烏丸能面美術倶楽部

能面のできる過程(小面)

 〜悩爐箸覆詭攸循悄ー齢300年位の木です
   彫るのにやわらかくそして軽い
   耐久性にも富み能面には最適の素材です
◆〔矛燭帽腓錣擦涜扮澤舛
   次に半楕円球になるよう不要な部分を荒削り
 額 目 鼻 口 顎の高さを決めます 
ぁ―臠屬亡蕕良従陲鮑遒蠑紊欧討います
ァヾ乕分ほぼ完成
Α〇と唇を作る
А〔椶噺を開け完成
─_偲匹
   胡粉をニカワで液で溶いて平筆で木地に塗る
   ペーパーで磨き出し表面の凹凸のむらが
    なくなるまで何度か同じ作業を繰り返す   
 面裏 
   この裏面に漆やカシューを塗り
   防虫保護します
彫刻刀

何種類もの彫刻刀を
部分に応じて使い分けます
■TOPに戻る