PREV(P) NEXT(N)
アミタケ 10月11日 埼玉県
アミタケ 37.6KB

アミタケ
Suillus bovinus (L. : Fr.) O. Kuntze

イグチ科ヌメリイグチ属。傘の径7cm程度、赤茶色、栗色、湿ったとき滑りがある。 他のイグチに比べて、管口(傘の裏側の網目)がはがれにくく、粗い。 柄は長さ3〜5cm。松林に群生する。オウギタケがそばに生えていることがある。 共生しているそうです。

食 食用。 調理すると赤紫色になって、滑りが増す。 ちょっとキモチワルイ色ですが、美味しいです。 加熱したときの色もこのキノコの特徴です。安心して食べられます。 ただ管口が消化に悪いので、食べ過ぎると腹をこわすらしいです。 私は腹こわしたことありませんが。


和名:アミタケ(網茸)
学名:Suillus bovinus (L. : Fr.) O. Kuntze
方言:アミコ
英名:Shallow-pored boletus (薄く削られたイグチ?)
PREV(P) NEXT(N)

BACK(B)