極悪HTML研究所ホームページ目次

極悪Net Surfer養成講座『鮪の穴』

極悪HTML研究所の研究に
多大なる貢献を無償で行ってくれる
全国各地の極悪Net Surfer達。
彼らの姿勢に学ぼう。

鮪の穴とは?

悪HTML研究所の極悪WebPageサンプルは、今や全国各地からのタレコミによって成り立っているといえます。そこで、さらなる飛躍を考える我が極悪研は、タレコミ数増加を目論み、常に極悪HTMLに目を光らせる極悪Net Surferを養成する事を考えました。それが『鮪の穴』です。
 このWebPageでは、極悪研内部で培われた技術、そしてタレコミを送ってくれた全国のNet Surfer達独自の着目点などを紹介し、もって極悪Net Surfer達の入門書たらんとするものであります。
 これが成功すれば、筆者はさらに楽が出来るのです。皆さん、気合を入れて読みましょう。

心構え

 まずは、NetSurfinを始める時の心構えです。やはりきちんとした目的意識を持つ事が大事ですね。しかしこの場合、「極悪なWebPageはねぇか?!」というのは間違いです。「なんか面白いページないかなぁ」程度が一番とされています。何故なら、そういう気分の時に辿り着いたWebPageが目茶苦茶つまんねー時、よく見るとHTMLが極悪だった、というのが多々あるのです。
 WebPageの文章を読む必要なんて全くありません。気楽にいきましょう。

姿勢と服装

 目線は心持ち下の方へ。顎を引くのを忘れずに。理由はまだよくわかっていません。
 あまりフォーマルな服装ではなく、リラックスできるもの、パジャマにドテラなんかがスタンダードとされています。これは、極悪研創始者のやなざわ氏が真夜中にNet Surfin中、「なんじゃ、このページは!?」と某かまぼこ屋のURLをBookmarkに登録した時に着ていた服装がそうだったったから、とされています。(参考文献[1])

やるべき事

 すでに極悪Net Surferの仲間入りをした方々は、普通のNet Surferとは少し違った事をしています。WWWブラウザの機能の中でも、普通の人が使わないような機能を使っているのです。例えばNetscapeNavigator(以下、モジラ)の場合、[View]メニュー[Document Source]です。極悪Net Surferの特徴は、どんなWebPageを見に行こうが、まず最初にHTMLソースの確認をしてしまうという事です。
 これは普通のNet Surferから見れば「ビョーキ」です。しかし、これ無くして極悪HTMLの発展はありえないのです。

どこを見るか

悪系WebPageの「リーチ目」と言える現象を紹介しましょう。

極悪Net Surferの心得

悪Net Surferの特徴として「すぐHTMLソースを見てしまう」というのを紹介しましたが、他にもあるようです。それは、「自分のWebPageは極悪にならないようにする」という事です。いやぁ極悪ですね。

参考文献


極悪HTML研究所ホームページ目次

Boogie!Yana-pon Landへ
yanazawa@mbox.kyoto-inet.or.jp
Tue, 5 Nov, 1996