『シベリヤ印象記のはじめに(1)』


  4月16日、ハルピン学院の最後の同窓会が催された。敗戦で消滅した、中国東北部ハルピン市にあった学院は、最後の学生さえも70歳を過ぎて、同窓会の維持が難しくなったという理由からだった。

  この学校は、ロシア語とソ連事情の教育が中心だったので、東北部に進入してきたソ連軍によって、対ソスパイ養成機関とみなされてシベリアに送られたものが多かった。

  と同時に、シベリア抑留の中心となったのは、在満部隊(旧関東軍)だったが、対ソ圧力であった関東軍では、ロシア語教育が行われており、通訳できる兵隊を養成していた。だが、私の所属していた北支軍では、そんな兵隊はいなかった。なにしろ、関東軍を南方戦線に抽出したあとに、北支軍をあてて、私たちの師団主力はソ満国境に出ていたが、移動の最後尾のわたしの大隊が長春市(旧新京)に到着したのが、45年8月13日の夜だったほどだ。だからロシア語のロの字もわからない。



  15日の天皇放送から、満州国軍の反乱、その鎮圧、在留婦女子の保護、治安の維持と目まぐるしい数日の後、ソ連軍の首都入城となった。国境地帯で交戦した気の立っているソ連軍は新京市内に入れず、日本軍と交戦していない部隊を入城させたというソ連司令部の話しだったが、虐殺、強姦、掠奪は日常茶飯事だった。家に押し入ってきたソ連兵が父母の面前で娘をレイプしようとする。それを止めに入った父親に“ダダダダッ”とマンドリン(ソ連製自動小銃)が火を噴く。母親も標的にされる―戦争の悲惨な姿が、一夜にして崩壊した満州帝国の首都で、絶え間なく展開されたのだった。

  首都に武装した日本軍がいると、衝突の恐れがあるというので、半分だけ武装解除された日本軍は、南の公主嶺市に撤退する事になった。8月19日のことだった。半分というのは、重火器は取られたが、小銃、軽機関銃程度は認められた。公主嶺までの行軍の自衛のためである。事実、ソ連兵と共に暴徒化した満人たちも日本人を襲っていた。この新京での4日間の体験は、敗戦都市ではナニが起こるか、それこそ、筆舌につくし難い“地獄”であるということだ。



  公主嶺は、かつて日本の軍部だった。だから兵舎の数が多い。新京から追われた私たちは、それらの施設に入って、まず食料の確保である。公主嶺の貨物廠(倉庫群)から、米、味噌、醤油を自分たちの部隊にどれだけ多く取りこめるかである。ここにはまだソ連軍が進駐していなかったのだ。

   満州には、百万関東軍を30年間養えるだけの食料が備蓄されている、といわれた。事実、食料だけは豊富にあったが、兵器、弾薬はゼロに等しかった。そして、掠奪に群がる満人たちを追い払いながら、大型の荷車に山のように米を積んで兵舎に持ちこんだ。

  衣類も新品が積まれていた。食料が終われば、衣類と酒と甘味品だった。北支軍は綿の軍服だったが、関東軍は日本と同じ羅紗(ラシャ=羊毛)の軍服だ。兵隊たちは争って羊毛服に着替えた。ネルの下着、毛の防寒下着もあった。北支では見たことのないものばかりだ。ことに、ウイスキーやチョコレートの入った航空食糧には驚いたものだった。

    やがて、ソ連軍が進駐してきて、兵舎のまわりに歩哨が立った。将校の軍刀以外は、完全に武装解除されたからだ。兵営の中に軟禁されたことになる。日本に帰れるとばかり思いこんでいた私たちは、敗戦とはいえ元気一杯だった。毎朝起きると、フンドシをはじめ、下着、軍服とすべて新品に着替え、運動会を催したり、体操をしたりと、日本での新しい生活に備えていた。昨日1日着ただけの衣類は、塀の外に放り投げ、満人たちが拾っていった。



   敗戦とはいえ、公主嶺の1ヶ月は天国さながらのゼイタク暮らしだった。虐殺やレイプも見聞きせず、帰国の希望に燃えた若者の集団生活で、ビールに砂糖を入れたりの悪フザケや、食べ放題、飲み放題の生活だったからだ。

  昭和20年の10月も半ばすぎ、駅から貨車に乗った。列車で南下して朝鮮経由で祖国へ、と思いこんでいたのに、汽笛とともに列車は北上するではないか。「そうか。南下ルートは混んでいるからナ」と、不安を打ち消す噂が流れた…。だが、北上をつづける列車は、やがて満州里(満ソ国境の街)目指しての一本道へと進んでいった。

  「シベリア送りだ」「捕虜だぞ」と、絶望的な声が無気味に列車を支配していた。私も覚悟を決めた時、あるひらめきがあった。新京での在留邦人保護の時、一軒の民家で拾った「日用日露会話」というポケットブックを思い出したのだった。(つづく)

トップページへ戻る。

印象記(2)へ