた。がそれでも勝頼本隊と徳川軍のみで直接相対することは極力避けた。
 それほど家康は武田信玄と甲州勢を恐れていた。三方ヶ原で馬上にて脱糞するほどの恐怖を味わった家康の無理ならぬ用心深さだったが、勿論家康はただただ脅えていた訳ではない。

 ここで注意しなければならないのは長篠で奮闘する徳川軍には二ヶ所での奮闘があったということである。設楽ヶ原で織田軍と供に鉄砲隊で騎馬軍団と戦った家康本隊に属する軍と、長篠城内にてなかなか来ない援軍を待ちながら五百の寡兵で三十倍もの武田軍と戦い続けた奥平軍である。そして設楽ヶ原の決戦以前にも援軍の手配や情報戦に尽力した者達の活躍は決して設楽ヶ原で奮闘した者達に劣るものではなかった。長篠城を前にした設楽ヶ原だけが徳川軍の活躍した場でないことを念頭において諸将の活躍を見てみたい


酒井忠次
概略 野戦を得意とした徳川家康の四天王といえば酒井忠次・本多平八郎忠勝・榊原康政・井伊直政である。その中で最長老であり、筆頭でもある酒井忠次は家康が跡取りとして期待した嫡男・信康を織田信長から守りきれなかったこともあって他の三人に比べて人気も知名度もイマイチだが、この長篠の戦においては織田信長を感嘆させ、他の三将に比して抜きん出た活躍をしている。

長篠にて 戦前の軍評定にて主君家康と供に信長の面前に出た忠次は一つの作戦を進言する。それは武田勢背後にある鳶ノ巣山城への攻撃である。設楽ヶ原で不利と見た武田勢が引き上げるのを防ぐと供に戦勝後の地固めの意もあった。
 忠次の進言に信長は烈火の如く怒り、家康も退場を命じた。ところが諸将が陣に戻り、家康と二人になると信長は家康に忠次を密かに呼ばせた。信長は再び面前に来た忠次に最前の進言を実は感心していたことを告白し、「本来なら自分が行きたいぐらいの見事な作戦」と言って忠次に五百の鉄砲隊を与え、密かに実行を命じた。敵を騙すにはまず味方からである。
 武田勢は敗戦後長篠に出るための足がかりと一族の一人武田信実を失ったのである。酒井勢が討ち取ったのは言うまでもない。

戦後 信長にも認められた知将・酒井忠次は皮肉にもその信長との関連で御家の出世に歯止めをかけてしまった。というのも長篠の戦の五年後、家康が涙を飲んで嫡男・信康を切腹させた事件にあった。
 信長が家康に嫡男・信康と正室・築山殿の処分を命じた背景には謎も多いが、ここでは触れないでおく。勿論家康とて人の子、何も唯々諾々と信長に従ったわけではなく、諸将と供に信康助命に手を尽くした。そして信長の信康母子弾劾に対して釈明の使者にたったのが忠次だったのだが、忠次は釈明するどころか弾劾の大半を事実と認めてしまったのである。
 その後十一年を経て豊臣秀吉の天下統一後徳川家康は関八州への御国替えとなった。、忠次は息子の家次に家督を譲った隠居の身となっていたがこの御国替えに際して徳川譜代の臣、井伊・忠勝・榊原達が十万石前後与えられたのに対して家次は三万石しか与えられなかった。不服に思った忠次が家康にその旨を訴えたところ、家康は「そなたもわが子が可愛いか。」と冷たく言った。明らかに信康を救ってくれなかった忠次へのあてつけである。
 七年後酒井忠次は寂しく世を去った。


奥平九八郎貞昌(おくだいらくはちろうさだまさ)
概略 長篠城主として僅か五百の寡兵で三十倍も多い武田軍の侵攻に相対した奥平九八郎貞昌は戦後、地位(家康の娘婿としての譜代大名の地位)と女(家康の長女・亀姫)と名誉(信長から賞されて「信」の字を与えられ「信昌」と改名)を手にするが、そこに至るまでの貞昌の労苦はそれこそ三十倍の武田軍と戦う以上の苦難に満ちていた。
 三河・作手の国人領主である奥平家は田峯の菅沼定高、長篠の菅沼正貞とともに山家(やまが)三方衆と呼ばれ、武田と徳川の両方の顔色を窺う慎重な外交が要求された。この内、田峯の菅沼定高は早くから徳川に属していたが、奥平家は信玄存命中は武田に属していた。しかし信玄の死に伴い、明日の見えない状況に小豪族生き残りの常套手段に走る。つまり一族でわざと敵味方に分かれ、どちらが勝っても家名が存続する様に図ったのである。
 奥平家ではこのときは祖父の道文(どうぶん)が武田につき、父・美作守貞能(さだよし)と貞昌が徳川に味方した。この時甲斐で人質として生活していた奥平一族(貞昌の妻及び末弟・千丸を含む)は皆殺しにされる。

長篠にて 奥平貞昌は長篠の戦の一面での主役である。徳川合力後、老獪な家康は妻を失った貞昌に長女・亀姫を嫁がせて優遇する一方で、彼の二度と武田に戻れない立場(降伏しても命はない)を利用して長篠城主として城の死守を命じた。勿論それは長篠城の重要性を百も承知で貞昌を信じればこそであった。
 五百の兵を率いて武田勢を待ち受けることとなった貞昌は天然の要害である長篠城に篭ってよく戦った。武田の細かい動きも的確に探り、家臣・塩谷五八郎を家康に派して大筒(火縄銃を太くしたものと思って下さい)ニ挺を譲り受ける。
 武田軍の攻城兵器迎撃用である。貞昌は大筒と地形を巧みに利用し、武田勢を迎撃するが、やがて弾状曲輪、二の丸も落とされ、本丸に篭ることになった。
 貞昌は家臣の一人鳥居強右衛門(とりいすねえもん)を救援要請の使者に任じ、武田の厳しい警戒を突破させ、烽火でもって連絡を取り合い、救援が必ずくることを城兵に言って聞かせ、士気を盛り上げた。
 詳細は「鳥居強右衛門勝商」の項で論述するが、強右衛門は立派に使者の役目を果たし、自らは命を落とすもその死をもって城兵の士気を極限まで盛り上げた。そして三十倍の兵力の猛攻に耐えた奥平勢の努力は報われ、援軍として駆け付けた織田・徳川勢は武田勢を完膚なきまでに叩き潰した。

戦後 前述したように長篠城死守の賞として奥平貞昌は信長より「信」の字を与えられ、奥平信昌と改名し、家康の義理の息子として譜代大名の地位を手にした。石高こそ大きくなかったものの後に美濃加納城主の地位を与えられ子孫は譜代大名として続いていく。妻の亀姫は信昌没後、加納殿と呼ばれ、娘婿・大久保忠常の父である大久保忠隣が改易にあったときは父や兄にも怒りを露わにして、忠常の大久保家再興のきっかけを作った女傑でその二人の血筋は奥平松平家として家康四男・松平忠吉の旧領武蔵忍(おし)十万石藩主にも残された。


鳥居強右衛門勝商(とりいすねえもんかつあき)
概略 奥平家家臣。通称・河童の強右衛門と呼ばれた鳥居強右衛門勝商はその胆力と運動神経を買われて長篠城と織田軍の連絡を取り持つべく奔走した。そして彼はその死と供に一風変わった名誉を得るのであった。

長篠にて 三十倍の武田勢の猛攻を奥平勢はよく防いだが、援軍なくば落城は必至だった(元々篭城とは援軍あってのものである)。織田信長はかつて家康の高天神城救援要請に言を左右にして出し渋り、高天神城を見殺しにした。それゆえ長篠城兵にとっても援軍の存在は心許ないものであった。
 奥平貞昌は強右衛門を使者に援軍要請の任命した。強右衛門は川を潜り、水中に縄と鈴をはるほどの武田の警戒網を突破し、突破を知らせる烽火を上げるや信長・家康の側にいる奥平貞能(貞昌の父)のもと−三河岡崎城へ不眠不休で走り続けた。
 強右衛門は信長を前にしてすら堂々たる、しかしながら余計なことは言わない弁舌でもって半ば脅してまで救援の確約を取りつけると「我等と供に長篠救援に向かおう」や「少しは休息されよ」と言った周囲の声に「一刻も早く吉報を伝えたい」と言って長篠にとんぼ返りした。強右衛門のような家臣を持った奥平貞昌に信長も家康も感心して貞能を褒め、長篠城が死守されることを確信し、また何としても長篠を救わねば、と考えた。
 雁峯山より「援軍来る」の烽火を上げた強右衛門は最後の最後で武田の警戒にかかり、捕えられた。しかし強右衛門は全く死を恐れず、援軍到来を述べて堂々と振る舞った。
 ここからが世に名高い鳥居強右衛門最後の活躍である。強右衛門の口から既に長篠城の城兵が援軍の到来を知っていることを聞かされた武田勝頼は強右衛門に提案する。それは城兵に烽火が虚報であり、援軍が来ないことを告げれば強右衛門の助命は勿論、彼の家族も助けるとした。
 強右衛門はその提案に乗った振りをして城前に立つと、「四、五万の援軍は目の前、一両日、城を死守なされよ!!」と声を限りに叫んで城兵の歓喜の声を浴びた。武田兵は慌てて強右衛門の口を封じたが遅かった。
 勿論武田の提案を騙して蹴った強右衛門に生きる道はなかった。強右衛門は両軍の見守る中で武田に逆らった者に対する見せしめとされた。全てを覚悟して勝頼を謀った強右衛門に今更死への恐れなどあろう筈がない。褌一丁で磔台にかけられた強右衛門は改めて城の死守を城兵に訴え、同時に数本の槍が彼の体を貫いた。
 長篠の城兵は強右衛門の死に涙し、武田兵への怒りと強右衛門に報いんとの念が城兵の士気をより一層盛り上げた。強右衛門は本望だっただろう。そしてこの時武田勢の中から一人の武士が進み出て、処刑台上の強右衛門の前に跪いて言った。「鳥居殿!貴殿こそ誠の武士でござる!願わくば貴殿の最後の姿を我が家の旗印とさせて頂きたいがいかがか!!」
 虫の息の強右衛門はそっと笑顔を浮かべて「承知」の意を示すと息絶えた。武士の名は落合左平次。彼は言葉通り磔にかけられた強右衛門の姿を紙面に描き、それを旗印とした。

戦後 強右衛門の男気に城兵はよく答え、また彼の救援要請に駆け付けた織田・徳川勢は武田勢に完全勝利した。残された強右衛門の遺族は栄え、また彼の最期を絶賛して自らの旗印とした落合左平次は武田家滅亡後も生き抜き、子孫は紀伊徳川家に仕えた。


その他の諸将
 三方ヶ原で進言に大敗した徳川家康は極力単独で武田軍と当たる事を避けた。そして高天神城を信長に見殺しにされたものの、この戦いでは信長も三万五千の大軍と三千挺の鉄砲をもって駆けつけてくれた。また二度と武田勢に三河を踏ませない為の戦略上の分かれ目でもあり、徳川軍の指揮は否が応にも盛り上がった。
 本多忠勝榊原康政といった若手猛将は左翼にて織田勢と供に武田中央隊と戦ってこれを退けた。石川数正大久保忠世といった家康の懐刀的な将達も右翼で山県隊壊滅に尽力した。またこの戦いの行方には三河の国人領主の運命もかかっていたため、大須賀康高を始めとする遠江国人衆も死力を尽くした。
 徳川と武田の長い死闘を見た時、信玄と正面切って戦わず、鉄砲充実まで武田勢の矢面に立たなかった織田勢に比べて、徳川軍が如何に重いものを持ってこの戦いに挑み、奮闘したかが窺い知れるというものである。



戦国房へ戻る