烏丸能面美術倶楽部


幽玄の美の能に親しみませんか



■TOPに戻る
■能とは

能は600年余りの歴史を持ち、舞踏・劇・音楽・詩などの諸要素が交じりあった現存世界最古の舞台芸術です。
主人公のほとんどが幽霊で、すでに完結した人生を物語る、それが中心になっている不思議な演劇です。幽霊と言うと怖い内容のように思われるかもしれませんが、そうではなく時代や国によっても変わることのない人間の本質や情念を描こうとしているのです。
また、ぎりぎりまで省略されたひとつの動きの中にはいくつもの内容がこめられ、一見無表情な能面には幾とおりもの表情が隠されているのです。
能は日本人が創り出し、長い間見続けていた舞台芸術です。



■能の歴史

能の起源は定かではありませんが、五穀豊穣を祈る民俗芸能や田楽、物まね芸能の猿楽、中国から伝わった散楽などが、互いに交流、影響しあって徐々に発展していきました。
南北朝時代になると、大和猿楽の観阿弥が足利義満に認められ。京都へ進出しました。観阿弥は物まね本位の猿楽能に音楽性・舞台性の要素を取り入れ、その子世阿弥は幽玄美を追求する夢幻能を確立させ、能をさらに高度な舞台芸術に育てた。
江戸時代になると、能は武家の式学として幕府に保護された。幕府崩壊後は明治維新や戦争などの数多くの混乱を乗り越え、今日にいたっている。