善光寺御開帳 「大回向柱受入式」 ( 2003. 3. 30 )

善光寺木遣り保存会の皆さんの先導で進む「回向柱」 (松代町)


 御開帳大回向柱受入式 ( 2003. 3. 30 )
 御開帳の開催に先立って行われる「御開帳大回向柱受入式」は、御開帳のシンボルともいえる「回向柱」(えこうばしら)を、寄進元の長野市松代町から受け入れる儀式のこと。江戸時代、火災により焼失した本堂を松代藩が普請を受け持ったことが縁で、以降、松代町(回向柱寄進建立会)から奉納されることが慣習となりました。長さ十メートル、四十五センチ角の柱となった「回向柱」は、御開帳二日前、住職らにより「ア」「バ」「ラ」「カ」「キャ」の梵字五文字が筆で書き加えられ、その後おこなわれる「回向柱建立式」「回向柱除幕式」を経て、御開帳当日を迎えます。
 「御開帳大回向柱受入式」の当日は、午前七時五十分に、松代藩文武学校前(松代町)から善光寺木遣り保存会の皆さんによる木遣り歌の先導で約二時間かけて町内を巡り、さらに午後一時からは、長野市末広町に場所を移し、松代藩の藩主を務めた真田家から、第十四代目にあたる真田幸俊さんも加わって、大名行列・姫行列・牛に引かれた「回向柱」・宝船の順で、約二キロある善光寺までの表参道を練り歩きました。


真田勝鬨太鼓の演奏と善光寺木遣り保存会による木遣り歌
(文武学校前)
回向柱行列(紺屋町)トラックに載せられた「回向柱」


牛に引かれて… (末広町)真田十万石行列 (南石堂町)



真田十万石子供太鼓
(南石堂町)
善光寺回向柱
(新田町)

回向柱を引く善男善女
(北石堂町)
宝船の「福」を授かって…
(北石堂町)
中央通りを進む真田十万石行列と回向柱
(新田町)


<<< TOPNEXT >>>



http://www.geocities.jp/silkclub/
Copyright(C)2004 HIROSHI SAKURAI All Rights Reserved.