E-list BBS Search Ranking HeartLand-Keyaki Go to Top


じゃじゃ麺って何?

 じゃじゃ麺とは、岩手県盛岡市特有の食べ物で、そのルーツは中国の東北地方(旧満州)だと言われている。どの様なものかというと、うどんのような麺の上に、ニンニクの利いた肉味噌がのり、キュウリ、葱が添えてある。そこに酢、ラー油、ニンニクを好みにより加え、あとはひたすら混ぜる。そして何かにとりつかれたようにズバズバとかき込む。若干具を少し残すくらいまで食べたならば、今度はそこに卵を割り入れ、「チータンお願いします」と言ってカウンターに出す。すると、お湯、葱、肉味噌が入れられ、あとは好みで、しょうゆ、塩、コショウなどで味をつけて一気に飲み干す。
 ここまで聞いて、「よくわからん!!」と言う人が多いと思います。そういう人は、・・・

とにかく行って食べなさい!!

と言うしかない。

じゃじゃの写真を見たい人はこちら


じゃじゃ麺の写真



 じゃじゃの食べ方(元祖の白竜「パイロン」バージョン)

- 店に行く
- 席に座る(混んでいるので待つこと多々あり)
- 大盛り、普通、小盛りいずれかを告げる。このとき「じゃじゃ麺ください」と言ってはいけない。食べた事がないことがばれてしまう。応用編では、味噌の量、葱なし、赤いの(紅ショウガのこと)をもう一つ、キュウリ多めなどと注文が多くなっていく。
- しばらく待つ
- じゃじゃ麺が出てくる
- 酢、ラー油、ニンニクを適量入れる。このとき、酢は必ず必要であるが、最適な量を会得するには、数回来るしかない。応用編では、「南蛮ください」と言うと、ラー油よりも辛みの強い薬味を出してくれる。ただし、辛いものが強い人に限る。最近では「からし味噌」という新しいものが登場したようだ。辛み的には「からし味噌」の方が辛くできる。しかし南蛮の方が味があっていいと思う。
- かき混ぜて食べる
- 具を少々残し気味にし(ここがポイント)、生卵を割り入れ、かき混ぜて、箸をつけたままカウンターに出す。すると、お店の人がお湯、葱、麻薬(化学調味料のことらしい)、肉味噌を入れてくれる。応用編では、味噌の多少、葱の多少、キュウリの追加等を告げる。
- しょうゆ、塩、コショウなどを好みの量加える(そのままでもおいしい)。
- 一気に飲み干す。
- お金を払って、出る。

以上が流れです。無難に行きたければ、経験者とともに行くのが一番です。



   白竜(パイロン)
   盛岡市内丸5-15  おおざっぱな地図
   TEL 019-624-2247
   営業時間 11:00〜20:00(本店)
         9:00〜15:00(分店)(本店の2つ隣にあります)

   料金  じゃじゃ麺(夏は冷やしじゃじゃ麺もあり)
        大盛り 550円
        普通  450円(生は持ち帰り可)
        小盛り 350円

       チータン 50円
        じゃじゃ麺を食べた人しか注文出来ません

       ろうすう麺 450円
        食べたことがないから知らない。
        じゃじゃの麺を使ったラーメンみたいなもの。


       ぎょうざ 450円(生は持ち帰り可)
        水餃子です。隠れた名物です。
        忙しいときには待たされるので、空いているときに頼んでみましょう。


 尚、家庭でこの味を楽しみたいという方は、行列を無視して店の中へ入っていってください。そしておもむろに、「生ください」(何個欲しいのかも告げること。2個以上から)と言いましょう。すると、「全部入れますか?」と聞かれます。これはニンニク、ラー油、キュウリ、葱などの薬味を全部入れるかという事を聞かれています。とりあえず全部入れてもらった方がいいでしょう。
 また、遠方の人に送ることもできます。直接店に行き、宅急便で送りたいという事を告げてください。あとはお店の人に聞いてください。ただ、送り先の住所と電話番号が必要なので、必ずメモか何かを持っていってください。この際代金は、宅急便代と、生の個数の値段を払うのですが、宅急便代が定かでないため(店の人が宅急便の業者にあとで頼んでくれるので)後日また改めて支払いに来てください。遠方の人でじゃじゃにはまってしまった人は、出来ればじゃじゃを送ってくれる専用の知り合いを盛岡に作っておくのがBETTERでしょう。


!最新情報!

じゃじゃ麺がインターネットで注文できるようになりました。
詳しくはhttp://www.yokocho.com/を参照。






詳しく知りたい方、じゃじゃ麺愛好者は是非メールをください。

to-yellow@post.tok2.com







KIKA'S HOME PAGE