プログラマと付き合う

 お業界で、もっとも厳しいのはアニメ制作進行だ……。

 しかし、純粋な労働内容で比較すれば、プログラマも負けてはいない……。

 プログラマ……。

 パソコンが普及する時代の前からパソコンをいじって変態呼ばわりされ、

 時代が来ればIT時代の騎手とか言われて、特攻を繰り返させられる……。

 その就労条件は、業界や会社の体質によって大きく異なるが、基本的にはひどい。

 いや、ひどいというのも視点次第かもしれない。

 プログラマは時給換算すれば、少し低賃金の印象があるが、他の仕事に比べれば稼いでいるというのが正直なところだ。

「生活は何の心配もしなくていいから、安心して死になさい」

 というのがプログラマの典型的な環境だろう。

 そして実際、プログラマの損壊率・死亡率は非常に高い。

 一時、デスクワーク業最高の死亡率と言われていたほどだ。

 アニメーター以上の職人意識を持つといわれ、なにより仕事の特殊性から、理解されがたいプログラマ……。

 しかし、ソフトウェア産業ではプログラマの性質を理解せずして、共同戦線は築けない。

 

■無縁の心理

 人は人生の中で一回は絵を描いたり、作文を書くので、グラフィッカーやシナリオライターの仕事と心情を察することは不可能ではない。

 しかし、プログラムは違う。やらない人は永遠にやらないし、義務教育でやらされる内容も、絵や作文に比べてグッとレベルが低い。

 また、文章やグラフィックに比べて、入力と出力の直結性が、知識のない人には理解しがたいところもある。プログラマは、コンピュータを制御・操作し、コンピュータがプログラマの書いた指示書ともいえるプログラムを読む取って彼らの意図すること(また意図しないこと)を表現させる仕事だ。

 誤解を恐れずに言えば、プログラマは直接的にはコードと向かい合っている。絵描きや物書きは、紙の上で作ったものをそのまま他の職業の人に見せることも出来るが、プログラマがエディタ上で打ち込んだコードは、プログラマでなければ理解はできない。

 

 小説を書かない人も、趣味で小説を読むし、絵を描かない人も絵画鑑賞を趣味にできる。

 だが、プログラマでもないのに、コードを読むことを趣味にする人はいないだろう。

 大工の工事だって工事中の状態を見れば、目で分かるものだが、プログラムの場合はそうはいかない。極端な話、プログラムの知識がない場合、プログラマに対して、

「働いているのかサボっているのか分からない」

 という気持ちを抱くことさえあるという。ちなみにこの言葉は、週100時間労働をこなすプログラマに対して、実際に吐かれた暴言だ。

 

 このような無知から、プログラマを他の職業と同様に扱って仕事の指示を振ったりする人もいれば、逆に徹底的に敬遠する人もいる。

 それで済む場合もあるが、済まない場合のほうが多い。

 プログラマとうまく付き合うためには、プログラムを知る必要がある。

 グラフィッカーやシナリオライター、営業やSEと付き合うのとは訳が違うのだ。義務教育の経験だけでは心情に足を踏み入れることは出来ない。

 プログラマはプログラムという仕事の特性に振りまわされる人種で、考えられない時期に不機嫌だったり、思いもかけぬときに快調だったりする。

 プログラムを知らない人は、プログラマを一瞬でムカつかせる能力に秀でている。

 そして、自分がなぜ相手をムカつかせたのか理解できない。

 プログラマに人生最高クラスの屈辱を与えても、なぜ相手が怒っているのかすら理解できない人もいる。

 アメリカ人に、意味も分からず中指を立ててファックユーと叫び、

「なんであのアメリカ人怒ってるの? 普通じゃないよ、あの人」

 と言うようなもので、自分の感覚と文化が万人に通じると思っている類の人間だ。

 こういう人は、若い人に多い。

 一時、ゲーム業界でその日の気分で仕様変更を言い渡すゲームデザイナーの存在が問題になった。

 彼らは「プロの領域」という言葉を駆使してプログラムを理解する努力を怠ったが、

 我が国の法体系がハムラビ法典であったなら、八つ裂きにされても文句は言えない所業であったことは言うまでもない。

 

■プログラ・ム&マー、理解へのポイント

 先ほども書いたとおり、まずプログラムというものが特殊で、それを100%引き受けるプログラマというものがまた特殊だ。

 プログラマはプログラムの快楽を独占する代わりに、プログラムの猛毒を引き受ける。

 つまり、プログラムの楽しみはプログラマにしか味わえないが、プログラムの苦しみもプログラマにしか味わえないわけだ。ときどき独自の結束感を持ったプログラマチームを目にすることがあると思う。たとえ同じチームにグラフィッカーがいたとしても、同じ楽しみや苦しみを共有することはできない。

 それが独特の結束感を生むのかもしれない。

 そんな羨ましく/かつ気の毒なプログラマを理解してやろう。

 

成果物

 

プログラマの美意識

 

仕様変更

 

出世と負担

 

デバッグ

 

 

マスターアップ

 

■よい付き合いを

 プログラマが背負っている負担というものを想像せずに、ずけずけモノを言う人がいる。一種のハラスメントだ。

 かといって、常にハレモノ扱いするのも考え物だ。要はハレモノになる時期を押さえればよい……。

 繰り返すが、人は絵を描いたり、作文を書くことは、義務教育だけで見ても何度もある。

 だから、絵描きや物書きの仕事は想像できるし、いつハレモノになっているのか、どんなふうに組み立てられるのか……ということも想像できる。

 絵を描く過程を、「色を塗ってから線を引くんだ」と思っている人はいないだろう。

 しかし、プログラマに対しては違うわけだ。付き合ううえで、必要な情報が、たいていの人に不足している。

 今回の記事を読んで、

「プログラマを特別扱いしろというのか」

 と思ってしまった人は、この点を理解してほしい。

 我々は、義務教育のお陰で、グラフィッカーや物書きとは最低限のポイントを押さえた付き合いはできる。

 しかし、プログラマとは最低限のポイントを押さえた付き合いができない。

 だから、最低限のポイントを軽く紹介した次第だ。

 考えてみて欲しい。プログラマは絵描きや物書きを(少なくとも学校で)やったことがあり、あなたの仕事を理解しようと試みている。

 それに対して、プログラマに対しても理解をしようと努力することが、人間同士の正しい付き合いに繋がるのではないだろうか。