JR大垣駅
JR-Ogaki-Station


岐阜県 大垣市 JR大垣駅前に立つ真知宇。







JR大垣駅の改札です。
屋根の上から「TOICA専用」という青い垂れ幕がぶら下がってます。
Toica(トイカ)とは何かと思って検索してみると、JR東海のICサービスでした。
JR西日本ICOCA(イコカ)JR東日本Suica(スイカ)みたいなものかな?













駅構内の天井にあるステンドグラス。
背後から日光が差し込みとてもキレイです
(ちょっと写真撮影を失敗したかな?)




大垣共立銀行のキャッシュコーナー。
市の名前を冠した銀行(信金ではなく)があるとは大したものだ。


大垣駅の北側の連絡通路。


大垣駅の北東側。


大垣駅の北西側。
広大な駐車場と大型ショッピングセンターが見えます。


電車がやってきました。



駅構内にある、定食屋「つるり」大垣アピオ店。


みそカツ定食が売ってます、
味噌カツ、・・・米原を東へ超えると、もうここは名古屋文化圏なんだな。



うどんにもミソカツが付くのか・・・・。
キツネうどんの展示、きつね(油揚げ)の乗せ方が何となく気に入って
カメラのシャッターをきってしまいました。











エスカレーターを降りて、1階へ。




月曜日  アピオ月曜98円セール。
火曜日  鮮魚の日。
水曜日  お肉の日。
木曜日  お野菜の日。
金曜日  お菓子の日。
・・・・平日は常に何かしらイベントをしてるんですね。


APIOから駅ターミナルの外へ出てみましょう。


大垣駅前のターミナル。
船の船首の形をしたような噴水が中央にあります。







JRの西側に、養老鉄道の大垣駅がありました。





養老鉄道のホーム。残念ながらまだ右側に電車は来てませんでした。


JR東海道線と養老鉄道の乗り換え口。


再び、大垣駅南側のターミナルへと目を向けます。





オレンジ色の車体の近鉄バス。






駅前に展示された旧国鉄の車両。
最後尾の車両?車掌さんの乗る車両?








金蝶園饅頭の東店。
「みずまんじゅう」と書かれた水槽に流水が流れてます。





高屋町交差点付近。


駅の南側から、JR大垣駅ターミナルを望む。
立派な街だな。



大垣駅前商店街のアーケードには、日差しを避ける暖簾(のれん)がかかってました。


金蝶園本店前で、思わずカメラを向けてしまいました。
水の中に入った冷菓「水饅頭」。
左から冷水が注ぎ込まれてます。
その上には朝顔の花があって、とても趣(おもむき)があります。

大垣は、京都と同じく良質で豊富な地下水に恵まれた土地で
「水の都」であり、古くから菓子作りも盛んです。


寛政10年(1798年)創業、金蝶園総本家
写真を撮っていると左から美人の店員さんが出てきました。



右から、「京風わらび餅」840円、
おちょこ付き水まんじゅう2700円、
おちょこ付き水まんじゅう1900円、
水まんじゅう20ケ2100円。


さすがは寛政十年、江戸時代から続く老舗菓子店。
立派な建物です。





大垣駅前の真知宇ですが、ちょっと逆光の写真です。




大垣駅前の旭ビル。
ビルの上に「西濃運輸」の看板が。西濃運輸も岐阜の企業なんだな。



居酒屋「魚民」の大垣店。
赤レンガの建物が立派です。



大垣七夕まつりの案内



JR大垣駅の路線図です。



JR大垣駅の時刻表。


樽見鉄道の時刻表と旅客運賃表。



車内。


大垣駅〜岐阜駅。




JR東海道線としばらく平行して走ってくれていた樽見鉄道は、北へ離れていきます。
写真は樽見鉄道「東大垣駅」。


濃尾平野を疾走していると、揖斐川の橋梁が見えてきました。


揖斐川橋梁を渡ります。




車窓から。
右側に平行して止まっている貨物列車があります。
料理「市橋屋」と、清酒「菊川」の看板が見えてます。


今度は長良川を渡ります。
長良川橋梁の梁が飛ぶように車窓を過ぎていく中、ちょっと写真撮影をミスしました。



険峻な金華山(稲葉山)の上に岐阜城(稲葉山城)が見えます。
美濃の戦国大名、斎藤道三の城かな?
斎藤氏を攻めて城を落とした織田信長は、この地の地名だった井ノ口を岐阜と改名し、
また稲葉山城を廃して岐阜城としました。
「岐阜」とは天下の元となる場所という意味。
信長が「天下布武」の印を使うようになったのも岐阜城に入城したすぐ後のことです。

岐阜城へは金華山ロープウェイで登れます。



JR岐阜駅に到着しました。


JR岐阜駅のホームから北側を望む。
左のビルの上の青看板に「岐阜新聞」の文字が、
右のビルの上の白看板に「中日新聞」の文字が見えます。

これから岐阜駅を下車して駅前を歩いてみましょう。

真知宇ホームページ(本館)トップへ

真知宇の旅行写真館トップへ戻る

感想・激励・ご意見等を、メール(machiu3@hotmail.com)でお知らせ下さい