前に戻る

 

犬にとって毒性のある食物

 

 チョコレート 

チョコレートに含まれるテオブロミン(Theobromine)が犬にとって強い毒性があり、症状は犬によって差が有る。特にてんかん症の犬が食べた場合、発作を起こしやすい。小型犬では少量でもあぶない。だいたいの目安として犬の体重1kg当たりテオブロミン88mg以上摂取すると危険。チョコレートの種類によってテオブロミンが含まれる量が違うが、ダークチョコレートはミルクチョコレートに比べてテオブロミンの量は多い。
<テオブロミンが含まれる量>
ミルクチョコレート  155〜233mg/100g
ダークチョコレート  1587mg/100g
ビターチョコレート,ココアパウダー、製菓用チョコレート    529〜2116mg/100g

ある獣医師によると、Nestle社のセミスィートチョコ(たぶん、チョコチップクッキーに使うチョコ。)をそれぞれ1袋づつ(450gくらい)食べた2匹の犬のうち、体重が43kgあった犬は命を取りとめたが、体重が27kgのほうは助からなかったそうです。

ビスケットやウエハースなどにコーティングしてあるチョコレートに含まれるテオブロミンの量は板チョコよりは少な目だそうです。ただ、日頃からお菓子としてチョコの味を覚えさせてしまうと、たまたまテーブルの上に置きっぱなしにしたチョコを食べてしまったということもありますから注意しましょう。

もしも、愛犬が多量のチョコを食べてしまったらすぐ獣医さんに相談してください。

 


 玉ねぎ・長ねぎ 

玉ねぎ・長ねぎに含まれるアリルプロピールジサルファイド( Allylpropyl-disulfide)が血液中のヘモグロビンを酸化し、赤血球中にグロビンの不溶性変性産物が形成される。 赤血球が破壊されるため溶血性貧血を起こす。 アリルプロピールジサルファイドは加熱しても、毒性は消えない。 摂取量が大量だと、急性中毒を起こすこともある。 症状としては下痢・嘔吐・黄疸などがあり、死に至ることもあるので要注意。 

 


 ナツメグ

これは幻覚誘発剤。(どのくらいの量だと危ないのかよくわからなかったけど、もともとスパイス類はドラッグ効果がありそうだから、特に体の小さい犬には影響があるのかもしれない。)

 


 ジャガイモ

ジャガイモが全て毒と言うのではなくて、人間にも毒性のある芽の部分や緑ががった皮の部分が毒。マッシュポテトとかは別に問題はなし。

 


 ナッツ類

胡桃。 一般にナッツ類はリンを多く含んでいるため、尿石のもとになる。

 

植 物


動物好きというと、おそらく植物も大好きという方が多そうなので、犬にとって毒性のある植物についてもちょっと。 いくら毒性があるといっても大抵の犬は口に入れることはないのでそれ程心配はいらないと思います。 好奇心から何でも物を口に入れたがる子犬や植物でも噛みぐせのある成犬などには注意してあげてください。 植物の根っこが毒なのかそれとも葉っぱがいけないのかよくわからないのですが、中には薬用として使われている植物もあるので、人間に比べて体の小さい犬だと、毒性が強いのかもしれません。

 

 舌や唇に痛みを与えるもの: 

フィロデンドロン(Philodendon),ポトス(Pothos),ボストンアイビー(Boston Ivy)

 口や皮膚がかぶれるもの:

ポインセチア、菊

 吐き気、腹痛、痙攣、ふるえ、心臓・呼吸器又は腎臓に問題をおこすもの:

アマリリス、カラディウム(Elephant Ears)、アスパラガス ファーン(Asparagus Fern)、アゼリア

 毒性があると思われ、避けた方がいいもの(症状は不明):

西洋キヅタ、ニワトコ、水仙、シバナ(Arrow Grass)、アボカド、西洋キョウチクトウ(Oleander)、ヒヤシンス、アジサイ、ツタウルシ(Poison Ivy)、アイリス、シャクナゲ、ジャスミン、ハツユキソウ(Snow on the Mountain)、ダイオウ(Rhubarb)、イラクサ、ローレル、チューリップ、胡桃、マリーゴールド、ヤドリギ、タバコ、リンゴやさくらんぼの種

 吐き気、下痢を起こすもの:

デルフィニウム(Delphpinium)、ラッパ水仙(Daffodil)、ほおずき(Ground Cherry)、ザゼンソウ(Skunk Cabbage)、キツネノテブクロ(Fox Glove)、アメリカヤマゴボウ(Pokeweed)

 吐き気、腹痛、または下痢を起こすもの:

杏、アーモンド、セイヨウヒイラギ、桃、桜、西洋ミザクラ、梅、ニセアカシア(Black Locust)、バイカウツギ(Mock Orange)、西洋イチイ(American Yew)


前に戻る