場 所 マルタ共和国
滞在期間 1999/06/17〜07/03
人 数 大人2人、子供1人(当時1歳2ヶ月、文中の”パル”が彼女の愛称です)
フライト ドバイエアポートより、エアーマルタ
ドバイ 01:10 → マルタ 06:45 (バーレーン経由、7.5時間)
マルタ 17:50 → ドバイ 01:20 (5.5時間)
宿 泊 スリマにある、ビクトリアホテルに16日宿泊

*写真は、クリックすると大きく見ることができます*

<スリマの街並み>


マルタ共和国は地中海の中央にある国で、マルタ島・ゴゾ島・コミノ島の3つの島があります。ヨーロッパとアラブの文化が混ざったところで、なかなかいい雰囲気でした。
日本からの直行便がないせいか、今まで行ったどこの国よりも日本人を見かけませんでした。(在住者ぽい人は見かけました)

 

マルタ島の大きさは車で1時間くらい走れば一番長いところで端から端まで行けるくらい。アブダビ島と同じくらいの大きさだと思うのですが、島の一部しか街になってないアブダビと違い、島のあちこちに街が点在しているので、大きく感じます。また起伏があり、道が入り組んでいるのもそう感じさせる所以でしょうか。

<ダラム洞窟>

海岸はロッキービーチや砂浜ビーチになっていて、海ではリゾート生活ができ、陸には観光スポット(美術館、遺跡、洞窟、教会等)があります。どこも規模は小さいけれど、私達のような子連れにはちょうどよかったです。半日かけて遺跡を歩くとか、一日かけて美術館、なんてこと今の私達には無理ですから。

<遺跡めぐり>

今回は、2週間ホテルぐらしをしたのですが、さすがに疲れました。パルは、レストランではじっとしてないし、ホテルの部屋では走り回っていろんなものをいじるし、アブダビの家で放し飼いしてる方がずっと楽、と何度も思ってしまいました。キッチン付きのお部屋だと、せっかくのリーブ先でも家事をしなければならない、と思い、あえてホテルにしたのですが、やはりこれからはキッチン付きじゃなきゃだめですね。外食できそうなときは、どんどん外食すればいいのですものね。

また、泊まったホテルが、おじいちゃんおばあちゃん観光ツアーに使われているらしいシティホテル(1週間前に予約し始めたため、ここしか取れなかった)だったため、他にコドモもいなくて、ずいぶん周りに気を使ってしまいました。
ベビーベットもコドモ用の食事イスもあったから、対応してない訳じゃないんでしょうけど。
その代わり、唯一のコドモだったため、、おじいちゃんおばあちゃん達にたくさん可愛がられ、パルも愛想を振り撒いてました。

2週間の滞在中、充実した一日だった〜、というのは半分くらい。病気やケガで結構足止めされました。
最初、数日間毎日出歩いていたら疲れたのかパルがいきなり発熱!
風邪か?突発性発疹か?なんて思いながら、初座薬(アブダビで購入したもの)しました。
丸一日熱を出したあとは、機嫌は悪いものの熱は下がり、その後何のほかの症状も出ずに治ってしまいました。でも、このため数日の足止め。

そしてまた出歩き始めた数日後の昼食時、運ばれてきたばかりのアツアツスープに手を春楓が突っ込んでヤケド。水道水で冷やして、氷をもらって冷やしてもぜんぜん泣き止まないので、料理を目の前にして昼食を断念。医者に見せにホテルに帰りました。
ホテルドクターに見せると、今クスリがないのでヘルスセンターというところへ行けとのこと。車で迷った挙げ句にたどり着くと、そこはマルタの保健所のような場所で、救急の患者しか受け付けず、しかも外国人は駄目と言われてしまいました。
でも、ここで断られてもこっちも困るので(この日は土曜日だったので普通の病院はお休みだったのです)、救急なんだ、とにかく見てくれ、とお願いしたら見ていただけました。
治療費無料。マルタの皆さん、ごめんなさい、そしてありがとう。

そして、この日朝から腰が痛いと言っていた主人の腰痛が悪化。ホテルから動けず、数日足止め。
ホテルの屋上にプールがあったので、せめてプールでも、と思ったらパルの手にはヤケドのため包帯が・・・。じゃあその辺散歩しようか、と思うと、主人はベッドから動けず・・。
まあまあ動けるようになってからも、車の運転が腰に悪いと言われ、私は久しぶりの右ハンドル。レンタカー、オートマにしておいて良かった、と思った瞬間でした。(レンタカーはマルタに着いてからすぐ、2週間ずっと使えるよう手配しました)

2週間も滞在していると、いろんなハプニングがありますね。

<コミノ島へクルーズ>
<青の洞窟>

観光は、島のあちこちにある洞窟めぐりをしたり(マルタにも青の洞窟があるんですよ)、遺跡めぐり(巨石神殿跡)をしたり、中世の名残のある街並みや漁村を見にいったり、クルージングしたり。コミノ島のブルーラグーンはキレイです!ゴゾ島にも行きましたが、日帰りだったため滞在時間が短くて残念でした。泊まってゆっくりしたかったです。

マルタにある水族館でイルカショーを見たんですが、田舎の水族館って感じで、イルカがちゃんと言うこと聞かなくて何回か失敗してました(^^; でも、それが何かほのぼのした感じでよかったです。イルカに触りたい人、と言われ手を挙げてみたら、触れる人の一人に選んでもらえました。ああいうところで日本人は逆に目立ちますものね (^^;

<イルカショー>
<漁村>


また、いろんなビーチに泳ぎにも行きました。
マルタは地中海一海が綺麗なところだそうです。海はほんとにキレイでした。
でも、珊瑚礁があるわけではなく、魚もあんまりいなくて、面白い海ではありませんでした(←シュノーケルした結果。私は珊瑚の海が好き)。

食事は、まあまあのイタリア料理が気軽に食べられます。Rice Ballなるもの(おにぎりの周りに衣をつけて揚げたもの)があったおかげでパルも食べ物には困りませんでした。
海岸沿いにはオープンエアのカフェがたくさん並んでいるので、そこでなら、子連れでも何とかなります。あとは、ルームサービスとマクドナルドと、スーパーで購入したお惣菜と・・・・。ゆっくりレストランで食事がしたかった!

今回、エアーマルタを利用したのですが、この飛行機にはバシネット(赤ちゃん用のベッド)が付かないらしいです。リクエストしたのに、ダメ、と言われました。座席が空いていて1席もらえたのでよかったんですが。
また、帰りの飛行機で、クルーは暇だったのか、後ろの空いている席でトランプしてました (^^; 

最後に、私がこのリーブ中、プリントアウトして持参するほどお世話になったサイトをご紹介します。マルタに興味がある方はどうぞ。

Thank you very much, SAKATA san.
<中央地中海通信>
http://www.midmed-news.com/index.html


長くなってしまったマルタ旅行記、読んでくださってありがとうございました!

2000.1.10 KINUYO

ホーム | 旅に出ようトップ