WORD:野球

ONE FOR ALL  ALL FOR ONE

「ひとりはみんなのために みんなはひとりのために」
(西武・松坂投手)

1998年、甲子園に「怪物」が現れた。
横浜高校 松坂大輔投手(当時)である。
春・夏連覇&国体制覇で、一年間公式戦無配の大偉業を成し遂げた原動力だ。

その彼がマウンドでつぶやいていた言葉がこれである。
個人はみんなのために全力を尽くそうと思い、皆は個人のために頑張ろうと思う。
お互いが味方のために、全力を尽くして一つの大きな力となっていこうということです。

他の言葉として
「自分を信じて自分のためにやんな そしたらチームのためになるのだよ」
がある。
少し意味が違うかもしれないが、最後に言わんとすることは同じである。
野球というのはれっきとした「チームプレイ」である。
全員野球とも称されることが多いが、
一人の力では絶対に勝てないし、やっていけない。
皆が意気投合し、力を出し合わなければならないいわばシビアな世界でもある。
だからしっかりとお互いを認め、頑張っていかなければならない。
そこが野球のいわば面白さの醍醐味なのである。