烏丸能面美術倶楽部


幽玄の美の能に親しみませんか

■TOPへ戻る


能面解説(女面)

■女面の毛描きの違い  NEW !

■小 面(こおもて)
 代表的な女面、小面の小はかわいらしいとかやさしく美しいという意味で、初々しさを感じさせる面。強き面の名工赤鶴(しゃくづる)と並び、能面打ちの双璧、石川龍右衛門重政が打ったとされる金剛家に伝わる「雪の小面」に代表される。

■若 女(わかおんな)
 小面よりやや年かさで、知性的な風貌を与える。観世太夫の要請で、桃山の名工河内が創作した面という。

■万 媚(まんび)
 小面と同類の面であるが、目元、口元に媚びを含んでいるところから、万媚の名を得たと言う。

■増 女(ぞうおんな)
 室町初期の名工田楽師増阿弥が創りだしたことからこの名がある。女面の中では品位が高く端正な面ざしで女神や菩薩といった超人間的な役に似合う。

■孫次郎(まごじろう)
金剛孫次郎が亡き妻の面影を偲んで打ったというので、孫次郎の名がついたか?新妻らしい艶麗さをたたえている。

■深 井(ふかい)
 中年の女性の顔を表現している。額と顎が突き出て、頬の肉付きがいくらか痩せ、物思いにふける人妻などにふさわしい女面。

■曲 見(しゃくみ)
顔全体がしゃくれた感じからこの名がついたのであろう。深井と並び中年の女性をあらわす代表的な能面。

■姥  (うば)
年老いた女面を大きくひとまとめに姥という。「高砂」のツレ「当麻」の老尼寺、老女物に用いる。皺の工作が様式化されて美しい。

その他の面
■男面
■鬼神面
■尉面
■TOPへ戻る