「コイン探しで得する」

昭和35年発行の50円玉が110倍の5500円に

皆さんの中で所有している可能性が有るコインの中で、いま一番値が出ているのが、昭和35年発行の菊ニッケルの50円玉。
傷や磨耗度にもよるが、製造当時の輝きを残していれば、ほぼ5.500円の高値で取引されるという。額面の実に110倍・40年間の間に1年で2.75倍ずつ上がった計算になる。
コイン業者によると「こういったコインの高値を耳にした人からの問い合わせが、年々増えている」という。
「その年の発行枚数が少ない稀少性が高値を生む」という。昭和35年の50円玉の発行枚数は600万枚。その前年が2.300万枚。翌年が1.600万枚に比べてこの年だけ驚くほど少ない。 大蔵省によると貨幣の発行量は景気の動向や需要に応じて調整するということです。
他にも昭和33年の「菊穴なし」50円玉は800円に、昭和35年の100円玉「稲銀貨」は700円のプレミアがついている。
この時代にはまだ生まれていないという若者にもねらい目はある。昭和62年発行の白銅貨500円玉を探すことだ。
 発行枚数が少なくなかなかお目にかかれないが、現在の価格は2.500円。12年間で5倍になっているわけだ。この時代のコインなら発見できる可能性はある。そのほかにも戦後発行のコインの中にも高値の物はある。(表参照)


表のカッコ内は完全未使用物の価格。
*印はセット売り


幻の「ヤマトタケル」はなんと70万円
歴史的価値の高さもプレミアムのついた、昭和20年まで流通したヤマトタケルの図柄千円札はなんと70万円です。
ただし、完全未使用の新札か発券番号が「A123456A」のように連番かぞろ目「B99999Z」などが高めです。

プレミアム・アラカルト
●エラーものは万単位の高値がつく
5円・50円玉のように穴明きコインが製造過程で穴が無かったり、中心からズレていたりする稀少もので、万対の高値がつくこともある。

●福耳のお札
福耳とは紙幣の裁断ミスで四隅のどこかに余分な部分が残ったもの。その部分を広げると逆三角形になり、高値がつくことから人相学でいう財運の相「福耳」になぞらえてこう呼ばれる。ものによっては30万円になるものも。

●記念コイン
昭和45年の日本万国博覧会、昭和62年の昭和天皇在位60周年記念などのコインは、売買が少なくて値がつかない。

以上『サンケイスポーツから抜粋』

home next