◎ 最近の定例会                  

高槻オーロラシティ 駅前寄席     高槻市民寄席     

 出前寄席の模様はこちら

◎ 今後の公演予定については、「お知らせ」コーナーをご覧ください。

過去のネタ帳   過去の活動報告ファイル   噺の会じゅげむの歩み 
  



第287回 
噺の会じゅげむ定期公演 

 第102回 高槻市民寄席  


と  き  平成30年1月21日(日) 午後1時開演

ところ 高槻市立生涯学習センター 1階 展示ホール

共 催 高槻市立生涯学習センター/噺の会じゅげむ



今年最初になる定例会です。

通算で、287回目。

天気は落語日和の晴れ模様です。



午前10時30分、設営作業が始まります。

素人落語の寄席では、大事な仕事の一つ

ですね。ここのホールは広いので、結構、

力仕事でもあります。


寄席の要の高座が完成しました。

客席から見やすく演者も演りやすい

というのが基本です。


寄席の受付とその周辺のディスプレイの

設営は、ざくろさんとさや豆ちゃんの年の

差コンビが担当します。


出演者が勉強し、また反省材料にする

ため、毎回、ビデオ撮影をしています。

担当は、志まねさんです。撮影だけでは

なく、コピーして配付するのも、かなり

手間な作業です。



演者の名前を寄席文字で書いた名ビラも

寄席の雰囲気を醸し出す小道具です。

この名ビラ立ては、故・弘遊さんの形見の

品です。


  


設営が終わると、お客さんにお配りする

プログラムと次回告知のビラを準備します。

この作業も、意外と時間がかかります。



設営が完了した高座の向こうで何かが

始まったようですな!?


そうです。正月公演恒例のお年玉作り!!



    


今回は大入り袋を200個用意しました。

さて、全部配りきれるでしょうか?


お客さんの入場を待つ会場です。

いつもより多めに椅子を準備しています。


受付の準備も万全です。


プログラムとチラシとお年玉(大入り袋)を

セットにしてお配りします。





今回のお囃子は、やんごとなき理由で

大太鼓とドラのみです。それでも大太鼓

による一番太鼓が寄席の風情を盛り上げ

てくれます。担当は、志熨家かりんさん

です。


一番太鼓が鳴り響くと開場です。待ちか

ねのお客さんが続々とお越しになります。


今回は、ケーブルテレビのJ:COMさん

の取材(右側)が入っています。




こちらは、出演者のスチール撮影担当の

スタッフの真琴家笑吉さんです。

今回の活動報告も、くじらいだー@さんの

ブログの「ミニ活動報告」を引用させていた

だいています。(以下の
青字の部分)


いよいよ開演です。すでに、客席は満員の

状態になっていました。

「顔見世大興行」ということで、メンバー全

員出演です。持ち時間は原則1人10分。

それぞれの演目に決意をこめて・・・



トップは、びい亭るうずさん。演目は、

「山のあなた」です。都会の喧噪を離れた

山奥で、山のあなたの「幸い」を探し求め

るという摩訶不思議な展開の落語です。


2018年最初の高座は、るうずさんの

十八番。枝雀師作の癒し系創作もの。

今年も幸い多き一年でありますように。


お次は、洋酒家巧駆さん。ネタは古典落

語の「子ほめ」です。タイトルのとおり、子

供をほめて、ほめて、ほめ倒して、その親

からご馳走になろうという算段なのですが、

とんでもない方向に進んでしまいます。


今日は事情により三味線は無しですが、

今年もお願いすることもあるでしょう。

高座は古典中の古典をきちんと演じま

した。



三番手は、寿亭司之助さんです。演目は、

正月公演用に用意した「かえるの恩返し」。

恩返しをするのは「鶴」だけではありませ

ん。かえるもちゃんと恩返ししてくれます。

でも、人間の心構え次第ですが・・・。



こちらは小噺の再編集。サゲはちょっとし

た「考え落ち」ですが、お客様にちゃんと

伝わってました。


お茶子はかりん・さや豆母娘コンビ。


大体のお茶子の仕事は、さや豆ちゃん

だけで出来るようになりましたが、見台と

膝隠しの移動はちょっと重いので、母親

のかりんさんがお手伝い。



次は、南茶亭おすしさん。演目は十八番

の行方不明者を捜し求める「蒸発」です。

この日は、仕事で出張が控えており、

前半に出演の太陽さんと出番を交替

しました。



本来の出番の「高月亭太陽」くんが蒸発

して急遽の出番・・・実際はおすしさんの

都合ですが。

実は今年の「干支ネタ」なんですね。



次は、江戸落語の三流亭志まねさんです。

演目は、「たけのこ」。上方落語では、侍

の落語のマクラによく使われる小咄です。

隣家の庭に出たたけのこを巡って、下級

武士の生活感が実によく表れています。


このネタ、江戸落語仕立てだとどうなる

のか、私も楽しみにしてました。筋立ては

ほとんど変わりませんが、江戸落語の方

が「侍ネタ」はしっくりくるようですな。


中トリは、悠々亭一光さんです。演目は、

「オトナの試験」。社会人になってからも、

とんでもない試験を受けなければならない

会社員の噺です。珍問・難問の連続に

四苦八苦するオトナの悲哀が覗けます。


桂かい枝さんの創作。

営業部員が取引先で学力試験を・・・

ちょっとお茶目なネタが、一光さんには

よく合います。見事な中トリ。


中入り(休憩)です。




会場である高槻市立生涯学習センター

発行の活動情報誌「学びのひろば」の

表紙です。

上段左 全員     右 おすしさん
下段左 ざくろさん  右 太陽さん


楽屋へのスタッフからの差し入れです。



中入り後は、高月亭すばるさん。演目は、

「光の国から」です。光の国といえば、

特撮ヒーローものの元祖とも言えるウル

トラマンの故郷M78星雲のウルトラの星

にある国のことですね。


落語ではなく、懐かしの「ウルトラマン

談義」。かつて私がやった「昭和演芸

史」をヒントにされたらしいです。

最後はカラータイマーの音と共に光の国

へ帰ってゆきました・・・


次は、昨年に文々亭小輔から改名した

歩鱈小酔さん。演目は、「世帯念仏」です。

全編念仏を唱えるだけという風変わりな

落語になってます。でも、主人公は周りが

気になって念仏に集中できません。


当会のレジェンド「仁六家拾八」さんの

得意ネタです。あの頃から変わらぬ、

当会のエース。その明朗快活な語りは

今年も健在です。


そして、おすしさんと出番を交替して後半に

登場した高月亭太陽さん。ネタは、「おかし

な七福神」です。正月らしい縁起物でもあ

る七福神にまつわる初夢の落語になって

います。


「蒸発から帰ってきました」

そのつかみも見事。このネタは桂文我師の

「落語絵本」から見つけました。

その若い感性、今年も期待してます。


次は、潮吹亭くじらさん。演目は、「猫」

です。小佐田定雄先生作で、故・桂枝雀

師匠の「SR」が元ネタです。猫が突然に

しゃべり出すという何とも不思議な展開

になっています。


思い切って導入部をカットしましたが、

受け方はいつもとあまり変わりませんで

した。お客様にはすっかり「おなじみの

ネタ」のようですね。


顔見世大興行の大トリは、六弦亭ざくろ

さん。演題は、「手紙無筆」の一席です。

「平の陰」というタイトルで演じられる

こともあります。


今年もハイテンションの「元気印」。

最近は、ざくろさんの高座が楽しみだと

おっしゃるお客様も多いようです。

トリの重責を充分すぐるくらい果たしま

した。


昔は日本でも、字の読み書きができな

人も多かったようで、中には見栄をはって

字が読めるふりをする人もいたようです。

そんな人に手紙を読んでもらったりすると

大変なことになってしまいます。


おかげ様をもちまして、今回の正月公演

も入場者206名の大入満員となりました。

お寒い中をお越しいただき、まことに有難

うございました。


終演後、お客さんを送り出すのは「しころ」

という曲です。かりん・さや豆の母娘でドラ

と太鼓を演奏しました。


メンバーの集合写真です。上の二人は、

仕事の都合で、最後まで残れなかった

メンバー(巧駆さんとおすしさん)です。


今回の打ち上げ兼新年会は、市内の居酒

屋の「彩鶏だいにんぐ・氣DORI」です。


 (撮影・寿亭さや豆)


打ち上げの最後は、当会のお定まりの

「大阪締め」です。

本年も「噺の会じゅげむ」をご贔屓の程、

よろしくお願い申し上げます。

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m







第286回 噺の会じゅげむ定期公演
 高槻オーロラシティ 駅前寄席 vol.174

と き  平成29年12月17日(日) 午後2時開演
ところ  
高槻西武百貨店(高槻オーロラシティ)6階多目的ホール 


天候は、曇り。一段と寒くなってきました。

会場の西武百貨店は、クリスマス商戦の

真っ只中!!


会場設営開始。まずは、高座の組み立て

です。会場の都合で、毎回、使う素材が

違うので、工夫が必要です。



椅子は、一昨年にちょっと豪華な椅子に

変わったのですが、ちょっと重量があるの

で、結構、力仕事になります。


会場設営の完了です。さっそく、太陽さん

が、高座でネタ繰りを始めています。



お客さんにお配りするプログラムやチラシ

を流れ作業で組み合わせていきます。


受付も準備万端。お客さんの御来場を

待ちます。この時は、期待と不安が・・・。

今回の活動報告も、くじらいだー@さんの

ブログの「ミニ活動報告」を引用させていた

だいています。(以下の
青字の部分)

  


前説は、寿亭司之助さん。来年1月21日

「吉例顔見世大興行」の告知。そのあと、

ネットで見つけた「上方落語界における

血液型分布」という、ちょっと異色の前説

となりました。B型は桂枝雀師以外は

「全滅」らしいですが・・・


その間にも続々とお客さんが御来場!



開演時にはほぼ満員となりました!!


トップは、悠々亭一光さん。ネタは、「やか

ん」です。漢字では「薬缶」などと書きます

が、なぜ、「やかん」が「やかん」という

名前なのか? という、どうでもよいような

テーマを、戦国時代の合戦まで持ち出して

熱弁をふるいます。  


この人もB型だそうな。

いわゆる「根問もの」の集大成ともいえる

ネタです。これは「江戸落語」。

江戸・上方自由にあやつる一光さん、

ある意味うらやましい。



二番手は、高月亭太陽さんです。演目は、

「親子酒」。大酒飲み(というより、酒に

飲まれてしまう)親子の食い違う会話が

楽しい落語です。さて、親子の大酒飲み

対決はどちらに軍配が上がるでしょうか?



彼もB型。で、どうやらプロを目指してるら

しい。この「親子酒」は「江戸落語仕立て」

で、上方とはかなり筋立てが違います。

でも今回、かなり受けてました。


三番手は、三流亭志まねさん。ネタは、江戸

落語の「長短」。タイトルそのまんまで、

すこぶる気の長〜い「長さん」と、むやみに

気の短い「短七」の二人の会話だけなの

ですが、気性が正反対でも意外と仲がいい

という「ちぐはぐさ」が実に面白い噺です。


日本人に多いA型です。先日私は「上方

仕立て」(筋はほとんど変わらず)のを

聴きましたが、やっぱり江戸落語の方が

しっくりきます。で、ここまで3席「江戸落

語」が続きました。当会も江戸落語志向に

なりつつあるのか?


お茶子は「志熨家かりん・寿亭さや豆」

の母娘コンビ。


さや豆ちゃんも、一人でお茶子の仕事が

できるようになってきましたが、ちょっと

重い見台・膝隠しはお母さんがお手伝い。


中トリは、歩鱈小酔さん。演目は「池田の

猪(しし)買い」です。猪の肉を買いに

大阪から池田まで歩いて行くという、

上方落語らしいギャグの詰まった噺。

落語家に多いO型。これはもう100%上方

落語。彼の「小輔」時代からの十八番。


で「猪買い」といえばで、メンバーで「猪買

い徒歩ツアー」を敢行したのが2001年で

した。まだ拾八さんがご存命のころ。いい

思い出ですが、もう「行きたい」とは思わな

いな・・・
   猪買いツアーの模様はこちら


「池田の猪買い」には、途中、ドラのハメが

入ります。そのタイミングを計る楽屋の

かりんさん。


おかげさまをもちまして、今回の駅前寄席

も入場者123名の大入満員となりました。

お寒い中を御来場いただき、まことに

有り難うございました。




大盛況のうちに中入りとなりました。


志まねさんからの差し入れ。草津名物の

「うばがもち」です。志まねさんは、最近、

東海道を徒歩で踏破されたそうで、その

話は、いずれHPでご紹介できると思い

ます。これはその時のお土産ですね。


これは、スタッフの真琴家笑吉さんからの

どら焼きの「槻(けやき)」。なかなか食べ

応えのある高槻銘菓でした。


こちらは、かりんさんとさや豆ちゃんからの

キャンディとのど飴です。落語はのどを

大いに使うので有り難いですね。


自分の出囃子テープを自分でセットする

出囃子担当の潮吹亭くじらさん。


ということで、中入り後は潮吹亭くじらさん

の十八番「餅つき」です。餅つきをするお金

のない夫婦が近所に見栄を張って、奇抜な

方法で餅をつくふりをします。
この噺は、亭

主の一人芝居がポイント。餅をつく仕草が

見もの(聞きもの?)です。


すまんのう!B型じゃ。で、諸般の事情に

より、3年ぶりの「餅つき」となりました。

ネタもさることながら「音」がちゃんと出る

か心配でしたが、ありがたいことに「拍手」

が起こりました。落語らしいネタとして、

今後も大切にしたいですね。


この落語にもハメが入ります。今回は、

司之助さんが、タイミングを見計らって

ドラを一発叩きました。


トリは、南茶亭おすしさん。演題は「宿題」

です。子供の宿題を見てやる父親の噺で

すが、子供の宿題は成長するとともに

レベルアップしてきて、お父さんも四苦

八苦です。


A型です。六代文枝師の創作で、今やおすし

さんの鉄板ネタ。演じる側として「古典」よ

り「創作」の方が覚えにくいといわれてま

すが、特にこのネタは数学的知識を要し

ますね。さすが「セミナー講師」でもある

おすしさん、さすがです。


宿題の内容が難しすぎて、どうしようもなく

なったお父さんは、父の威厳を守るべく、会

社の部下に宿題の解答を教えるように業務

命令を出しますが、急にその頼りにしてい

た部下が来れなくなり、大騒動になります。


今年最後の定例会も無事にお開きになり、

皆でお見送りします。


撤収作業も終え、ほっと一息つくメンバー

たちです。


打ち上げ(串カツ食べ放題)もお開きと

なり、解散前に恒例の大阪締めです。

この年は、当会にとって、記念公演の

大成功等で飛躍の年になりました。


最後は、さや豆嬢が記念写真を撮ってくれ

ました。なかなかいい表情を捉えています。

次回定例会は、1月21日(日)開催の高槻

市民寄席です。よろしくお願いします。


出前寄席の模様はこちら        活動報告トップへ戻る  過去の活動報告