・ロボット天国


コスモ星丸 ナムコ製作のスーパーロボット、コスモ星丸。科学万博マスコット のロボット化である。もしろん、頭の星まで忠実に再現し、会話? も行い、表情も表現できた。得意技は握手。カラーリングは、ブル ーとピンクの2色があったようだ。全国に科学万博をアピールする キャラバンなどに同行していたようだ。NHKの番組にもレギュラ ー出演し、人気を博した。その後どうしたのだろう、、?。 (※現在、青は、熊本在住である事を確認) (その後、つくばエキスポセンターに帰って来たとの事、2007.1追記) ・自分の中では標準カラーのブルー。TVに出てたのはこっちか? ・ピンクもプリチーだ! つくば太郎 科学万博会期中に、こども広場にて案内ロボットとしてこども達の アイドルとして活躍した、つくば太郎。カラーリングはライトブル ー。 同型機に、つくば花子がある。カラーリングはピンク。言うなれば、 ティターンズカラーとエウーゴカラーの違いのようなものだ。 科学万博会期後も、つくばエキスポセンターで、お内裏様とお雛様 のコスプレをする2人を見たが、その後は見かけていない。 ・太郎と花子バッチ。 テクノ筑丸(旧) つくばエキスポセンターで活躍する案内ロボット、テクノ筑丸。 名前は一般からの公募で決定されたという。科学万博で活躍した 「つくば太郎」の思想を受け継いた、言うなればコミュニケーシ ョンロボット。レッド?&ブルーカラーリングは、まさに連邦軍 カラーか?。ただし目が1つのモノアイである。通常の充電の他、 太陽光でも充電可能なソーラーパネルも搭載。 そのハイテクな姿から、TV特撮ヒーロー戦隊モノにも出演した 経験もある。また、埼玉県で行われた埼玉博にも出張するなど、 アクティブな活動を果たした。 ・テクノ筑丸氏近影('88 )。 現在は、サンルームで余生を送っている。 ・サンルームで過ごすテクノ筑丸氏。カラーリングはオレンジ& ブラックに塗り替えられている。 (その後、行方不明。合掌。十数年もの長きに渡りお疲れ様でした。) テクノ筑丸 現在、つくばエキスポセンターで活躍するテクノ筑丸。オレンジ と黒のシックなカラーリングになった。より人間らしい顔立ちと なりフレンドリーな印象を受ける。 ・現在の筑丸氏。かわいいキャラクターグッズも販売され。マス コットとして独り立ちしつつある。
▲メインへ