いま長良川の源流で

長良川河口部では河口堰問題があります。一方、源流部ではスキー場開発問題があります。
関心を持って見守っていきます。
情報提供のメールと 掲示板へのご意見の書き込みをお願いします。

私のホームページへ | ご意見書き込み

dontanine - 04/03/26 12:18:44
ホームページアドレス:http://www.dontanine.com/
タイトル: good

コメント:
最新情報満載であなたのインターネットライフを快適にします。ぜひ、ごらんください。 http://www.dontanine.com/

kiyo - 04/01/11 17:51:43

コメント:
高鷲スノーパ−クには20回ぐらい行きましたが 規模 施設 コースレイアウト共に奥美濃一の スキー場になりましたね

- 03/07/23 03:50:05
電子メールアドレス:
タイトル:

コメント:
スキー開発したらそのガキ殺す

からす - 03/07/14 15:24:29

コメント:
長良川を検索していたらこのサイトに辿りつきました。なぜ検索をしたかというと昔テレビで見た長良川源流の映像がとても印象に残っていて行ってみたいと思ったからです。もしその源流が見る影もなくなってしまうならそれほど悲しいことはありません。今では数少ない貴重な環境ですし、日本が存在するかぎり残さないといけない風景だと思います。

山好きのおじさん - 03/05/18 06:15:16
タイトル: 大日岳に登りました

コメント:
登りはダイナランドから、下りはひるがのへ。 帰宅後、インターネットでこのHPを知りました。 ダイナランドはまるはだか、しかもまだ左の方は工事で砂利だらけの箇所があります。 その反対で、ひるがの方面の下りのぶなの森は、心が癒される素晴らしいものでした。 長良川の清流の源はここにあったのかとそのとき思ったのです。大量の積雪と落葉樹の森の保水効果で、 ここは自然が作った大きいダムのように思えます。 ダイナランドの横に出来ていた別のスキー場のことはこのHPで知りました。 この方面には、昔何度も家族でスキーに行っていた ので、大きいことは言えないのですが、もうぶなの森を破壊することはやめて、できれば元のぶなの森を 再生することを始めなければいけないのではないでしょうか。子孫に自慢できる自然を残す為に。

宮下敬一郎 - 03/05/03 13:08:17
電子メールアドレス:misato-10years@docomo.ne.jp
タイトル: これから長良川へ・・・

コメント:
立て続けに投稿、失礼致します。連休も後半ですが代休などで9連休が取れたのでこれから郡上八幡へ向かいます。今年のアマゴはどんな状況でしょう・・・10数年、毎年通っていると川の変化がとてもよくわかります。水量の減少、魚の減少、釣り人のマナーの低下・・・国や企業による大規模な開発やそれに伴う自然破壊はもちろんですが、個人によるゴミや魚の乱獲などによる小さな破壊も見逃してはいけませんよね。幸い、郡上の地元の方々の自然に対する意識が高いので最悪の状況にはなっていませんが・・・ではこれから準備して行って来ます!!途中で白装束の集団と出会ったりして・・・(謎ですね、彼ら)

宮下敬一郎 - 03/04/23 20:08:24
電子メールアドレス:miyashita-kei@jcom.home.ne.jp
タイトル: 長良川大好きなんです!!

コメント:
長良川と言っても河口の桑名・長島から岐阜市内、関、美濃・・・郡上八幡などなど範囲が広いですね。僕は毎年何度も郡上八幡へ行っています。東京からですが30回以上通っています。長良川・吉田川・亀尾島川でアマゴを釣るためなのですが、当然東京近郊の川と比べると非常に綺麗。でも通い始めた頃と比べるとずいぶん汚れました。ちょっと雨が降ると濁りが出ます。魚の少なくなりました。でもそれでもやはり大好きな川です。町も、人も好きなんです。何とか元通り、もっともっと綺麗で水量の多い川に戻って欲しいものです。僕の大切な友人に耳の不自由な女性がいます。たとえ耳が聴こえなくても郡上八幡に行って川面の風を受けて、水の冷たさを感じれば、聴こえないはずのせせらぎが聴こえると思うんです。近いうちに連れて行こうと思っています。大切な長良川をこれ以上壊されないように、できるだけの事をしたい・・・です。

- 03/01/24 16:10:33

コメント:
高鷲村はスキー場開発だけではなく、別荘地開発においても明野地区等では防風林をへっちゃらで切り倒し、ログハウスを建てる等乱開発が横行しています。お調べください。

yononaka - 02/04/26 02:13:32
ホームページアドレス:http://yononaka.jp 
電子メールアドレス:yokushitai@yononaka.jp
タイトル: 55才です。今憂いて起ち上がりました。

コメント:
今の日本は政治・経済はじめ教育・企業・個人まですべてが重症だと断言するに誰もが思うでしょう。その上治療法がなく しかも名医もいないのも誰しもが認めるでしょう。 しかし 私にはよいアイデイアがあり 企画も持ち合わせております。 世の中を良くしたい。役立ちたい。という理念で一個人が月刊誌を発刊したいのです。 しかし条件等があり、今悩んでいます 決してお金や個人情報を集めるような類いの物ではありません。 興味ある方々に読んで頂きたいので無料で差し上げたいのです。 詳しくは月刊誌世の中を良くしたいのホームページを見て申し込み下さい。 アドレス http://yononaka.jp あらゆる問題を取り上げていきます。 皆様にもきっと役立ち、参考になる月刊誌だと自負しております。 そして、出来れば仏のアタック 米のパブリックシチズンのように大きなうねりとなるのが夢です。 追:近日 新たなHPが出来ます。もう2・3回チャンスいただいて見て下さい。

Mega - 02/04/20 03:11:23
タイトル: ┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ

コメント:
うーむ、我ながらよく書けた。 他にも載せて見よう(w

Mega - 02/04/20 03:07:59
タイトル: 3.情報社会の狭間で

コメント:
このホームページは、インターネットで開発反対を呼びかけようとしたものであろう。 しかし、ホームページを作っても見られなければ無駄な努力なのである。 インターネットを利用し、環境問題に興味があり、この問題に大して反対することに共感する人間がどれだけいるのか。 きっと、このサイトの効果はさほどではなかったに違いない。 かく言う私も、このような反対運動があったことすら知らなかった。 マスメディアには乗らなかったようである。 あれから3年が経とうとしている。 反対運動は効を奏さず、計画は実行されてスキー場も運営されている。 焼け石に水であった反対運動のサイト。 そんな今になってこのようなサイトが、情報溢れるインターネット世界の隅っこで寂しく漂っている。 虚しさを覚えずにはいられない。

Mega - 02/04/20 03:06:28
タイトル: 2.日本は本当に先進国か?

コメント:
 国立公園の指定を外し、貴重な自然を破壊してまでつくったスキー場が不人気とは、これほどの笑い話はないではないか。  世界遺産の白神山地でも、白山国立公園を外された大日岳でも、ブナの貴重さは同じである。  自然の尊さを知らないからこういうことができるのは、どこの国も同じであることがわかる。 白山国立公園の自然の価値を理解できずに地元が潤うことだけを考えて開発を行う高鷲村の人々。 それは、熱帯雨林の貴重さを知らずに焼畑農業を行い、熱帯雨林を減少させているアマゾンの原住民となんら代わりがないのである。 しかしそこには彼らの死活問題が横たわっている。 人間はみな生きてゆかねばならないのだ。 先進国と呼ばれる日本と、発展途上国とでやっていることが同じレベルであるということに、嘆かざるを得ない。

Mega - 02/04/20 03:05:01
タイトル: 1.はじけたバブル

コメント:
 このスキー場とは高鷲スノーパークのことに他ならない。トップページにある、ダイナランドだけが見える大日岳の遠望写真のような 風景も、今は昔である。  このスキー場、当初はダイナランドの拡大計画として打ち出されたものであ ろうが、バブル崩壊と共にそれは消え去った。ダイナランドが拡大していれば、 めいほうスキー場を抜いて西日本最大のスケールを誇るスキー場となったはず であった。  そして、跡を受け継いだのが、遠隔地にある鷲ヶ岳スキー場と同じ経営母 体というのも皮肉なものである。このように経営する2つのスキー場が近距離 で離れていては、相乗効果どころか、共食いになりかねない。まさに骨折り 損のくたびれもうけである。  さらに追い討ちをかけたのが高鷲スノーパークの不人気であろう。スキーヤー 及びスノーボーダーからはかなりのブーイングを浴びている。どのような計画をし てスキー場が建設されたのかは定かではないが、かなり経費を削減したことが 伺える。滑る人間のことをまったく考えていない、わかりにくいコースレイアウト、 完全に整地されていないバーン。計画者は多分スキーもスノーボードもした ことのない人間であろうことが伺える。  コース整備が十分になされないままオープンを迎えたのも、きっと採算を重視 してのことであろう。東海北陸道・高鷲インターの建設費の採算確保に焦りを 感じていたのだろうか?しかしそれが仇となり、ブーイングを浴びることとなってし まった。来場者数も当初の予想ほど伸びなかったのではないだろうか。  私もオープンしたての高鷲スノーパークへ足を運んだことがある。  ゲレンデのふもとで、自分が疲れ果ててウンザリした顔でスケーティングをしていたら、  ゲレンデの脇で、黄色いヘルメットを被った場違いな建設作業員が10人くらい、  コンコンと降る雪の中、立ち尽くしていたのが印象的だった。  広いだけが売りである。広ければいいという、短絡的な考えでは客は来ない。  まさに、はじけたバブルの象徴のようなスキー場である。

t−n - 01/11/11 22:39:41

コメント:
いいかげんなコメントが載っている。 ふざけんな。清流をなんと心得るのか。 先のコメントを管理者の善意で削除願いたい。

- 01/06/20 14:26:57

コメント:
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああうんち

- 01/06/20 14:26:45

コメント:
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

t−n - 01/05/27 23:53:59
タイトル: それで今!

コメント:
源流はどのような状況になっているのでしょうか。 砂防堰は造られたのでしょうか。 村の対応はどのようになされたのでしょうか。 現状が知りたいと思います。 HP管理者の熱意が伝わるのを久しぶりに感じました。 偶然知ったこのHPに感謝。

- 01/05/19 13:33:11
タイトル: 関心を持って見守ます

コメント:
偶然見つけました。 最終更新日は『01/05/1710:18:51』: 川を守りたい。 TOPに、最終更新日のカウンターを付けたらどうか。生きているのか死んでるのか解りません。不安です。よくこのようなサイト見かけます。 下流部では,観光の為と言って、鵜飼を中心とした「みなとの駅」構想もあるようですが。矛盾してるような気もします。総論賛成各論反対。鵜飼よりも,こちらも大切。? 今回の計画の適否は,全文を直視してないので判りませんが。 ●予定地の地図・・・できうれば,スケールを挿入してもらえると、有難いです。解り易いので。 徳山ダムは賛成ですが,ここでも、後で一生懸命環境を保全してます。県全体がアンバランスな開発で,指標が何処にあるのか解らない。このサイトを見て,ツクヅク思います。 このサイトが、消えうせないのをみてます。

アッサー - 01/05/17 10:18:51
ホームページアドレス:http://www.koraiso.com/
タイトル: 川を守りたい

コメント:
とても、自然を大切にしないと僕達人間はこの地球に 住むことが出来ないと思います。 食べ物も”コスト”を考えすぎて結局体に悪い添加物が 多いものばかりになって、その変わりに健康食品が売れ 初めて・・・地雷を作っている工場の隣で同じ会社が義足 を作っているようなものです。 一時期の遊びで、大きな生命達を殺戮するのは、ユダヤ 人大虐殺よりもひどい事だと思います。 あと、僕の信頼しているHPです。http://www.koraiso.com/

ひでとし - 00/10/05 02:47:07
電子メールアドレス:xbm04496@gw5.gateway.ne.jp
タイトル: 亀尾島川の清流を守りたい

コメント:
以前、亀尾島川のことを野田知祐さんの本でその綺麗さに 感動し、訪れたことがあります 川の水は本当に澄み切っていて、感動した思い出があります。 ただ、興ざめだったのは側道を走るダム関係のダンプの汚らしさです。何とかあの清流は守られないでしょうか?

緑山 朝南 - 00/08/28 12:13:58
電子メールアドレス:mashinoda@mail.goo.ne.jp
タイトル: 長良川は美しい

コメント:
はじめまして。「みやま あさな」という岐阜に住んでいるものです。 わたしは、今、中1なのですが、去年(小6のとき)長良川環境レンジャーという、長良川を守る会みたいなのに出会いました。 長良川は、全国で、もっとも美しい川だから、スキー場なんて、できてほしくありません。 スキーなんて、別の場所でもできるじゃないですか。 わたしは、スキーが嫌いですけど(苦笑)。 長良川の源流を社会見学で見てきました。 とても、美しかったです。 だから、スキー場なんて、つくってほしくありません。 以上です。

名無しさん - 00/03/09 02:22:58
タイトル: ご意見希望

コメント:
以下のところにご意見願います。 http://www.2ch.net/test/read.cgi?bbs=atom&key=951517860

ボン! - 99/09/16 09:03:13

コメント:
死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死死

スライム - 99/09/16 08:58:24

コメント:
もう岐阜は終わりだ。

ポップアート - 99/08/26 17:31:25
ホームページアドレス:http://www1.odn.ne.jp/~aaj48700
電子メールアドレス:aaj48700@pop21.odn.ne.jp
タイトル: 飲めない水を飲める水に!

コメント:
ダイオキシンをかなり除去できる浄水器を扱っております。 雨水、川・池・湖の水を飲める水に変える事も可能です。 みなさんにお役に立てればと思いメールを送らせて頂きました。 詳しくは、HP・メールにてお願い致します。

ゆきりん - 99/03/23 20:20:57
ホームページアドレス:http://www03.u-page.so-net.ne.jp/xc4/ny-robin/
電子メールアドレス:ny-robin@xc4.so-net.ne.jp
タイトル: これ以上の開発はいらない

コメント:
不景気になっても開発の波はとまりませんね。 今、これだけ環境問題が言われているのに、その一方で 進む開発。この前TVで開発を止めるためには、開発する 者より先に土地を買うしかないと言っていました。 悲しいことです。企業は目先の欲だけでなく、もっと地球 のことを考えて欲しいです。 私もHPからリンクさせてもらいますのでよろしく・・

宮下敬一郎 - 98/09/10 00:20:31
電子メールアドレス:miyashita@pop07.odn.or.jp
タイトル: 長良川大好き!!

コメント:
僕は東京に住んでいます。遠いですが年に2回は郡上八幡へ釣り、カヌーに行きます。年々長良川も、吉田川も水が減ったり汚れたりしていますね。亀尾島川にもダムができるし。それでもやっぱり長良川なんですよ。郡上の釣り師たちの川を見る目は本当に確かです。このままでは死んでしまいます。スキー場なんていりませんよ。あんなものゴルフ場とおんなじで究極の人工自然です。なんで目先のことしか、お金のことしか考えられないのでしょうか。まったく日本人は機械を持ったサル、(サル以下かも)ですね。行政に権力を与えすぎたのでしょう。海も川も山も重体ですがほんの少しでも力になれるなら、お手伝いさせてください。しつこくがんばりましょう。

山中鉱一 - 98/04/01 03:49:15
ホームページアドレス:http://www.fsinet.or.jp/~osomimi/
タイトル: ぷっつん・・

コメント:
ネット上での ぶな林めぐりが趣味です 河口堰に続いて この間は 藤前干潟にも 切れましたが またまた プッツンですね

長良川源流クラブ - 98/02/04 08:26:17
ホームページアドレス:http://www.pipi.net/nagaragawa
電子メールアドレス:u.nagaragawa@china-eye.com
タイトル: 掲示板のトラブルについてのお詫び

コメント:
掲示板のトラブルで、一部の書き込みが消えてしまいました。 最近の書き込みの一部について、復元できなかったものがあります。 お詫び致します。

垣谷 康仁 - 98/01/01 09:52:10
ホームページアドレス:http://www.lint.ne.jp/~kakiya/
電子メールアドレス:kakiya@lint.ne.jp
タイトル: 新年明けましておめでとう

コメント:
1998年が明けました。 長良川の自然を守る皆さん、がんばってください。 スキー場建設反対のリンクバーを作って、たくさんのホームページからリンクしてもらうようにしたらどうでしょうか? 大山町の遺跡保護運動も、そのような形から、やってみようと思っています。

スキー大好き!だけど - 97/12/25 17:07:06
タイトル: やれやれ

コメント:
もうこの手の話はうんざりです。 いまさらスキー場はいらないと思います。実際ここ数年、スキー場は入れ込みを減らしているみたいだし。 開発などナンセンスです。せっかく京都で地球温暖化防止会議が行われたのにまったく意味なかったんですね。 行政を行っている人々に対しとても失望しています。

広田 - 97/12/23 19:50:58
電子メールアドレス:hirota@mb.gallery.or.jp
タイトル: 抗議の手紙サンプル

コメント:
注:内容はサンプルであり事実に基づくものではありません

サンプルをたくさん作って、どんどん広めよう。
簡単にできるお願いの文章を作ろう。
ーーーーー宛名側ーーキリトリーーーーーー
〒100 東京都千代田区永田町2-1-2-238
大蔵省御中 大蔵大臣殿
〒100 千代田区霞が関2-1-3
建設省 
建設大臣 殿
〒100 東京都千代田区霞が関3-1-1
大蔵省御中 公共事業担当主計官
ーーーーーーーーキリトリーーーーーーーーー
親愛なる建設大臣へ

長良川源流の「カマス高原スキー場建設計画」への補助金支出中止を要請します。

不要な破壊のために私達の税金を無駄使いするのはやめてください
高鷲村にはすでに5つのスキー場が存在します。
6つ目のスキー場建設よりも、水源地保護の方が先決ではないでしょうか。

貴兄の英断を待ち望んでいます。

                   署名            
住所            
            199 年 月 日
ーーーーーーきりとりーーーーーーーーー
「人々を洪水や渇水から守るのは 森 です」

長良川源流を守ってください。
高鷲村と東和観光はその森を切り開き、スキー場を作ろうとしています。
しかし当の高鷲村には、既に5つのスキー場があるのです。
 自然を保護しながら開発を進めるとの村長の言葉ですが、今までにも5つのスキー場を作ってきました。その結果、長良川の保水力は減少し、水源は汚れ、多様な生物は失われつつあります。どんなに注意しようと、確実に長良川源流の森林から得ていた恩恵は失われていきます。
 スキー場建設は村民にとっても必ずしも有益とは思われません。スキー人口が減っている中、村が第三セクターとして経営する会社が赤字を抱え、村民の負担になる可能性があります。
 長良川源流は高鷲村だけのものでもありません。下流域のみならず、全国の長良川を愛する人たちの声を聞いて下さい。
 私たちは、日々学ぶことができます。そして、過去の過ちに気づいて改めることができます。一時的経済効果と、永続的な環境を天秤にかけることはできません。高鷲村に6つ目のスキー場は要りません。
 「あのスキー場建設はやめよう」一言そう高鷲村におっしゃって下さったら、水を川を愛する国民は、貴兄をどんなに尊敬するでしょう。
 せめて、もう一度、100年、200年、500年を見越した環境調査を行うよう高鷲村のご指導をお願いします。
 長良川源流にはその価値があります。

1998年 月  日

ーーーーーきりとりーーー
親愛なる梶原知事

「かます高原スキー場」建設許可の白紙撤回をお願いします。

・・・・・・・・

岐阜県知事の名において勇気ある決断をされることを期待いたします。

1998年 月  日

住所
署名
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
前略 大蔵大臣殿

199x年度政府予算案の大蔵原案で、岐阜県高鷲村に計画のあるスキー場の建設事業費に補助金が予算として、x億円を承認されました。
この件に関し、一納税者として、抗議いたします。抗議の理由は以下の通りです。

今回の予算編成は、その崇高なる村意を踏みにじるものと判断し、抗議いたします。
スキー場が建設される高鷲村のみならず、スキーヤーさえ、反対の声が大きいのです。
長良川上流から下流まで「スキー場反対」の声が上がる。
これは日本全国でも歴史的にも異例のことであり、注目し、厳正に受けとめるべきであると考えます。予算編成により、この新たなる時代の声が無視されることに抗議いたします。
優先順位が熟考されているとは思えない、ちぐはぐな予算編成に抗議します。

最後に、大蔵大臣、水源の破壊は、山と海をつなぐ水循環、物質循環、生態系をことごとく破壊し尽くした後、ブームが去った後に巨大産業廃棄物となり果てる事実を、私達国民を挙げての長年の「実験」で学びました。
この教訓を元に、これ以上の破壊は避けるべきです。
川を守ろうとする地元住民の意志をご理解くださり、また、自然の恵を享受する一納税者からのこの抗議を受けとめてくださることを確信いたします。
199x年xx月xx日

上記の主旨に賛同します。
氏名・・・・・
住所・・・・・
・・年・・月・・日


本多@みのお山自然の会 - 97/12/22 23:30:04
ホームページアドレス:http://www3.justnet.ne.jp/~takashi_honda/
電子メールアドレス:takashi_honda@ma3.justnet.ne.jp
タイトル: 頑張って下さい。

コメント:
スキー場予定地の自然を見続ける人たちがたくさんいることが大切と思います。地域の自然に根ざして頑張って下さい。活動の輪が、広がることを期待します。 たくさんの人たちがその地域の自然のすばらしさを理解して下さる努力を惜しまないで下さい。 色々情報発信して下さればできることは協力したいと考えています。

長良川源流クラブ - 97/12/18 08:18:55
電子メールアドレス:u.nagaragawa@china-eye.com
タイトル: ご意見をお願いします

コメント:
長良川源流のカマス谷ではスキー場を開発することになりました。その結果、残り少ない自然が危機に瀕することになります。皆様からのご意見をお願いします。

私のホームページへ | ご意見書き込み