◎ 最近の定例会                  

高槻オーロラシティ 駅前寄席     高槻市民寄席     

 出前寄席の模様はこちら

◎ 今後の公演予定については、「お知らせ」コーナーをご覧ください。

過去のネタ帳   過去の活動報告ファイル   噺の会じゅげむの歩み 
  



第293回 噺の会じゅげむ定期公演 


 第105回 高槻市民寄席  


と  き  平成30年7月15日(日) 午後1時開演

ところ 高槻市立生涯学習センター 1階 展示ホール

共 催 高槻市立生涯学習センター/噺の会じゅげむ



メンバーの集合時間は午前10時30分。

「高槻市民寄席」の場合、生涯学習センター

1階ロビーでくつろぎながらメンバーと待ち

合わせのはずが、今回、そのロビーが「大阪

北部地震」における罹災証明書発行手続き

の待ち合わせ場所となっておりました。

そうです。高槻は「被災地」なのです。


ロビーと壁1枚隔てて、こちら側は笑いの世界。

準備も着々と進んでいます。


設営完了。


今回は「じゅげむ社中」によるお囃子。ただし、

太鼓のみですが。その太鼓が大活躍です。


太鼓担当は、志熨家かりんさん。まずは、

一番太鼓です。


受付は、罹災証明の手続きの横で、いつも

より控えめになっています。

今回の活動報告も、くじらいだー@さんの

ブログの「ミニ活動報告」を引用させていた

だいています。(
青字の部分)


前説は、今回出番のない寿亭司之助さん。

地震の直後ですが、あえて、地震の小咄を

披露しました。実は司之助代表も「被災者」

です。ただし通勤電車に「缶詰」になった、

ということですが・・・。

今日は「猛暑」にもお気をつけください。

  


さて、開演です。地震と大雨の被害も何の

その。開演時にはほぼ満席になっています。



トップは、潮吹亭くじらさん。ネタは、旅ネタの

「兵庫船」です。正式には「兵庫船鱶の魅入

れ」と言います。播州巡りを終え、兵庫の鍛冶

屋の浜から乗る船の中でのエピソードです。


前座ながら「生の太鼓」+「テープのハメ」

が入る豪華版です。肝心のセリフがやや

ふらつき気味で申し訳なかったです。この噺、

いづれ「鱶の魅入れ」までやってみたいです。


    


二番手は、洋酒家巧駆さん。演目は、「二人

癖(ぐせ)」です。全く癖がないように見える

人でも、何かしら少しは癖があるものです。

癖を直すために、その癖が出たら、罰金を

払うことにします。


何とか相手にその言葉を言わせようと、しま

すが、思わぬ逆襲を受けてしまいます。

今回も忙しい仕事の合間を縫っての高座で

す。最近は語り口に「貫禄」が加わってきた

ように思います。


お茶子は、寿亭さや豆ちゃん。


三番手は、三流亭志まねさん。ネタは、

江戸落語の「大師の杵」です。弘法大師が、

武蔵の国で娘に惚れられますが、大師は

すぐに立ち去ります。娘は失恋に耐えられ

入水してしまうことになります。会話が比較

的少ない地噺でした。





大きなリュックを背負ってきた

「落語の出来る山男」。この噺の舞台

「六郷の渡し」・・・くわしくは当会HP

「三流亭志まねの東海道Walk」

ご覧下さい。


中トリは、六弦亭ざくろさん。演目は、「宇治

の柴舟」です。絵に描かれた美人に恋煩い

の若旦那は熊五郎に勧められ、気分転換に

京都の宇治へやってきますが、そこで、絵の

美人にそっくりな女性を発見します。


この噺には「太鼓」のハメがふんだんに

入ります。太鼓担当・志熨家かりんさんとの

綿密な打ち合わせの甲斐あって、見事な中

トリ。この噺を演るにあたって「宇治」まで

足を運んできたそうです・・・



お茶子は基本的に寿亭さや豆嬢がひとりで

こなすのですが、時に「もぐもぐタイム」の

最中・・・。このときはお母様のかりんさんが。

今回は「太鼓」と「お茶子」の二刀流です。



地震と大雨の影響で、お客さんの激減を

覚悟していましたが、おかげさまをもちまして、

入場者149名の大入満員となりました。

ご来場いただき、まことに有り難うござい

ます。



約10分間の中入り休憩です。


楽屋には、出演者の志まねさんから尾瀬と

福井のお土産、巧駆さんから姫路のお土産

が並んでました。ごちそうさまです <(_ _)>



中入り後は、歩鱈小酔さん。ネタは、「看板

の一(ピン)」です。単純ながらやめられない

というサイコロ賭博の噺。隠居さんに高度な

テクニック? でだまされた若い衆が、その

マネをしようとして大変なことになります。


他人のマネをしてどツボにはまる。

落語によくあるパターン。

小酔さんの落語の世界は「愛嬌」たっぷり

です。


今回のトリは、びい亭るうずさん。演題は、

「火焔(かえん)太鼓」。いつも損ばかりし

て、女房に責められてばかりの道具屋の

主人が仕入れてきた汚い太鼓が、実は名器

だったことから、大儲けすることになります。


この噺の冒頭。るうずさんは必ず江戸時代

の貨幣の標準的換算レートを説明してくださ

います。

 一両=12万円  一分=3万円
一朱=7,500円  一文=30円

毎回メモするんですが、毎回忘れます

それじゃだめジャン。


何事にも本格的に取り組むるうずさんらし

い、トリネタです。

江戸落語の名作とも言えます。故・古今亭

志ん生師匠の「火焔太鼓」は今でも語り種

になっています。



無事お開きになり、お客さんを見送ります。

すると、誰もいないはずの楽屋から

「しころ」の太鼓の音色が・・・。


さや豆ちゃんが、一人で「しころ」の太鼓を

打っていました。母親のかりんさんの稽古を

見ているうちに自然と覚えたようです。

次回定例会は、8月19日の「駅前寄席」

です。よろしくお願いします。










第292回 噺の会じゅげむ定期公演
 高槻オーロラシティ 駅前寄席 vol.178

と き  平成30年6月10日(日) 午後2時開演
ところ  
高槻西武百貨店(高槻オーロラシティ)6階多目的ホール 


台風5号が接近ということで、午前中は曇り

模様でしたが、午後からは雨が降り出しまし

た。寄席などの興行ものに雨は天敵。まし

てや、当会の寄席は入場無料なので、天候

の影響をもろに受けます。


まずは、午前中に会場設営にかかります。

各メンバーが大車輪で動き回って、寄席の

会場を作り上げます。それぞれがあうんの

呼吸で無駄なく約1時間で完成です。


出来上がった高座でネタ繰りを始める太陽

さん。ここは早い者勝ちです。

今回の活動報告も、くじらいだー@さんの

ブログの「ミニ活動報告」を引用させていた

だいています。(以下の
青字の部分)



開場時の受付の模様です。天候のせいか

お客さんのお越しも少し控えめで、「今日は

あかんかな?」というメンバーの声も聞こえ

てましたが・・・。


開演時には、客席がほぼ埋まるくらいに

ご来場いただきました。

この日の番組は、司之助さん曰く、「寄席の

見本のような構成」とのこと。なかなかこの

ような番組編成にはならないものです。



前説兼トップは、寿亭司之助さん。ネタは、

「桃太郎」です。父親が子供に寝物語を

しますが、細部にわたって子供の質問攻め

に。子供が父親に語る「桃太郎」の新解釈

は理路整然としていて説得力があります。


前説を兼ねて早めの登場です。今回の

番組は、古典と創作ものとがバランスよく

並んでいます。「桃太郎」は古典では

ありますが、なんとなく、寿亭父娘の

ドキュメントに思えてなりません。


二番手は、高月亭すばるさんです。演目は、

「湯屋番」。なまけ者の若旦那が働かなけ

ればらなくなって、男の夢 !? の念願の風呂

屋の番台に上がります。意気揚々と番台に

上がるなり芝居がかりの妄想の世界に・・・


代表的江戸落語。湯屋(風呂屋)の番台

での「妄想」が聞き物。普段は実直な

すばるさんが演じる「妄想劇場」に何とも

言えない味わいが。今日は久々の「高月亭

父子競演」です。


三番手は、歩鱈小酔さん。ネタは、「読書

の時間」です。読書は人生の糧であると

言われますが、子供にとって本を読むこと

は大切な勉強です。でも、そこに、大人の

事情が関わってくると・・・。


新しい「芸名」「出囃子」とも板についてき

ました。六代文枝師の創作。スマホなどの

普及で確かに今の若者の活字離れはゆゆ

しき問題。もっと活字を・・・。たとえ、

「未亡人日記」であっても!?


お茶子は志熨家かりん・寿亭さや豆の母娘

コンビ。この「寿亭さや豆」という芸名は、

かりんさんのお腹にいるときに「本名」より

先に決まったとのこと。もう、この世界から

逃げられない運命なり!?


中トリは、三流亭志まねさんです。演目は、

「夢の酒」。若旦那が昔なじみの女の所で

いい雰囲気になる夢を見ます。その夢を

聞いた女房が嫉妬して大騒ぎに。そこに

大旦那が仲裁に入りますが・・・。

夢と現実が巧みに入れ違います。



出だしは「おや?天狗裁き?」。

その後は「夢」と「現実」の出来事が

つながって・・・。こういう噺は演じる側も

混乱しそうですが、そこは百戦錬磨の

志まねさん。見事な中トリ。


当初、天気予報では、「梅雨と台風の合わ

せ技で大雨の恐れあり」と言われてました

が、雨は降ったものの、大雨にはなりま

せんでした。それでも、足下のお悪い中、

107名ものお客様方・・・。ありがたい

ことです。


中入り休憩。

ここまで予定時間よりも若干早めに進んで

います。なかなかいい感じです。


中入り後は、高月亭太陽さんです。ネタは、

「オレオレ詐欺」。今、巷に増加している

特殊詐欺がテーマです。オレオレ詐欺等は、

実際に深刻な社会問題。是非とも、この

落語を真剣に? 楽しんで、防犯意識を

高めて欲しいものです。


兵庫県警公式チャンネルで桂三若さんが

演じてます。まず、この目の付け所に脱帽

です。この高座から太陽くんが家族思いの

優しい青年であることがわかりました。何度

でも演じてほしいですね。



トリは、潮吹亭くじらさん。演題は、ネタお

ろしの「住吉駕籠」です。街道筋を行く

駕籠屋には、不埒な者もおり、そういう

駕籠は「くも駕籠」と呼ばれました。

でも、この噺の住吉街道の駕籠屋さんは、

そんな悪者ではなく、お人好し!? かも。


メインは、かの「酔いたんぼ」。この

「くどさ」で笑いを誘うのですが、くど

すぎるとダレる。やっぱり難しい噺です

が・・・。ネタおろしのあと「もう二度と

演りたくない」と思う噺と「手応え有り、

また演りたい」と思うネタがありますが、

今回は後者。トリの重責を果たした、

と言うことでよろしいでしょうか?


どちらかというと、人が好すぎて、茶店の親

父、武士、酔っぱらい、堂島の相場師など、

次々と現れる変な客に振り回されるばかり

です。くせのある登場人物を演じ分けての

見事なトリでした。



おかげさまをもちまして、無事にお開きと

なりました。番組もよかったですが、各演者

の時間配分も理想的で、ほぼ予定どおりに

進行することができました。(こんなことは

滅多にありません・・・!!)


打ち上げは、会場のある西武百貨店の

レストラン街のお好み焼き「千房」さん

です。
寄席が成功した後に飲むお酒は、

実に甘露の味かもしれません。


高校生でデビューした太陽さんも大学生。

乾杯の和に加われるようになりました。


次回の定例会は、7月15日(日)開催の

「高槻市民寄席」です。番組等詳細は、

「お知らせ」コーナーをご覧ください。


出前寄席の模様はこちら        活動報告トップへ戻る  過去の活動報告