世界各国の看護

                                                                         1999.2.7作成


世界各国といっても、アジアが中心です。今までに情報収集できた範囲でご紹介したいと思います。

世界中で行われている看護を参考にすることで、看護の原点が見えてくるかもしれませんね。

(注意:3年ほど前の情報もあります。新しく変わったところ等ご存じでしたらお知らせ下さい。

また、情報収集先の違いから、内容が統一されておりません。ご了承下さい。今後も更新を予定しています。)

 ケニア マレーシア スリランカ タイ ネパール   ミャンマー                    


  ケニア

              
看護婦数

正看護婦:約9,000人、

准看護婦(に相当するもの):約11,600人

人口 約2500万人
内科医 約2900人
ベッド数 24,708(人口1,000人に対し1.32)
看護免許 一度免許を取ると一生涯有効
看護教育

18歳以上の者には2通りの道がある

 ・4年間の看護学校

 ・8年間の主要看護学校

継続教育

集中治療看護−1年間

精神看護−1年間1972年より正精神看護婦コース開始

公衆衛生看護−1年間

健康教育−1年間

教育方法−1年間

手術室看護−6ヶ月

新生児看護−6ヶ月

外傷看護−6ヶ月

看護婦の

  勤務時間

3交替制・週35−40時間労働

 ・午前勤務 7:30-13:00

 ・午後勤務 13:00-19:00

 ・夜勤 19:00-翌7:30

公認休暇:4週間

産休:12週間

 マレーシア

看護教育

学位免状課程:3年

看護助手課程:2年

地域看護課程:2.5年

継続教育

助産術・精神医学・公衆衛生学:1年

I.C.U・腎臓部・整形外科・小児科・現生物学・

作業療法士技術・眼科:6ヶ月

コロナリーケア・病棟管理:4ヶ月

高等看護課程(看護指導教授・看護管理):1年

以上がマレーシアの大学での登録看護婦のための看護学士。

  スリランカ

人口 約1,800万人
看護教育 3年間の基礎看護教育で政府認可の正看護婦
継続教育

正看護婦として3・4年働いた後、

婦長コース:1年半

助産婦コース:6ヶ月

  タイ
人口 約5,600万人
看護教育

看護専門教育:2年間

学士課程:4年間

修士課程・博士課程・専門ナースコース等

勤務状況 病棟の書類作成、必要物品の調達、患者さんの会計計算までもナースの仕事。ハードな勤務により、看護を学ぼうという学生も減少している。

  ネパール

人口 約2,100万人
看護婦数

看護婦:約600人

准看護婦:1,550人      (1983年の統計)

医師数 645人:人口23,000人あたりに医師一人
看護教育

看護助手(初等中学卒):2年

看護婦(高等中学卒):3年

看護学士(看護婦の資格を有する者):2年

その他、医療助手(高等中学卒):1年

疾患 肺結核や細菌性赤痢、肝炎等感染症が多い。

看護婦の

  勤務時間

(国立病院)

 ・午前勤務 8:00-14:00

 ・午後勤務 14:00-20:00

 ・夜 勤    20:00-翌8:00

 このページのTOPへ