CASE-3:ちきんへっどさんの体験談
どこで体験しましたか? 渋谷駅前のビル(明治通り沿い)
※お住まいは神奈川県
いつ体験しましたか? 平成11年5月上旬
具体的な内容をお聞かせ下さい


−遭遇−

あっちゃこっちゃ異動しまくっているちきんへっどですが、

勤務先がまだ東京事務所(渋谷)だった時のことです。

おうちでゴロゴロしていると、ふいに電話が鳴りました。いつもなら居留守を

使って、相手を確かめてから電話にでるのですが。ついとっちゃたんです。



電話の向こう:「おめでとうございます。ちきんへっどさんですか?」

私     :「・・・?。どちらさまですか?」

電話の向こう:「実は、東京の20代の方を対象にした厳選な抽選の結果、あなたが当選しました」



会社名も名前も名乗らない。と、いうことはテレアポ?



私     :「あのぅ・・・神奈川に住んでいるんですけど・・・。」

電話の向こう:「でもお勤めは東京ですよね?説明会を開いているので、いまから

        渋谷の会場まで大至急来てください。」

私     :「今日は先約があるので行けないです。」

電話の向こう:「・・・わかりました。今日は無理でも明日なら大丈夫ですね?期間限定の説明会

        なので、あと2日しかチャンスがありません。ちきんへっどさんのために時間を

        空けますから、明日の昼に会場まで来てください。お待ちしています。」

私     :「会社が休みじゃないので、たぶん仕事中なんですけどぉ・・・。」

電話の向こう:「なおさら都合が良いじゃないですか。お勤めは渋谷でしたよね?」



どっから個人情報漏れてるんだろ?面倒だったので次の日に会う約束をしました。



−捕獲−

翌日〜お昼休みにいってきました。はい。

待ち合わせ場所の駅前で待っていると。来ましたね〜。もう、お水っぽいおねーさまが。

そのおねーさまに捕獲され、さっそく事務所へ。

事務所では・・・ユーロビートが大音量でかかってました。とってもうるさい。。。

雑用のおねーさま「こちらへどうぞ〜。」

パーティションで区切られた監禁部屋へカモさん1羽ご案内〜って感じで通されました。

しかも、壁側の逃げ出せない席に座らされます。

席についてから「飲み物はいかがですか?」とメインのおねーさまが出てきました。

まず雑談が始まり、世間話で雰囲気をなごませるんですね。

また、このトークがうまいんです。。。見習わなくては。

実はこの時、この日のおやつを何にするか考えてたので話の内容をよく覚えていません。(^_^;



おねーさま:「お仕事は何をされているんですか〜(省略)」

私    :「○○○です。(今日のおやつ何にしよーかな・・・)」

おねーさま:「すごいですね!私は〜(省略)」

私    :「そうですか〜。(ん〜マネケンのシュークリームにしよ!)」



おやつも決まったことだし、そろそろ・・・



私    :「すいません。そろそろ会社に戻らないと・・・」

おねーさま:「えぇ〜?戻らないとだめなんですか?」



あたりまえだっちゅーの!



おねーさま:「仕方ないですね。説明がまだ終っていないので、また帰りに寄ってください。」

私    :「残業があるかもしれないんで・・・」

おねーさま:「それでは、こちらからお仕事がおわるころ会社の方に連絡しますから。」

私    :「(うげっ)はっはい。連絡はしなくていーです。私から連絡しますから。」



何で番号しってるの?事務所に電話されるわけにゃーいきませんよ。(^_^;



ここまでが30分くらいです。

帰る時に、まわりを見ると・・・学生っぽいにーちゃんが結構いました。

おねーさまの色気にだまされて、みんな契約していくんでしょーね。



−勧誘&監禁−

事務所にて・・・



私:「すいませーん。今日用事があるので、定時であがりまーす!」



いちおう、用事ですよね・・・?



富士〜の事務所にて・・・

キングファイル1冊分のパンフレットをひろげ、一方的に説明が始まりました。



おねーさま:「今回、説明させていただく企画は、大企業の協力のもと・・・〜省略〜」

私    :「・・・(どっかで聞いたことあるなぁ)」

おねーさま:「国内外の旅行やリゾートホテルが格安で〜

       スポーツジムやレジャー施設が特別会員扱いで〜

       ブランド品やパソコンやAV機器など電化製品が格安で〜

       コンサートの最前列チケットが優先的に格安で〜

       提携している飲食店で割引や特別サービスが〜」

私    :「・・・(おなかへった・・・ん〜下北沢で焼肉たべよ。誰に電話しよっかな?)」



説明が長くて途中で飽きてしまい、よく聞いていませんでした・・・。(^_^;



おねーさま:「この企画に参加していただくと。無料でこれらのサービスが利用できます。最後の

       キャンペーン中なので、今回に限り入会費や維持費は一切かかりんません!」

私    :「でも。きょーみないんで。」

おねーさま:「えぇっ?こんなに特典が付いているのに、興味ないはずはありませんよねぇ〜?」

私    :「仕事の方が大変で、"ヒマ"もてあましているわけじゃないので。」



事務所に来てから約40分経過・・・このおねーさま、接得できないと分かるとすぐに上司を

連れてきました。



おねーさま:「紹介します。私の上司の○○です。」

私    :「・・・初めまして。(じょっ女王様?)」



すごいんです。この単語しか頭にうかばなかった。(^_^;



女王様  :「ちきんへっどさんはこの企画を、まだ理解されていないようなので、私から説明

       しますね。」



はい、ここでふりだしに戻ります。(T-T)



さらに30分経過・・・



女王様:「実は、ちきんへっどさんにぜひ見ていただきたいモノがあるので、こちらへ・・・。」



何だろ?と思い、行ってみると何とそこには、強烈にライトアップされている「絵」がありました。



女王様:「すばらしいリトグラフでしょう?この作者はアジアでは大変有名な画家で、

     まだ日本では無名ですが、絶対に人気がでてきます。私が保証します!!

     この企画に参加していただいた(会員になった)人たちも絶賛しています。

     これが最後の一枚なのですが〜(長いので省略)」



どうやら、会員権ただでやるから絵を買ってくれと言ってるようです。

でも・・・。これはリトグラフぢゃなくてシルクスクリーンでは?



私  :「ミュシャは無いんですか?」



ちょっといぢわるしてみました。



女王様:「???(知らないようです)・・・○○部長〜ちょっと来てもらえますか〜?」



何と女王様は"りーさるうえぽん"を発動しました。

とうとう事務所の奥からごっついおやぢが召還されました。しまったっ!

ここで、もういっかい振り出しに戻ります。しかも3:1です。。。 (T-T)



またまた30分経過・・・



おやじ  :「お望みの絵は特別に取り寄せになるので、少々割高に〜」

女王様  :「今日、会員になっていただいた人たちも、大変お気に入りになられてすぐに

       お持ち帰りに〜」

おねーさま:「部屋に絵のある生活はいいですよ。私の部屋にも〜」

私    :「はぁ。そうですかぁ。(・・・ひもじい。焼肉うぅ)」



ここで、ふとあることに気が付きました。そう、まだ契約書を出されてなかったのです!



私  :「あのぅ。説明会にきただけで、絵を買いに来たわけじゃないんですけど。」

おやぢ:「えっ!?まだ説明終ってないの?」

私  :「すいませんけど、今日先約があって、待ち合わせの時間がもう過ぎているので〜」



はい、この辺から適当な口実をまくしたてます。もう、これ以上ないってゆーぐらい。(^_^)



おやぢ:「わかりました、今日はもう仕方ないですね。ただ、こちらの不手際でまだお見せして

     いない資料があるので、また明日来てください。」

私  :「それは契約書の事ですか?興味無いからお断りします。

     (怒った感じで)もう帰りますから!」

おやじ:「しかしですね、会員になられると〜」



まあ、多少のやりとりの後、おねーさまに見送られ脱出に成功しました。

監禁時間は約2時間とゆーとこですか。

どのあたりが悪質だったのか? 誤解するような説明を平気でする。
しつこい勧誘。(人が変わるたび、しつこさも増していく)
ひとこと たしか、原宿の竹下口のまん前のビルにも富士〜が入ってます。
こっちが本社かな?お気をつけ下さい。
あと、ここだけかもしれませんが、説明が途中なら簡単に脱出できるとおもいます。
(契約書が出てくる前、モノを見せられる前などですね)
管理人からのコメント 絵を売ろうとする人がミュシャを知らないとはまったく笑えませんね(^_^;)
シルクスクリーンとリトグラフの違いもわからないじゃ、開いた口がふさがらないです。

余談ですが、約9年前ですか。。私がお給料の良さに惹かれてJRAの事務職の就職試験を受けたとき、趣味に「絵」って書いてたので「どんな画家が好きか?」って聞かれたのでミュシャって答えました。
「ミュシャってなに?」って聞きかえされてしまってうまく説明出来なかった私は見事に落ちました(^_^;)展覧会とかはいってたんですけど、詳しく説明出来るほど知らなかったのにあんな場で言ってしまったのはまずかったですね。
もっと誰でも知ってる画家を言えばよかった。。。
しかしJRAの高給取り事務職になってたら今の私はなかったです。。受からなくてよかったと、今になってつくづく思います(笑)


トップへ戻る