◎ 最近の定例会                  

高槻オーロラシティ 駅前寄席     高槻市民寄席     

 出前寄席の模様はこちら

◎ 今後の公演予定については、「お知らせ」コーナーをご覧ください。

過去のネタ帳   過去の活動報告ファイル   噺の会じゅげむの歩み 
  



第267回

噺の会じゅげむ定期公演 

 第92回 高槻市民寄席  


と  き  平成28年5月15日(日) 午後2時開演

ところ 高槻市立生涯学習センター 1階 展示ホール


共 催 高槻市立生涯学習センター/噺の会じゅげむ


この日もいい天気です。落語日和というよりも

行楽日和ですね。お客さんは来てくれるかな?


朝の集合直後の控え室です。連休中に福島県

へ落語のボランティアに行っていたびい亭るうず

さんから報告がありました。


おみやげの桃の饅頭です。見た目もきれいで

ほんのり、桃の香りがしてました。味ももちろん

美味しかったです。


会場設営の開始です。



高座に上がる階段が、以前からぐらついていた

ので、るうずさんが板で補強をしてくれました。


徐々に落語会の会場が出来上がって行きます。


  


受付のディスプレイもるうずさんが新調してくれ

ていました。


高座が出来上がりました。


開始から1時間後、会場設営が全て完了です。

今回の活動報告も、例によって、くじらいだー@

さんのブログの「ミニ活動報告」も引用させてい

ただいています。(以下の
青字の部分です)


受付のディスプレイも新しくなって、いよいよ

開場です。


待ちかねたとばかり、お客さんが次々とご来場

されました。


前説は、この日、出番のない三流亭志まねさん

です。

毎回、寄席のDVD撮影を一手に引き受けてくだ

さってます。出番がなくても大忙しです。


開演です。

この時点で、入場者は100名を超えていました。


トップは、悠々亭一光さん。ネタは、「魚根問」で

す。一光さんの十八番でもある「やかん」という

落語の前半部分を独立させた噺が、この「魚根

問」らしいです。


江戸も上方も思いのまま。

今回はまさに「江戸前」落語とはいえ「うお」と「さ

かな」の違いに思わず納得・・・



高座と楽屋を仕切るのれんも、涼しげな夏向きの

ものに掛け変わりました。


二番手は、文々亭小輔さんです。演目は、「お玉

牛」。艶笑落語になる。元々は、「堀越村のお玉

牛」というタイトルで、最初にお玉の生い立ちを

説明するくだりがありましたが、今では演じられ

なくなったようです。


小輔さんが20歳代のころからの持ちネタです。

「夜這い」がテーマの噺をさわやかにまとめる

ところは20歳代のころそのままです。


お茶子は「志熨家かりん・寿亭さや豆」母娘コン

ビ。最近は、これが楽しみだというお客様も・・・





三番手は、洋酒家巧駆さん。ネタは、江戸時代

名工の誉れ高い彫刻家・左甚五郎が活躍する

「竹の水仙」です。他に甚五郎ネタとしては、「三

井の大黒」や「ねずみ」がよく演じられます。


名工が彫り上げた竹の水仙を買いに来るのが

肥後熊本のお大名。熊本・・・現代の噺ではない

のに、やはり思わずにはいられませんね。落語

に出てくる「左甚五郎」は、彫刻師というより魔術

師ですね。


おかげさまをもちまして、入場者171名の大入

満員となりました。ご来場いただきまして、まこ

とに有り難うございました。改めまして、御礼を

申し上げます。


さや豆嬢の名ビラ返しも、板についてきました。


中トリは、寿亭司之助さん。演目は、十八番の

「老婆の休日」です。桂文珍師匠の創作落語で、

素人落語の噺家でも演じる人の多いネタかも

しれません。元気なおばあさんの落語です。



おそらく司之助代表の最も上演頻度の高い演目

でしょう。でも、何度聞いても見事です。文珍師

の原作にはない「防犯啓発」落語でもあります。


ここで、中入りの休憩です。時間にして約10分。


いろいろと差し入れもいただいています。



中入り後は、六弦亭ざくろさん。ネタは、「仏師屋

盗人」です。仏師とは、仏像を作る職人のことで、

その店が仏師屋ということになります。そこに

泥棒が入り込みますが・・・。


声の大きさが他のメンバーと大きく違います。

そして人物描写もいつも深く掘り下げて・・・。

上から目線だった盗人が、いつのまにか、仏師

屋の弟子扱いに。



今回、定例会で初めてトリをとる高月亭すばる

さん。楽屋の外で、ちょっと落ち着かない様子

ですな。


出囃子とハメを担当する潮吹亭くじらさんです。

今回、私は出番はないのですが、2席目とトリに

は「ハメ」が入ります。タイミングを間違いません

ように・・・


トリは、高月亭すばるさん。演題は、「狸の化寺」

です。人間国宝の故・桂米朝師匠が復活させた

珍品落語です。河川などの修復工事を請け負う

黒鍬(くろくわ)組が主役となり、物語が展開しま

す。


息子さんの太陽くんをはじめ、メンバー皆が見守

る中、初の「トリ」。いろいろ戸惑いもあったようで

すが、持前の誠実さで、無事乗り切りました。

残念なのは、私が最後のハメを切るタイミングを

間違ったこと。すみません。でも、すばるさん、お

見事。


黒鍬組の男たちが宿泊所にしている荒れ寺に

化け物が出没します。頭領の竜五郎がこれを

追いつめていくと、狸が化けていることが分か

ります。そのうち、狸は欄間の天人の一人に化

ますが・・・。


無事にお開きとなり、出演者とスタッフ総動員で

お客さんのお見送りです。


寄席が終わった後は、すぐに撤収作業に移行

します。


あっという間に撤収完了。


打ち上げは、久しぶりのイタメシです。それも、

サイゼリヤはお初ですね。


珍しく、ワインとビールで乾杯!!


ワインは大きなボトルで頼むので、ビールより

割安になるようです。


打ち上げの最後は、お決まりの大阪式の三本

締めでお開きでした。

活動報告トップへ戻る

HPトップへ








第265回 噺の会じゅげむ定期公演

 
高槻オーロラシティ 駅前寄席 vol.164
   
と き 平成28年4月24日(日) 午後2時開演

ところ  
高槻西武百貨店(高槻オーロラシティ)6階多目的ホール 


この日の天気は晴れです。


今回の活動報告も、例によって、くじらいだー@

さんのブログの「ミニ活動報告」も引用させてい

ただいています。(以下の
青字の部分です)


今から5年前「東日本大震災」直後に開催を予定

していた「第136回・駅前寄席」は、会場である

西武百貨店側の判断で中止(結果的には6月に

延期)となりました。


今回「第165回・駅前寄席」は「熊本大震災」の

直後となりましたが、予定通り開催です。


着々と会場設営は進みます。


会場設営が完了しました。


引き続き、配布用のプログラムやチラシの準備

に取り掛かります。

  


こちらでは、お茶子の特訓中。


西武百貨店では、ちょうど、物産展の王道と

いわれる北海道物産展が開催されていました。


店内の随所に案内のPOPを置いていただいて

ます。


受付の準備も万端です。


前説は、出番のない寿亭司之助さん。

ご自身も奥様である志熨家かりんさんもご親類

が九州ということで、この震災は他人事でないよ

うです。


で、もう一つ心配が・・・

本日中トリの「三流亭志まね」さん。仕事上の

都合で、10時半の段階で新幹線品川駅に・・・

間に合うのか?

といううちに、開場時間がきました。


開演のお囃子に柝(き)を入れます。


開演です。客席は、ほぼ満員。


トップは、潮吹亭くじらさん。ネタは、「猫」です。

飼っている猫がいきなり人間の言葉をしゃべり

出すという、なんとも摩訶不思議な落語です。

でも、それは・・・


小佐田定雄先生作ではありますが、桂枝雀師

の「SR」がベースになってます。枝雀師の心の

叫びのようなネタですが、今回は、私自身の

思うところも混ぜさせてもらいました。


二番手は、六弦亭ざくろさん。演目は、「不運」で

す。人間は、運と不運で人生が大きく変わってし

まうことがあります。また、運が付きまくる人もあ

れば、その逆の人も・・・。


笑福亭仁智師作で、原題は「ハードラック」。

ざくろさんがあえて日本語に改題しました。

ありえないような「運」に翻弄される、なんとも

スリリングな展開の噺です。


お茶子は「志熨家かりん・寿亭さや豆」母娘コン

ビ。今回もさや豆嬢の「めくり」に拍手が・・・


特訓の成果があったようですね。


三番手は、文々亭小輔さんです。ネタは、「京の

茶漬」。京都の有名な風習として、お客さんが

帰ろうとすると、「ちょっと茶漬でも」と愛想言葉

を言っていたそうです。あくまで、言葉だけなの

ですが・・・。


現在、京都在住の小輔さんが語る「京都人

気質」。もちろん、落語ならではの誇張では

ありますが、茶漬食べたさに足を運ぶ

「大阪人」も落語ならではのえげつなさです。


中トリは、三流亭志まねさん。演目は、「そば

清」です。遅刻するかもと思われましたが・・・。


無事出番には間に合いました。ただしご本人が

楽しみにしていた「北海道物産展」恒例のラーメ

ンは食べられず・・・


上方の「蛇含草」ではむきになって餅を食べる

のに、こちら「そば清」は、淡々と涼しい顔して

大量の蕎麦を・・・ここらが江戸落語ですね。


おかげさまをもちまして、今回も入場者110名

の大入満員となりました。毎度、ご来場いただき

まして有り難うございます。


というところで、中入りです。


今回の楽屋への差し入れです。メンバーから

ちょっとしたお菓子と、お客さんから手作りの

イチゴ大福をいただきました。


中入り後は、南茶亭おすしさん。ネタは、「せん

たく」です。育ての親が、自分が実の親でないこ

とを子供に告げるべきかどうか大いに悩むとい

うストーリー展開です。テレビではよくあるシチュ

エーションですが、現実なら切実な問題です。


桂三風さんの創作。「洗濯」と「選択」がかかって

るので、タイトルがひらがなになってます。途中で

「ここがサゲ」と思える箇所があります。事前に

サゲは聞いていたのに、思わず勘違で「サゲ囃

子」を入れそうになりました。


楽屋で、出囃子のタイミングを計るくじらさん。


大トリは、悠々亭一光さん。演題は、「井戸の茶

碗」です。講談の「細川候茶碗屋敷の由来」を

春風亭柳枝(幕末の落語家)が人情噺に仕立

て直したものだそうです。


正直で欲のない浪人と侍との間で右往左往す

る屑屋さん。後味さわやかな筋立て。一光さん

の人柄とマッチしてます。見事な「トリ」お客様も

大いに納得です。


裏長屋の浪人から安く買い受けた仏像を細川

家の家来に安く売りますが、その仏像の中から

小判が五十両出て来て、そのお金を巡って屑屋

さんが大変な目に遭います。でも、どちらの侍も

頑固ですが、いい人です。


無事お開きとなり、スタッフ全員でお客さんを

お見送りします。この時に声を掛けていただくこ

とも多く、それがまた励みになります。


最年長のざくろさんと最年少のさや豆ちゃんが

仲良くPOPの撤収作業をやってます。


打ち上げは、会場の近所の「串家物語」です。

会場設営が完了しました。


串揚げ食べ放題でビールも進みます。


さや豆ちゃんの好物はウインナーです。揚げる

前のウインナーをばくばく食べてました。


今回、トリを務めた一光さん(中央)は、次回の

定例会(高槻市民寄席)ではトップを務めること

になっています。

出前寄席の模様はこちら        活動報告トップへ戻る  過去の活動報告