長良川源流クラブ

源クラとは
長良川源流クラブ設立趣意書
長良川源流クラブ通信
反対の理由
回答に対する見解
入会案内
 お願いします
緊急カンパのお願い
メール作戦にご協力ください
掲示板にご意見をお寄せ下さい
メールでご意見をお寄せ下さい
リンクを張って下さい

リンクのお願い

このページにリンクを張って下さい。http://www.pipi.net/nagaragawaでも行けます。

リンクの貼り方 以下を挿入して下さい。
<a href="http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/2423/" target="_blank">いま長良川源流で<img src="http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/2423/banner.gif" border=0 alt="長良川源流クラブ"></a>

リンクの見え方 次のように表示されます。
いま長良川源流で長良川源流クラブ

戻る


長良川源流域に残された最後の自然を守ろう

−長良川源流クラブ設立趣意書−

 ダムのない魚の豊かな川、人々の生活の中に川とのふれあいが残されている清流長良川は、岐阜県郡上郡高鷲村に源を発しています。しかし、その源流域の大部分は、5つのスキー場・2つのゴルフ場・大規模別荘地、農地開発や道路建設などによって開発が進み、環境が悪化しています。
 そのような現状の中で、かろうじて比較的豊かな自然が残されてきた長良川最源流かます谷地区に、総合リゾート開発が計画され新たなスキー場が建設されようとしています。計画地は白山国立公園に隣接し、この周辺では残り少なくなったブナ林が広がり、長良川の清流と周辺の動植物を育んでいる命の源であることは間違いありません。
 私たちは、長良川の自然と寄り添い合って生きてきた生活を子供達に伝え、長良川を巡るかけがえのない自然を未来に残すため、「長良川源流クラブ」を発足します。そして、その命の源にとどめを刺すかます谷リゾート開発計画反対を訴え、関係機関に働きかけていきます。

1997年9月30日

長良川源流クラブ
代表 松井陽介


入会案内

連絡先:岐阜県郡上郡白鳥町白鳥528-3
(0575)82-6598

【入会案内】  長良川源流域の自然を守る必要性を感じ、上記のクラブ設立趣旨に共感するところがありましたら、ぜひとも長良川源流クラブに入会して下さいますようお願い申しあげます。
 入会者にはクラブの活動状況を随時報告し、必要に応じて署名等のお願いを送らせていただきますが、必ずしも活動に直接参加する義務はありません。

申込先岐阜県郡上郡白鳥町白鳥528-3 松井陽介
  tel. (0575)82-6598
  e-mail donpapas@na.rim.or.jp(倉内 正)
会費年間 1,000円
送金先郵便振替口座 00840-4-8229(通常預金)
  名義 長良川源流クラブ

戻る


反対の理由

  1. 長良川源流に残る最後の紅葉樹林帯(ブナ原生林を含む広葉樹二次林帯)
  2. 水源涵養林として重要
  3. かます谷の水は、下流域(高鷲村・白鳥町)の農業用水・生活用水のみならず、飲料水としても利用されている
  4. 簡単な植生調査をしただけでアセスメントと名のつくものは一切されていない
  5. イヌワシ・クマタカをはじめとする希少な鳥類をはじめ、動植物が生息する可能性が極めて高い
  6. 不透明な経営予測・・・バブルの頃の経営予測をそのまま踏襲
  7. 不透明な事業形態・・・公表されない高鷲村の出資金と企業との関係
  8. 情報公開のないままの事業

戻る


回答に対する長良川源流クラブの見解

 高鷲村長からの回答書は私たちの疑問に十分応えているとは思われません。大まかに問題を整理すると。
  1. 最近の自然保護の流れ(アセスメント条例や環境基本計画)を全くくみ取っていない姿勢がのぞいている。
  2. 予算や経営面についてほとんどはっきりしない。(第三セクターの経営であることが情報を隠しやすくしている)
  3. 「自然環境と調和が図られるよう、最大限の努力をしていく」と言っているが、その具体的な方向性が全くわからない。
     いずれの点においても予想通り(?)誠意をこめたものではないようです。じっくりと検討した上で、特に第三の問題点を明らかにするように追求していきたいと思います。皆さんの声もどんどんお寄せ下さい。

戻る


長良川源流叺谷スキー場建設に反対するハガキ & e-mail作戦にご協力ください

 高鷲村では叺谷スキー場のためのアクセス道路の建設が始まってしまいました。今、私たちが行動しなければ開発を止めることがますます困難になります。開発の旗手たる高鷲村長とスキー場経営を担当する東和観光にみなさんの思いを直接ぶつけるハガキあるいはe-mailを今すぐに送って下さい。

<文例>

  1. 私は長良川源流かます谷の開発に反対します。
  2. これ以上スキー場はいりません。
  3. 大日ヶ岳登山の魅力がなくなってしまいます。
  4. 開発予定地・ゲレンデ予定地の伐採を中止しなければ、高鷲ではスキーをしません。(東和観光へ)新しいスキー場はもちろん鷲ヶ岳スキー場をも利用しません。
  5. かます谷スキー場についてニュースでみましたが、高鷲村がやろうとしていることが時代錯誤だと早く気付いて下さい。
  6. 本当の緑豊かな村を作るなら私も協力していきたいです。計画を見直して、自然を大切にする人達の声を聞いて下さい。
  7. 高鷲村を良く訪れる一観光客として申し上げます。(・・・他文につづく)
  8. 高鷲村民の開拓者魂には敬服しますが、今の高鷲村の山林は丸裸状態です。これ以上の開拓=開発は必要ありません。
  9. ニュースで知ったがこれ以上自然を破壊するのは馬鹿だ。もう高鷲のスキー場へは行かない。
  10. 高鷲村の役場の方々はご存知無いかもしれませんが、かます谷のブナ林帯にはイヌワシがいるときいています。今すぐ開発を中止して下さい。
<はがき作戦宛先>

 高鷲村長 硲 孝司
 〒501-53
 岐阜県郡上郡高鷲村大鷲
 高鷲村役場内

 tel.(代)0575-72-5111
 e-mail takasuvi@rd.mmtr.or.jp
   (高鷲村役場)
 東和観光(株)
 (鷲が岳スキー場経営)
 〒501-53
 岐阜県郡上郡高鷲村平沢

 tel.(代)0575-72-5100
 e-mail takasu@rd.mmtr.or.jp
    (高鷲村観光協会)

=== 求む! はがき・切手 ===
 長良川源流クラブでは、"ハガキ作戦"を展開し成功させるために、みなさんからのカンパをお願いしたいと思います。
ハガキ・切手・封筒・テレホンカード・現金・・・
 長良川源流クラブの活動を支えて下さい。

送り先 : 岐阜県郡上郡白鳥町白鳥528-3
     長良川源流クラブ 代表 松井陽介
     tel. (0575)82-6598

戻る


緊急カンパのお願い

抗議のパンフレットを作ろうとしています。
印刷費が10万円ほど不足しています。
カンパを是非お願いします。

加入者名長良川源流クラブ
郵便振替口座00840-4-8229(通常預金)
住所氏名岐阜県郡上郡白鳥町白鳥528-3 松井陽介
連絡先tel. (0575)82-6598
郵便局で郵便振替の用紙に口座番号、加入者名を記入し、
カンパ金を渡すだけで、活動は一息つけます。
よろしくお願いします。

戻る