極悪HTML研究所ホームページ目次極悪WebPage『サンプル』

初級編中級編|上級編

極悪HTML講座『上級編』

WWWは日進月歩の世界である。
ブラウザのバージョンはいつのまにか
上がっているし
新しいプラグインがまた今日も
発表されている。
乗り遅れるな!

級編というからには、少しは難しい事を書いておきましょう。新しめの技術(そうか?)の使い方についてご説明いたします。
98/12/03 2年ぶりの追加。NO <NOSCRIPT>

GIF89a

 絵が動く。なかなか楽しいが、やはり1枚じゃ寂しい。同じ絵を復数枚張りつけてアニメーションしまくる(同じタイミングで!!)くらいの事はしてほしい。


Java

 Javaを使うなら有名なAnimatorアプレットがいいだろう。「こんなのGIF89aでも出来る!」と言いたい人もいるだろうが、意義が違うのだ。プログラムで動かしてるってなんかかっこいいじゃん。
 例え他人が作ったアプレットでもね。


クリッカブルマップ

 使う画像はとにかく大きい方が良い。そして、そのWebPageにはクリッカブルマップ以外には何も使ってはならない。もちろんテキストベースブラウザを使っている連中への対抗手段である。ケケケケ。


JavaScript

 JavaScriptがエラーを起しちゃうというWebPageも存在する。しかも運が悪ければNetscapeNavigatorが飛んでしまうのだ。これは極悪度かなり高いぞ!
 でもこれって正しくないよなぁ。JavaScriptってNetscapeNavigatorのStatusBarにメッセージを出す為のものでしょ?それ以外の使い方は余りお薦めできんな。

NO <NOSCRIPT>[New]

 JavaScriptに対応していないブラウザ(UserAgent)や、対応しててもJavaScriptの機能をオフにしているユーザの為に用いられるHTMLタグである。んが、もちろん自分が使っているブラウザがJavaScriptに対応していて、機能オンしているのであれば使う必要はない。
 これにより、対応していないブラウザの画面には何も表示されないといった現象を起こすことが出来る。極悪WebPageは「読み難い。情報が得られ難い」などというふうに評価されることが多いが、この場合は「無情報」というそのWebPageの存在意義さえも問われる効果を発生させる。
 <NOSCRIPT>を用意せずに
<A HREF="JavaScript:history.back()">戻る</A>
などと記述して、リンクを辿ろうとしてもJavaScriptに対応していないと何も起きないというのもエレガントな手法である。


FORM

 HTMLのFORMにおいて、多くの事項から1つだけを選択したい場合は<SELECT>を使うようだ。こんな感じね。→セレクトFORM
 しかしこれでは一覧が見にくいではないか!
 ケチケチすんな!ラジオボタンを使え!→ラジオボタンFORM
 例え選択肢が20あろうが30あろうがとにかくラジオボタンだ!

情報提供: Tomoさん(HFG01547@niftyserve.or.jp)



技についてもご説明いたします。
*諸事情により自粛*



初級編中級編|上級編

極悪HTML研究所ホームページ目次極悪WebPage『サンプル』

Boogie!Yana-pon Landへ
yanazawa@mbox.kyoto-inet.or.jp
Thu, 3 Dec, 1996