・ポストカプセル2001を訪ねて

ポストカプセル2001のポストを探しに旅に出ます(嘘)。 (取材1999年〜2000年)
ポストカプセル2001を訪ねて ポストカプセル2001。21世紀に自分の手紙が届くという、 ちょっと小さなタイムカプセルだ。科学万博を機会に行われた、こ の催しに、参加した事も多いだろう。自分ももちろん参加し、当時 一緒にいった友達と投函したのを覚えている。 そんなポストカプセル2001のポストを探しに出かけました。 逓信総合博物館 東京大手町にある逓信総合博物館。郵便・通信の博物館の総本山と も言えるこの博物館。科学万博当時も、でんでんINS館のサテラ イト会場があり、足繁く通ったものだった。ここにポストカプセル 2001のポストがあるのを、私は見た事があった。この博物館の 様々なポストの展示の中に、ポストカプセル2001のポスト、ポ ストン君ポストがあったのだ。しかし、最後に行ったのは10年程 前、その後は行ってない。 早速確認しに行くと、ショックなことに展示していない。たまたま その時だけなのか、ずっと無いのか、、。確認はできなかった。 筑波学園郵便局 ポストカプセル2001のポストがあるかもしれない。そんな情報 を聞いて筑波学園局へ。筑波学園局入り口前に、それはあった。 「ん!」異常に小さい。(??;) (!O!)は、これはやはりミニチュアだ!。自分の記憶、資料と 比較しても小さい。しかし、ポストン君が見れる唯一のスポットか も。 なるほど、ポストカプセル記念碑とある。しかも2001年へのカ ウントダウン日数計がこっそり記念碑の上部についてるこだわりだ。
結論から言えば、おそらく逓信総合博物館にあるのだろう。WEB 上から閲覧できる所蔵資料にも写真があるので、確実かもしれない。 ぜひ、2001年を前に一般公開して欲しいものである。 <<フォロー>> 調べたところによると、確かに逓信総合博物館の所蔵だが、同館で 保存している訳ではなく、別の場所にあるそう。今後公開する予定 は今の所ないそうだ。残念。 <<フォローその後>> その後、2001年1月1日に、東京中央郵便局で出発式に公開し た模様。さらには9月に筑波山神社の科学万博資料館に寄贈との事。

▲メインへ