熱田神宮参拝
Atsuta Shrine


愛知県 名古屋市熱田神宮へ神剣を参拝しに行ってきました。
写真は本宮前にて扇を持つ真知宇。

熱田神宮では、神剣「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」を祭っています。
その昔、天照の大御神(アマテラスのオオミカミ)の弟神スサノオの尊は
乱暴を働いたため天上界(高天原)から追放されて
出雲国(現 島根県)に降り立ちます。
そこで古志(コシ・越?越前・越中・越後等の北陸勢力?)
から来襲したヤマタノオロチと戦い退治することになるのですが
オロチを斬っている最中にスサノオの剣が折れました。
大蛇(オロチ)の体内からスサノオの剣よりも素晴らしい剣が現れます。
スサノオはその剣を「天叢雲の剣」と名付けて、
高天原(天上界)へかざし天照大御神に捧げました。

のちにニニギのミコトが高天原から高千穂(宮崎県)へ天孫降臨する際に
剣を天照大御神から渡され、伊勢神宮にしばらく預けられていました。

日本武尊(ヤマトタケルのミコト)が東征する際に剣は渡され、
駿河国(静岡県)の海辺の草原で敵の火攻めに遭った際(焼津の語源)
剣で草をなぎたおし難を逃れたことから「草薙の剣」と名付けられました。
日本武尊は東征の帰りに、草薙剣をこの地に預けます。


それから千年以上あとの戦国時代の1560年桶狭間の戦いの時
ここ熱田神宮は織田信長軍2千の集合場所となった事でも有名です。
この場所から出撃して桶狭間へ今川義元を討ちに行ったのですね。



名鉄(名古屋鉄道)の神宮前駅です。
左に赤い電車が止まってます。


Suncos(サンコス)という名の名鉄産業の駅売店。


SoyJoyの自販機を発見、真知宇の近所ではあまり見かけませんね。
下の方にあるカロリーメイトの自販機なら昔からあるが。
左側の新聞自動販売機の「中日新聞」や「中日スポーツ」を見ると
ああ真知宇はいま名古屋に来ているんだなあというのが実感できます。


車体前部に「Centrair」(セントレア)と書かれた中部国際空港行きの名鉄特急。
なかなかかっこいいデザインです。




南側(豊橋 知立 蒲郡 碧南 西尾 岡崎 豊川 中部国際空港 常滑 内海 河和 富貴方面)
はるか向こうから、曲がりくねった下り坂の線路を下って
赤い名鉄電車がやってきました。




車体前部にポケモン(ポケットモンスター)が描かれた名鉄特急。


トラックが線路の上に乗ってます。三菱自動車製?
車輪もタイヤではなくレール仕様になってます。
おそらく線路の上を走る車なんでしょうが、何に使うんでしょう?
ナンバープレートもありません。
ドアに名鉄のロゴマークがあります。


名鉄「パノラマ スーパー」がやって来ました。


名古屋鉄道パノラマスーパーの後部。


名鉄神宮前駅の西側にある百貨店 パレマルシェ。
あとで前方の陸橋を渡って買い物に行くことになります。



名鉄神宮前駅、ホームから改札へ上がってきました。




神宮前駅構内の東側にはちょっとした飲み屋さんがありました。

























踏み切り発見。物干し竿が左右にある型の踏み切りではなく、
上から吊るされている型の踏切ですね。

踏切に「お急ぎの方は陸橋をご利用ください」との文字が。
陸橋とは左の緑色のあれかな?



手前の踏切が開いたと思ったら、向こうに更に別の踏切があって閉まってて
別の電車が通過していく。
JR東海道線と名鉄と、2つの踏切が連続している。
ここの踏切は大変だなあ。


北側には「神宮小路」が




駅西側の熱田神宮側へと戻ります。タクシー乗り場へと女子高生が飛び出していきます。


名鉄神宮前駅のターミナル、西北側。


陸橋を西へ渡って、右の熱田神宮へと向かいます。
陸橋の上から南を望む。


熱田神宮の東の入り口にたどり着きました。


熱田神宮の境内の地図をチェックして。


熱田神社の駐車場。







熱田神宮本宮前で、扇を持って「敦盛」を舞ってみる。
「人間五十年 下天のうちを比ぶれば 夢幻の如くなり ひとたび生を得て滅せぬものの あるべきか」

織田信長も清洲城(現 清須市)で敦盛を舞ったのち、ここ熱田神宮めざして馬に乗ってただ一人で駆け出します。
家臣たちも慌てて追いかけ、この境内に集合してきます。
織田信長が本宮に向かって戦勝祈願で柏手を打つと、本宮の奥から馬の轡(くつわ)の音がします。
信長は「これは縁起が良い!熱田の神も我らの勝利を約束されたぞ」
と全軍を鼓舞し桶狭間へと向かいました。






宝物殿。


宝物館、奥には立派な長剣が展示されているのが見えます。


旧日本軍の大砲があります。


そろそろ西の鳥居から帰りましょうか。
と その前に。


ちょっと茶屋へよっていきましょう。


















名古屋市地下鉄 名城線「神宮西」駅への入り口。
左は旗屋町交差点。


ひつまぶしの熱田「蓬莱軒」の広告






名古屋市営地下鉄に乗って帰ります。





真知宇ホームページトップへ(別ウィンドウ開き)

別館写真館へ戻る

メールで感想等をお寄せ下さい(machiu3@hotmail.com)