【メルマガ】一人っ子研究〜大学生の卒業研究の1実態〜

[バックナンバー]


※このサイトは、以前、別館として存在していたサイトの本館部分でしたが、 諸事情により本館のコンテンツを縮小したため、別館をこちらに移動し、吸収することにしました。 以前の本館にリンク等してくださっていたサイト様、本館のコン テンツを楽しんでくださった方々、誠に申し訳ございません。 また、私の不行き届きで、どこのサーチエンジン等に登録したか、パス、登録アドレス等が何だったかを 思い出せなく、ご迷惑を被っていらっしゃる管理者様もいらっしゃると思います。 誠に申し訳ございません。




 Link




一般に、あまり目にすることのない、卒論などの卒業研究。
特に、学士レベルの論文は、公衆の目に触れる機会があまりない場合が 大多数でしょう。

そこで!

このメールマガジンを通して、大学生ってどんな論文書いてるんだろう、 ってのを、あくまで1例ですが、心理学専攻の私のモノを紹介したいと思いました。


私が2002年度に取り組んだ、

「一人っ子の声〜過去・現在・未来〜」

という研究テーマです。

昭和50年代以前生まれの一人っ子は、地域差もありますが、 同年代のなかではマイノリティーである場合が多いでしょう。
私も一人っ子でしたが、周囲にはほとんどいなかったと思います。

きょうだいがいないという点では、他と異なる一人っ子が、
一人っ子に生まれて良かったと思っているか、
昔はどう思っていたか、
将来はどんな家庭を築きたいか、
などの点について明らかにしようと思い、この研究をしてみようと 思いました。

このメールマガジンでは、論文の内容を6回に分けて、紹介しました。
以下、バックナンバーですので、ぜひご覧になって下さい。

創刊号  第2号  第3号  第4号  第5号  最終号



まぐまぐ

Net Office Nakai
←ランクUPにご協力頂けたら幸いです。

←いわば、当サイトの産みの親です。ココありきの卒業研究でした。