「中古カメラ・ブーム」

時代遅れと見捨てないで




次々に新機種が生まれる国産カメラ。その中で今、中古カメラがブームになっている。デパートで即売会が行われれば大混雑。若い女性も熱い視線を注ぐ中古カメラ、実は以外に家の中に眠っていたりする物。





普及型の中古カメラも狙い目。
*左の「オリンパスペン」等は
かつての普及型なので
案外家のどこかにしまいこんである可能性は高い。






製造、流通が少ない物
なんといっても人気が高いのはニコンSシリーズ。ダントツ人気は「ニコンS3黒」でなんと88万円。昭和33年の発売価格12万7千500円が、 42年後の現在約7倍の高値がついている。同じく「ニコンSP」も54万円。昭和32年の発売当時の価格は9万8千円だからこちらも約6倍。
この機種に梱包されていた箱、取り扱い説明書などきちんと揃っていれば170万から180万円近くの高値になる。ニコンはこの他にも「F黒」が発売当時4万4千200円が現在15万円。 「F2チタン」が9万8千円だったのが33万円と売れ筋が多い。
 もちろんニコン以外でも、キャノン製の初のブラックボディー・専用露出計・レンズも同じくブラックの「P50MMF」が現在の価格は38万円。

部屋の整理を
●カメラは、新しい機種を買うとそれまで使っていた機種はついしまい込みがちになる物。部屋の整理をしてみたら嵩機種のオーナーだったということもあるかも知れない。

中古カメラあれこれ
●復刻版も登場
「ニコンS3完全復刻版」昭和33年発売の復刻版。定価は約50万円と高額だが、予約が殺到しているという。

●アンティークも注目
アンティークとして人気があるのはライカや小西六「現コニカ」の軍用カメラ。デザインの魅力と戦地で使用されたため現在数が少ないためその希少性がさらに人気を高めている。

以上『サンケイスポーツから抜粋』

Back home next