CASE-7:あこさんの体験談
どこで体験しましたか? 新宿の甲州街道沿いの新宿スカイビル7F
いつ体験しましたか? 平成12年
 7月19日(水)電話
 7月20日(木)訪問
具体的な内容をお聞かせ下さい
7月19日自宅に帰ってみると、見たこと聞いたことのない会社から
「Do&Do NASA PROMENADEのモニター対象者として○○さん(旦那の名前)に
海外旅行のプレゼントが当たりました。
    『2000名にハワイ・米西海岸・オーストラリア旅行当選』
つきましては火急下記までご連絡下さい」
とのことでした。日ごろ結構旅行関係のハガキをせっせと出している私としては

「記憶にない会社だな。ちょっとうさんくさそうだし」

と思いながらも旅行がもらえるならという下心丸出しで電話をかけてしまいました。

電話をすると、

「当社はこの間雑誌にもキチンと広告を掲載しております株式会社ユナイ○ッドジャパンです。
 この当たった海外旅行の証明書をお渡しして、さらにいきなりこんな旅行をプレゼントとさぞ
 当社に対してご不審がおありだと思いますが、当社はモノを販売するとかセールスしたりとか
 する怪しい会社ではございません。
 この旅行の証明書やモニター会員についてご説明をさしあげたいのでこちら(新宿)まで
 来てください。」

とのこと。
ついては

「モニターは先着順になっており申込期限が早いほうがよいので明日(20日)はどうか」

と言う。そして一方的にさらに

「こちらも予約がいっぱい入っていて、
 都合のつく時間が朝の10時か昼の2時のどちらかにしてほしい」

とのたまいプラス、

「ハガキの宛名は旦那宛てなので私はついてきてもよいがあくまでご主人が来てくれないと困る」

とのことだったので、金曜は旦那は出社だったし、旦那の都合も聞かず2時でOKしてしまいました。

ここでです。言葉巧みに高価なもの(旅行)をプレゼントするので○○さん本人の身分証明書と、
受領印をいただかなくてはいけないのでハンコを持ってきて下さい、と言われました。

自分で「怪しくない」というほどやっぱりあやしいということを次の日身にしみてわかったのでした。
(旦那もさぞかしバカな嫁をもらった と思ったことでしょう・・・)

待ち合わせのビルに行ってみると、部屋事体は結構広いんですが、4人ずつくらいの単位で
パーテーションで区切られ、怪しげな有線がずっとかかっていました。まさしくちきんへっどさんの
表現通りの部屋でした。

はじめ説明は30分くらいとのことだったのに、サービスする内容が多すぎてといって、説明が
終わったのが5時くらい(すでに3時間経過)。
途中、

「この後なにかご予定ないですよね?」

と聞かれましたが、もう十分でしょう。
その間4人の担当者が出たり入ったり名刺があっという間に溜まっていきました。

DIC(ダイヤモンド・インターナショナル・クラブ)という会で、サービス内容としては、
パソコン関係(資格をとったり、ネットで情報を流したり会員同士チャットしたり)と
出会い系イベント(夫婦で来てるんだっつーの)の開催や、ゴルフ場も本来会員のみ利用できる
場所をさらに格安で利用できる、国内・海外旅行を安く提供できたり、飲食店のキャッシュバックも
あり、保険も取り扱っていて、と、この世のありとあらゆるサービスが提供できるとのことでした。
なんのことはない電話勧誘その2の兄弟会社でした。

姉さん:「本来なら入会金・保証金をもらうのですが、すでに広告を打ち40代以上のある程度
     エグゼクティブな方たちには入会金・保証金を戴いております。しかしそれらの方には、
     ゴルフ場の会員になるのもうん千万かかるところもあるので、安い価格でゴルフだけでなく
     様々なサービスが受けられると大変ご好評です。
     今回はもうその方たちのおかげで会社としてかなりもう安定しておりますので、
     今度は入会金・保証金をもらわず若い世代(20〜35歳)までの方にモニターとして
     当社の宣伝をしていただければとのことなのです。
     なぜモニターの方がお金を払わずこのような当社の会員になれるかというと、
     CMとかを打つと莫大な経費がかかりますよね。
     それらのお金をこちらにまわしているのです。」

という説明でした。このCM経費を回すから・・・という説明、昔関西地区であった布団の
モニター詐欺とかでも聞いた気がする・・・なんてぼんやり思いました。
(まさしく“大当たり”なんてこんときゃー思わなかったが!!)
この文章ですと、とても口調が丁寧のようですが、はじめタメ口をはかれたとき、
「こいつ・・・客に向かって」
と思いっきり私が怪訝な顔をしたせいで、他の20代前半の若い兄ちゃんはちょっと色っぽい
お姉ちゃんにタメ口を使われていたのが親近感の現れと思ったのでしょうか、思いっきり会話が
弾んでました。

とうとう5時過ぎ、当社の会員になってもらうのには、月1,491円の登録料と月3千円の会員費を
いただくとのこと。
まあそりゃそういうお金はかかることは理解できます。とりあえず1年くらいはお試しでやっても
いっかな、旅行ももらえるし。なんて思ってました。

姉さん:「これらの月々に支払う費用をまとめて払えばその後の人生一生タダで安くて質の良い
     サービスが受けられるんですよ。
     それをまとめると895,000円、高いと思われるでしょうが残りの人生50年使うとしたら
     一日当たり49円です、ローンを組めばたいしたお金ではありません。
     現に学生さんなどの会員の方もいっぱいいらっしゃいますよ。
     さらにパソコンもプレゼントしちゃうんです。すごいでしょう」

「パソコンはすでに持っているんですが」
との問いに対しあくまでプレゼントですのでその後は売られても何しても結構です、との答え。

旦那はさすがに冷静で

「いくら旅行代とかが安くても89万5千円を投資するほど使わないと思うし、現金も今ないし、
 ローンを組むのもいやだから」

と一度断りました。
それまで結構乗り気で話を聞いていたので新人の女の子1人だけだったのですが、たまたま近くを
歩いていたやり手のお姉ちゃんが状況を判断しすかさず参加。
断り続ける旦那に話をすること2時間。本来女性とこういうやり取りをするのが苦手な旦那は私に
応援を求めてきました。もう7時回ってましたし、おなかもすいています。

「お金の支払いは9月からだし、サービスは明日からでも受けられます。
 とりあえず当たった旅行にいって頂いて実感すればわかるんじゃないかしらぁ」

とお姉ちゃん。
私はまあ、うさんくささはあくまでもぬぐえないものの、高いけど海外旅行タダで行けるし
(百万円以上の内容との説明)、パソコンを売れば結構差額は安くなるのでは、
なんて思っており、旦那もおまえが月々払えると思うなら、んで入会したいのならもういいよ。
という感じで晴れて入会しちゃいました。(てへっ)
晴れて釈放は7時半も回ってました。

おかしいと思ったのは、自宅に帰ってからパソコン関係のサービスもしているなら
(HPの作り方とかいう内容もあった)HPを開いているだろうといろいろ検索してみるものの
該当する会社がない。
(ちなみにすぐ行けるはずのタダの海外旅行も実際は来年の5月以降じゃないと行けない、
と契約後説明があった)

おや!?

そして「DIC」のキーワードでヒットしたのがこのHPでした。

「あーやっちゃったよ」

ってな感じで翌日の21日に地元の消費生活センターに電話するとすぐ

「拘束時間はどのくらいでしたか?」

という質問。さすがわかってらっしゃる。
私はちきんへっどさんを抜いて5時間半でした。
契約書を見ると895,000円はパソコン代で、さらにこれは登録料だけ
(月1,491円といっていたヤツ)、月会費は別にちゃんと月々3千円とられます。
そしてここが一番不審なトコロ。

途中ここはどういう会社なんですか、の問いに親会社はここでうちは子会社。
子会社のウチは平成7年からだけど、親会社は昭和60年からある信用おける会社です、
という答えがありました。

契約書の販売店の名前がナゼか親会社になっており、その子会社はあくまで取次ぎ店という
位置関係でした。
そして月会費を組んだ会社はまた違う名前でグループ会社としてパンフレットには載っていなかった
のに、なぜか本社と同じ住所。
消費生活センターのおばさまのご指導の元、無事クーリング・オフの手続きをいたしました。

おばさまいわく

「ローン総額123万円の元をとる旅行費なんて考えたら、400万円くらい利用しないとムリなのよ。
 年間収入考えたらそんなのありっこないってわかってるでしょ。
 うまい話はそうそう転がってないの。
 もし入ったら月々のローンだけで旅行代なんてとうていでないわよ」

ごもっともですm(_ _)m。

それとクーリングオフの話も会場で簡単にありましたが、

「あくまでこちらの内容をご理解頂いたうえで納得済みの契約なのですし、クーリングオフは
 モチロンできますが、もし契約を解除する場合、信用問題ですのであなた様は社会的に
 信用おけないということで、こちらも法的に手段をとります。その結果ブラックリストに
 載ることになり、金融機関から今後融資が受けられなくなります。」

と言われましたと、おばさまに言うと

「ブラックリストは支払いを3ヶ月くらい滞納しない限りは載りません。
 クーリングオフさせないための戯言ね。
 まさかそんな戯言は信じたわけじゃないんでしょ!?」

すみません。ちょっと信じちゃいました。おばさまのありがたいアドバイスはまるで小学校の時
先生に注意されているようで、正座してきいちゃいました。

おばさまいわく

「まあ、実際お金は取られたわけではないし、いい社会勉強したわね。」

そのとおりです。ありがとうございました。

P.S.旅行の証明書ははたして本物だったのかしら!?
どのあたりが悪質だったのか? いっぱいありすぎるけど、長時間監禁し、クーリングオフしにくいように脅し文句をはいたところ。
さらに1,491円と3,000円をまとめて895,000円になったように錯覚させる説明をしたこと。
なぜか親会社が販売店になっているところ。
1つの契約のはずが3社からんで消費者にわからなくさせているところ。
ひとこと 私はちきんへっどさんのように慣れてはいなかったのでまんまとはまってしまいまし た。

親会社は株式会社サン○ィールド、子会社は
1.株式会社○ランヒルズ(渋谷、名古屋)
2.株式会社ユナイ○ッドジャパン(新宿)
3.日本○○○プト株式会社(渋谷、横浜)
4.○ヌ・○ス・アイ株式会社(北海道)
となってます。みんな元をたどれば同じです。気をつけましょう。ちなみにこの親会社は昔関西方面で布団の高額販売をやっていてクーリングオフ関係ではブラックリストに載っているそうです。
管理人からのコメント 無事クーリングオフ、おめでとうございます。
ちきんへっどさんの体を張ったレポートがお役にたったのですね。
今回、あこさんは、神奈川県にお住まいではありませんでしたが、
「説明員のお姉さんが東京・千葉・神奈川が担当といっていたので、同じ会社に神奈川の方が引っかかる可能性もあるのでは、と思い、メールを出すことに致しました。」
とのことで、ご投稿いただきましたので掲載させていただきました。
あこさん、ありがとうございます。


トップへ戻る