ダウ船クルーズ



 ムサンダム半島をダウ船クルーズ中

海から眺める海岸線はすばらしく
入り組んでいます。

半日と一日クルーズがあるので
時間がある方にはオススメです。

水着、バスタオル、日焼け止め、帽子、
サングラス、シュノーケル道具
そして、子ども用食料をお忘れなく。








ダウ船で回る村



ここには、海からのみアクセスできる村がたくさんあります。

山の斜面に電柱が立ち、電気をはるばる運んできています。
水タンクがあり、船で真水を運んでくるそうです。

最初の村、"Nadifi"、海からのみアクセスできる漁村。
そして"Qanaha"、同じく漁村、石で作られた家が見もの。
"Maqlab"、ヤギの放牧とフィッシングで生活している山間の村。10軒ほど。
"Telegraph Island"にて、スイミングタイム。
"Seebi"、100人ほどの漁村。海からのみアクセスできる。
"Seebi Island"で、昼食&スイミングタイム。
"Sham"、100人ほどの漁村。





イルカ1










イルカ登場!

ダウ船の下を先導するように泳ぎます。
















イルカ2






結局この日出会えたのは、1頭のイルカ(に2回)だけ
でしたが、クジラに会えることもあるとか。

















ホーム | 旅に出ようトップ