なんでもビートルズ!


ロスで聞いたBeatles

 
 西暦2000年6月SHIMOKAWAはLAのビバリーヒルズに行く機会を得ました。
薬剤師としての見識を広げるための研修旅行です。
研修と研修の間の束の間の自由時間に、ハリウッドスターが住むという高級住宅街を散歩するべく
宿舎のホテルを出発しました。
有名スターとの出会いは有りませんでしたが、並木の美しさや地元の幼稚園の子供たちの無邪気な様子を見て、
十分満足な気持ちでホテルへ帰る途中、すばらしい出来事が起こりました。
(とは言ってもこれは私だけにとっての事ですが・・・)
ホテルの脇の道路を横断しようと横断歩道で立ち止まり、信号が青になるのを待っていた時の事です。
道路を行き来する自動車の騒音の中にBEATLESサウンドを耳にしたのです。
その音は徐々にはっきりとしてきます。
曲は「Elenor Rigby」
若いアメリカ人男性が運転するスポーツタイプの車の中からその音は溢れてきていたのです。
いろいろと思いが巡ります。
彼はCDを聞いていたのだろうか?
それともラジオ?
いや、MDかも?
そのCDは「Yellow Submarine Songtrack」?
それとも「Ribolver」?
はたまた赤盤か?
些細なことですがここが日本から遠く離れたアメリカの地というだけで私の心は「Elenor Rigby」に大きく動かされたのでした。
やっぱり、BEATLESは最高!!
騒音の中で聞いたBEATLESにもMAGICがありました。

 

ビバリーヒルズのKindergarten


 ”Elenor Rigby” 

なんでもビートルズ MENU に戻る

トップページに戻る