善光寺御開帳 「 花フェスタ 2003 」

「花フェスタ 2003 開会式」


 「花フェスタ 2003 開会式」 ( 2003. 4. 26 )
 JR長野駅から善光寺までの表参道(中央通り)では、二十六日(土)から五月五日(月)まで、「善光寺花回廊 - 春色五彩巡り」と題したイベントが開催され色とりどりの花々が、善光寺を訪れる人々を迎えています。この催しは、地元商店街の皆さんが中心となって行われているもので、「紫の園」(南千歳公園)、「赤の祭」( again 前 )、「白の回廊」(もんぜんぷら座前)、「橙の陽だまり」(朝日八十二ビル前)、「黄の輝き」(権堂広場前)のほか、JR長野駅前広場やセントラルスクウェアなどに花壇が設けられ訪れる人たちの目を楽しませています。
 「花フェスタ」初日の二十六日には、セントラルスクウェアで「 花フェスタ 2003 」の開会式が行われ、オカリナの演奏や巨大クラッカー(写真)、コーラスなどが催されました。

この記事は、平成 15年 4月 26日に取材・撮影したものです。

セントラルスクウェアでは、
御開帳期間中の土・日に物産市場(門前萬市)を開催中!


INFIORATA in NAGANO


 INFIORATA in NAGANO ( 2003. 4. 29 )
大門交差点付近
 最高気温が二十七度を超える暑さとなった二十九日、長野市大本願南交差点から大門交差点の約百三十メートルの区間の道路一面にチューリップの花びらを敷き詰め「花の絨毯」を描き出す「 INFIORATA in NAGANO 」が二日間の日程で開催されました。
 この「花の絨毯」は、国際的なアートデレクター ヴァレリオ・フェスティ氏のデザインによるもので、予め用意された下絵を路面に敷き、イベント開催の前日にボランティアの方々が、花びら一枚一枚を配置していったもの。昨年に引き続き、今年で二回目の開催となりました。
 イベント初日のこの日は、午前八時半から開会式が行われ、田中康夫長野県知事や鷲沢幸一長野市長、デザインを担当したヴァレリオ・フェスティ氏やプロデューサーの今岡寛和氏らがテープカットに参加。沿道には、交通整理もままならないほど大勢の人々が訪れ、花びらが描き出す華麗な演出に見入っていました。

この記事は、平成 15年 4月 29日に取材・撮影したものです。 


昨年( 2002 )の花フェスタの様子

インフィオラータ in NAGANO の準備風景 (藤屋旅館前)

 INFIORATA in NAGANO ( 2002. 4. 18 )
製作中の花の絨毯
( 4月 18日撮影 )
 「善光寺花回廊 ながの花フェスタ 2002 」(ながの花フェスタ 2002 組織委員会主催)は、市内中央通りをメイン会場にして、二十日(土)から翌月六日(月)までの十七日間にわたって行われるイベント。期間中は、大門町の善光寺表参道、セントラルスクゥエア、長野駅コンコース広場を会場にして開催される「 インフィオラータ in NAGANO 」、長野駅から善光寺に至る中央通りや錦町通り、権堂アーケードなどにテーマごとの回廊花壇が設けられ、市内を春の花々で彩ることになっている。
 初日の二十日(土)と二十一日(日)には、ヨーロッパでは春の祝祭に行われるという「インフィオラータ」(イタリア語で「花を敷き詰める、花の絨毯」という意味)が登場し、花びらや葉などの自然素材を使い、道路一面をキャンパスに例えて、長野の春にふさわしい絵模様が路上などに描かれることになっている。
 写真は、イベント開催に先立ち、大勢のボランティアの方々が、専門家の指導のもと、絵模様の下絵に、葉や樹皮などを敷き詰める作業の様子を撮影したもの(十八日)。この段階では、まだ全体像がどのようなものか確認することはできないが、この後は、かなり華やかな色彩が加わることになるという。

この記事は、平成 14年 4月 18日に取材・撮影したものです。


インフィオラータ in NAGANO  (八十二銀行大門町支店前)

花塔花壇
聖火台風花壇
 INFIORATA in NAGANO ( 2002. 4. 20 )
 「善光寺花回廊 ながの花フェスタ 2002 」(ながの花フェスタ 2002 組織委員会主催)が、 五月六日までの十七日間の日程で始まった。初日の二十日は、「花フェスタ開会式」に続き、「オープニングセレモニー&花フェスタコンサート」が催された。
 写真は、午前七時頃に「大門南交差点」(八十二銀行大門町支店前)で撮影したもの。早朝にもかかわらず大勢の人々が訪れ、珍しい花の絵模様をカメラに収めていた。また、大門南交差点から長野駅に至る「中央通り」では、飯山市から運ばれた黄色い「菜の花」が沿道を飾り、途中の交差点などには「かがり火風花壇」や「花かご花壇」なども置かれ、新緑の町並みに彩りを添えていた。

 「インフィオラ−タ」は二十一までだが、「花フェスタ」期間には、「押し花教室」や「リース教室」、「花フェスタ作品展& 36万人花の絵展」、ゴールデンウィーク中の五月三日(金)には「長野市緑化まつり」(午前九時〜午後五時 セントラルスクゥエア )、五日(日)には「第八十回仏都まつり」( 稚児練り行列は、午前十時半に本願寺長野別院出発 )などが行われることになっている。

右上・「花塔花壇」(権堂 秋葉神社前) 
右下・「聖火台風花壇」(セントラルスクゥエア前) 
この記事は、平成 14年 4月 20日に取材・撮影したものです 


セントラルスクウェア前の花壇


 セントラルスクウェアで開催中の門前萬市 ( 2003. 5. 4 )
 四月二十六日(土)から五月五日(月)まで開催中の「善光寺花回廊 - 春色五彩巡り」のメイン会場「セントラルスクウェア」では、御開帳期間中の土・日曜日、県内各地の企業が出店した「萬市」(よろずいち)が開かれており、訪れる観光客の皆さんに長野県の特産物を紹介しています。
 また、会場内の特設ステージでは、地元有志の皆さんによる大道芸やダンスサークルの発表会、ライブ演奏などなど、じつにさまざまなイベントが催されています。善光寺参拝の帰りの休憩所に、ぜひお立ち寄りください。(右下のライブ演奏は、上伊那郡箕輪町から参加された「そーた」さん)

この記事は、平成 15年 5月 4日に取材・撮影したものです。 

華やかな花々がたくさん!特設ステージでのライブ


<<< TOPNEXT >>>



Copyright(C)2004 HIROSHI SAKURAI All Rights Reserved.